2011年07月03日

水没ケータイ奇跡の?復活

 携帯電話(防水機能のないガラケー)が一時水没状態になっていたことに気づいたのは、半日以上たってからだった。気がつくと外側が濡れているだけじゃなく、中をあけても水滴がついていて液晶保護シートがめくれている。内部も電池、SIMカード、マイクロSDすべてが濡れていて、もちろん電源は落ちていた。カメラのレンズだって内側に小さな水滴がたくさん付いている。(><)

 こんな状態ではもう使えないだろうと9割方諦めた。とはいえ悪あがきせずにいられない。とにかく乾かすことにする。足温器の上に載せて乾かす一方で水没携帯の対処方法を検索すると、1週間ほど乾かしたほうがいいと出ているサイトもある。気の長い話だ。1週間待った末にやっぱりダメだった…なんてことになるのも悲しい。復旧作業を調べるのに並行して、オークションサイトで白ロムの相場も調べる。

 さらに調べたら携帯電話の乾燥機「ドライヤー・ボックス」なるものがあることが分かった。我が家から行きやすいところではヨドバシカメラ新宿西口本店に置いてあり、これをつかえば30分で乾燥できるという。しかも、乾燥しても携帯が使えなかった場合の利用料はタダ、治った場合でも1000円で済む。

 早速、ダメ元で新宿に出掛けた。目指す乾燥機はヨドバシ新宿西口本店の携帯電話館2階にある。利用をお願いすると、作業同意書への署名を求められた。「一部の機種では本体に変形等が起きる場合があります」「一部の機種ではキーボタンが押しづらくなる場合があります」「一部の機種では画面が映らなくなることがあります」などといろいろ書いてある。

 「画面が映らなくなることがある」っていうのは、復旧しないってことと同じでは?などと思ったが、このまま使えなくなるくらいなら試してみようと思って署名。30分ほどブラブラして店に戻った。

 ホカホカと温かい携帯電話に電池をセットして電源を入れると、なんと電源が入った。店員さんに促されてSIMカードを入れると、それもちゃんと認識している。ここまでで電池が切れてしまったのでメールや通話の機能は試さないまま満足して1000円払って帰ってきた。

 帰宅してから充電して試してみると、通話もメールもワンセグも使える。これで元通りに直ったと喜んでいいのだろうか? ドライヤー・ボックスのおかげで助かった。ヨドバシ新宿西口本店以外にはマルチメディアAkiba、マルチメディア横浜、マルチメディア川崎ルフロン、マルチメディア吉祥寺、マルチメディア梅田、 ウィルコムプラザ青森店(他社携帯も利用可能)にあるそうなので、同じような目に遭ったらぜひ行ってみてください。ただし、iPhoneはサービス対象外。
     
posted by らくだ at 21:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

懐かしの暑さ対策グッズ

 夫が東北でお土産を買ってきてくれた。ローコストで導入できる暑さ対策グッズで、自然エネルギーで動くからこの夏にピッタリだ。100円ショップにも置いてあるような気がする。あるいは家のどこかにしまいこんでいる人もかなりいるのでは?





それは…















IMG_5052.jpg


 風鈴です。これは岩手土産の南部風鈴。そんなにもったいぶることもなかったか。

 風鈴を自宅に吊るすのなんて何十年ぶりだろう。久しぶりに聞く風鈴の音色は確かに涼やかで新鮮。暑さが和らぐように感じられるから不思議だ。エアコンをなるべく使わないですまそうと思っている私には嬉しくて懐かしいお土産だった。昔の人たちってエアコンがなくても賢く生きていたんだなぁと感心した。

 とはいえ、風まかせなので、なかなかいい按配の音加減にならない。風が強いとチリチリチリチリ断続的に音がして結構うるさい。気弱な私は『ご近所から苦情が出ないだろうか…』って心配になるほどだ。逆に今現在みたいにほとんど風が吹かないとチリリンのチの字もない。

 鳴らないと寂しいのでUSBファンの風を風鈴に当てたくなる。そうすると自分に風がこなくなって暑い。いったい何やっているんだか…。もう今年も半分がすぎてしまう。
      
posted by らくだ at 20:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

ことし初の真夏日

 きのうもきょうも暑かった。まだ夏至だっていうのに東京はことし初めての真夏日だ。それでも去年よりも1カ月遅いっていう。

 ここ2日で急に暑くなったせいか、それともトシのせいか暑さが堪える。そろそろ繁忙期に入ってきたというのに、きょうは仕事の効率がガクンと落ちた。ほとんど生産的な活動をしていないような気がする。真夏になったら…と考えると気が重くなる。

 この夏はエアコンを使わずに頑張るつもりだったけれど、早くも決意が揺らいでいる。「せっかくエコンクリーニングしたのに使わないのもな〜」と言い訳が出始めた。

 とりあえず電力使用量のブログパーツを右側に復活させた。きょうくらいの暑さだったら、まだ余裕がある。と思ったら、このブログパーツを利用していた春先に比べて供給能力がかなり増えているからだった。怖いのは梅雨明け以降。

 東電がきのう(21日)、福島第一・第二原発関連のツイッターアカウント(TEPCO_Nuclear)を開設したけれど、開設の挨拶だけしかツイートがない。これも暑さのせいだろうか。せっかく東電本体とは別のアカウントを作ったのだからガンガンつぶやいてほしい。といっても現場で作業している人たちはツイッターどころじゃないだろうけれど。
     
posted by らくだ at 23:16 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

エアコンクリーニング

IMG_5028.jpg エアコンクリーニングに来てもらった。予約したのは3週間くらい前だったかな。恥ずかしながら引っ越してきてから10年あまり、定期的にフィルターの掃除をするだけで業者にクリーニングを頼んだのはこれが初めてだ。

 「道が混んでいるので予定した時間に行けません」と電話があった時はどうなるかと思った。今日は予定が詰まっている。でも、「2台で3時間かかります」と予約の際に言われていたのに、テキパキと作業をしてくれて2時間程度で作業が終わり、どうにか予定をやりくりできた。

 作業してくれた男性によると、この夏の課題は節電ということで社内では「今年はエアコンクリーニングの客は少ないだろう」と予想していたという。実際は予約の電話が急増しているそうだ。そうだよな。我が家も節電という話で効率を考えて「それじゃエアコンクリーニングを頼んでみようか」という話になったんだし、きっと同じようなことを考えている人がほかにもいるんだろう。

IMG_5029.jpg エアコンを覆ったビニールからは象の鼻みたいに管状の部分が伸びていて、バケツで排水を受ける。大部分の排水は室外機から出てしまい、バケツにたまった水はそれほど多くない。洗浄剤の泡が残っているうちは『汚いな〜、でも、ま、こんなもんだよね』と余裕だった。

 作業が終わった帰り際、こちらから頼んでもいないのにバケツの中を見せてくれた。「うぅ」とうめいて後ずさりしたくなるほどひるんだ。

恥を覚悟で晒しておく。
バッド(下向き矢印)
バッド(下向き矢印)
バッド(下向き矢印)
バッド(下向き矢印)
バッド(下向き矢印)
IMG_5032.jpg 泡が消えたバケツの中は見事なまでに真っ黒けのけ。まるで墨汁だ。この汚れとともに暮らしてきたのか。絶句した。あまりの落ち込みに、作業員の男性が気を使って「タバコを吸っていなかった分まだマシでしたよ」と慰めてくれた。料金は2台で1万9600円也。
posted by らくだ at 21:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

ふと気がつくと…

IMG_4924.jpg デスク脇に置いてあるFAXのコードがヤバいことになっていた。本体から外してスキャナみたいにハンドコピーとして利用できるもので、本体とハンドコピーをつなぐコードの皮膜が上下の接続部分で剥がれているだけでなく、コードに触っただけで皮膜に亀裂が入る状態。要するに末期症状。

 隣にプリンタを置いているので影になっていて気がつかなかった。購入したのは1998年の2月か3月だから、13年間も使ったことになる。そろそろ寿命でもしょうがないか。

 最近はほとんどメールで用が足りるとはいえ、月に1回程度は仕事でFAXを送信する必要がある(受信は数カ月に1回程度)。そのためにわざわざ万単位のお金を出して後継機を買うのもな〜と思い、ネット経由で送受信できるFAXサービスを調べてみた。インターネットFAX サービス&価格比較Wikiをみると、数多くのサービスがあるのだが、初期費用や月額費用を考えると、長期的には新しいFAXを買ったほうが安く上がりそうだ。

 慣れないオークションで代替機を狙ってみるか、それともブラザーが出しているFAXと電話付きの安いプリンタ複合機にするか…。現在はデスク脇にFAXとプリンタを並べて使っているので、複合機にすれば1台で済んでスペースも広く使えそうだ。でも、現在使っている5年モノのプリンタには何も問題がないし予備インクも購入したばかり。さてどうしよう。いずれにしても予定していなかった出費が増えることだけは確実だ。
    
posted by らくだ at 09:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

SDカードの書き込みエラー

 夫のパソコンで突然SDカードへの書き込みができなくなった。「このディスクは書き込み禁止になっています」というエラーメッセージが出てくるという。何かトラブルがあると私に報告が来て、私がググって解決策を見つけることに(なんとなく)なっている。

 ググっても、適当な解決策が見つからない。一番多いのは「SDカードのロック解除」だったからだ。ロックが解除されていることは確認済み。ある質問サイトでは質問者が「パソコンを買い換えることにしました」と納得して解決した例もあった。買い替えはちょっと勘弁して欲しい。

 書き込めないカードはパナソニックの金ラベル(これは「金パナ」とは言わないのだろうか?)で、同じカードを私のパソコンで試してみたら書き込むことができた。問題があるのはカードではなくて夫のパソコンらしい。しかし、他のメーカーのSDカードで試したら、夫のパソコンでも問題なく書き込める。書き込めないのはパナソニックのSDカードだけで「金ラベル」「青ラベル」ともにダメ。これらも数日前までは問題なくできていた。

 パナソニックのカスタマーサポートに電話したら、パソコンのカードスロットに問題がありそうだと言われたそうだ。でも、他のメーカーのSDカードなら認識するのだから、パソコンを修理しなくてもパナのじゃないSDカードを1枚買ってくればいいや、っていう話になっていた。

 一件落着したところで、ググった際に見つけた解決策を試してみることになった。SDカードにあるライトプロテクトの爪をロック側に1ミリ程度動かすという方法だ。「逆襲のニート」というブログでこの解決方法を見つけたときは『ずいぶん単純な解決方法だな〜。これで解決すればカスタマーサポートなんていらないよ…』と半信半疑だったのだが、なんと夫がこれを試したらすんなりと書き込めるようになった。

 パナソニックのサポートの人は、こんな解決方法があるって知っているのだろうか?
     
posted by らくだ at 20:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

ソーラー充電器を購入

IMG_4915.jpg

 災害対策としてソーラー充電器を購入した(写真の左側にあるボールペンは大きさを示すためで備品ではありません)。付属アダプターがたくさんあり、各社の携帯・スマホ・ゲーム機に対応している。充電はパソコンのUSBケーブルからも可能。すべてソーラーパワーに頼ると充電には14−16時間必要で、USB利用だと6−8時間必要だそう。

 大震災のあとに我が家の備品を見なおして買おうということになったのだが、楽天でずっと売り切れになっていたので変えなかった。梅雨入りしたタイミングでようやく在庫があるのを見つけて買った。3980円。

 60グラムなので旅行に持ち歩くにも苦にならない軽さ。ソーラー充電でも緊急のメールを送るのに必要な充電はできるかな。当初は『海外旅行で電気が来ていないような僻地に行ったときに充電できて便利に違いない』だと思ったのだが、そんな場所では3G、GSM、Wi−Fiを問わず電波なんて飛んでいないだろうってことに今になって気づいた。あくまで防災グッズとして置いておくことになりそうだ。

posted by らくだ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

今年もやってきた…

IMG_4907.jpg

 泣いても笑っても踊っても暴れても毎年必ずやってくる誕生日。またひとつ年を重ねた。今年も夫が夕食を作ってくれた。このブログに写真を載せるかどうか事前に確認され、写真なしだとショボくすると言われたので、豪華版でお願いした。

 エビ好きの私のためにエビ尽くし定食で、左手前からピーマンのエビ詰め、エビのスープ?、タイ風エビの天ぷら、奥左がエビのせサラダ、近所のケーキ屋で買ってきたいちごタルト付き。食べ過ぎて苦しくなった。昼はお客さまがいらして、ラスクをプレゼントしてくれた。

IMG_4908.jpg

 いくつになっても誕生日を祝ってもらえるのは嬉しいことだ。
      
posted by らくだ at 21:09 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

情けは人のためならず(謝謝台湾計画その後)

 嫌がらせのメールでも役に立つことがある。1年に数回は意味不明ないし悪意100%のメールが届くのだが、先日の「謝謝台湾計画」を紹介したあと「義援金を出さずに台湾にお金を送る非国民」とかいうメールが何回か届いた。

 そのすべてが違うメアドから送信されていたけれど多分同一人物の仕業だろう。先週の旅行中にもメールは来ていて「義援金も出さずに海外旅行に行くご身分」とか書いてあるのと同時に、台湾の新聞社が日本から支払った広告掲載費を寄付に充てると発表したので「結局すべて無意味」と書いてあった。

 私にしてみれば5月3日に感謝の広告が出たことですべて満足のうちに終わったことだったのだが、調べたら確かに自由時報が広告掲載費を日本財団法人交流協会台湾事務所に送る(送った?)様子だ(5月13日付自由時報の一番最後の段落参照)。私のブログを見て賛同・参加してくださった方もいる様子なので報告しておく。つまり、嫌がらせメールに感謝しなくてはならない。

 謝謝台湾計画に参加したことは、もちろん微塵も後悔なんてしていないし、むしろ誇りに思っている(この記事末尾にリンクした今日付の産経新聞を見てその思いを強くした)。日赤に義援金は出した。義援金を少しでも増やそうとブックオフに古本を大量に売り払ったし、今年の誕生日プレゼントは夫とお互いに自粛することにした。

 それから1カ月しかたっていない4月下旬の段階で義援金を追加するつもりはなかった。結果としては、謝謝台湾計画があったから、そして賛同者が多かったからこそ、その段階で新たな義援金を出せたことになる。同じような人はたくさんいたんじゃないかな。1700万円も集まった義援金は、この計画がなかったらゼロだった可能性がある。

 新聞社が広告費を被災者支援のためにと交流協会に贈ってくれるからって、お金が往復しただけで無意味だったとも思わない。私はおめでたくできている人間なので、善意のお金がグルグルまわるのっていいな〜と感じただけだ。

 今回の大震災でシミジミと噛みしめたのは「情けは人のためならず」。日本は私が思っている以上に世界の人達から愛されていた。「これまで日本に援助してもらったから」という話をたくさん聞いたり読んだりした。日本特有のことわざかと思っていたけれど、世界で通用する考えなのだと思うと、世界の人々がより身近に感じられるようになった。

posted by らくだ at 22:43 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

風邪とともに帰宅

 昨日の昼前に成田に着き、午後早い時間に帰宅した。飛行機の中で鼻がグズグズするのは気圧のせいかホコリのせいだろうと思っていたのだが、風邪を引いていた。帰宅した途端にどんどん具合が悪くなっていった。クシャミが何回も連続して出るし、のどもイガイガに…。そのうちデスクに向かっているのもつらくなり、早めに就寝した分だけ早起きしてヒーヒー言いながら仕事を片付けるハメになった。

 私は海外にいるときは絶好調で、帰国した途端に具合が悪くなることが多い。海外で暴飲暴食しても全然大丈夫で、日本に帰ってきていつもの食事をしたらお腹をこわしたなんてこともある。そういう意味では今回のもよくあるパターンのひとつ。寄る年波のせいか、実感しないうちに夜行便が負担になっているのかな。どうにか小康状態まで持ち直した。

 旅行中はブログを更新する時間がたっぷりあったのに接続環境がなく、帰ってくると接続の問題はないのに雑務に追われて更新する時間がない…。
    
posted by らくだ at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

マツコへの過渡期?

 昔の同級生Aから電話があった。話すのは数十年ぶりかも。共通の友人の近況について話が一巡したところで、話は意外な方向に進んだ。

「らくださんテレビに出てるよね? 見てますよ〜」

「えっ、あ、あれはたまたま映っちゃったというか何というか、出演というほど大げさな話じゃないし、1年の契約が3月で終了してもう二度と映ることはないから大丈夫だよ。安心して!」

「やっぱり、らくださんだったんだ! 最初に見つけたのはB(別の同級生)なんだけど、同姓同名の別人かもしれないって言ってたんだ。俺はらくださんに違いないって一目で分かったよ。随分ふくよかになったけれど、昔の面影があるし、昔から鋭いことを言ってたよね」

「ちょ、ちょ、ちょっと… ふくよかで鋭い??? テレビに映ったのってプライムでもゴールデンでもなくて見ている人がいないはずの時間帯なんだけど、まさかマツコ・デラックスと見間違えたってことはないよね?」

「ギャハハ、そういうところが変わってないな〜。ふくよかって言ったってさ、まだそこまで行ってないから安心してよ。子供の時のらくださんてアメンボか蚊トンボみたいにガリガリだったじゃない」

 要するにアメンボか蚊トンボがマツコに向かいつつあると言いたいらしい。確かに子供のころに比べれば体重は随分増えたし、今じゃ健康診断のときに「痩せすぎ」と書かれることもない。それでも標準体重だと自覚していたし、「随分ふくよか」なんて言われたのは、多分生まれて初めてのことだ。

 ショックは大きく、何も言い返せずに適当に会話を切り上げて電話を切った。毒舌はどっちだよ!! 昔はクラス内で「Aの言うことじゃアテにならないな〜」みたいにバカにされていたのにさ…。

何がショックって、これがバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


これですよ?バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)(マツコさん、ゴメン)

デラックスなマスク!マツコデラックスになりきりマスク / オガワスタジオ

 こんな変身モノがあったらコワすぎる。寝ている子も泣き出すに違いない。待てよ、ホラー映画にはなるかもしれないなぁ。男性がハエになる秀作映画「ザ・フライ」もその昔にヒットしたし。ハリウッドで映画化する際は、ぜひ過渡期役に抜擢してください。監督には「ザ・フライ」のデビッド・クローネンバーグを逆指名!といきたいところだけれど、まだ現役で活躍しているのだろうか。
    
posted by らくだ at 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

都知事選

 記憶する限り、ここまで盛り上がらない都知事選は初めてだ。候補者の顔を一回も見なかっただけじゃなく、選挙カーすら見なかった。

 きっと投票する人もごくわずかなんだろうな〜と思いながら投票所に行ったら、予想よりは人が多かった。午前8時の段階で投票率1.68%と掲示されていた。この数字も予想よりも高かった。

 投票用紙を受け取っても、なお誰に入れるかまだ悩む。都知事になって欲しくない人は何人かいるけれど、なって欲しい人は誰もいない。次の都知事選の時には「この人しかいない!」っていう候補者がいることを祈りつつ、消去法的にある候補者の名前を書いてきた。
   
posted by らくだ at 11:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

雨が降る前に

IMG_3350.jpg

 近所の石神井川沿いを散歩して花見をしてきた。昨日からずっと風も強い。雨が降りだしたら桜はずいぶん散ってしまうに違いないと思い、慌てて出かけてきた。

 例年なら携帯を片手に桜を撮りつつ歩いている人が多いのに、今日は週末だというのに人影もまばらだった。どんよりと曇っているせいなのか、そんな気になれないのか…。

IMG_3352.jpg

 今年は開花がずいぶん遅かった。都心で開花とか満開とか言ってても、我が家周辺はいつも数日遅れなので、木によってバラつきがあるとはいえ今がちょうど満開といったところかな。

IMG_3354.jpg

 橋から下を見下ろすと、桜の花びらが流れていく。下の写真の方が川面の様子が分かりやすいはず。

IMG_3355.jpg

 「ゆく河の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず。淀みに浮かかぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例なし」。鴨長明の方丈記の一節を思い出した。
            
posted by らくだ at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

原発のニュースに慣れてきた

 慣れとは恐ろしいもので、朝方テレビをつけて原発のニュースをやっていても「あぁ、またやってるな」くらいの反応になってきた。私が鈍感なだけだろうか。

 ニュースを見ても何がどうなっているのか私の頭では分からない。どこまでが天災でどこからが人災なのか…。最終的な落とし所に向かって前進しているのか後退しているのか…。どうも「後退しないように必死に食い止めている」状態に見えるのだが、現実を認めたくないだけかもしれない。

 海外の友人からは「日本人が大挙して国外脱出しないのが信じられない」なんてメールが届く。「このところ“自己責任”なんて言葉を使うようになってきたといっても、日本人は結局のところお上の言うことを信じるんだね」と言われれば、素直にあぁ、そうかもしれないと思う。

 最近、ネットで話題になっている「原発がどんなものか知ってほしい」を読む。20年間原発に関わった平井憲夫さん(97年に死去)が96年に書いた文章とされている。首をかしげたくなる部分もあるけれど、今になってみれば「今回の事態を予言していた」と言われるのも納得。公平を期すために上記文章への反論が紹介されている「嘘? ホント?問題文章『原発がどんなものか知ってほしい』について」にもリンクしておく。

 私自身は学生時代は原発には強固に反対する立場だった。いつのまにか転向して?原発は必要悪と認めているといえるのかな。正直なところ日本でこんな原発事故が起きるとは思ってもいなかった。日本人は緻密で几帳面だし日本の技術は世界最先端を行っていて…なんていう自負があり、大規模な原発事故が起きるのはアバウトな人たちが管理しているからでしょ、なんて思い込んでいた。

 原発が使えなくなったから休止していた火力発電所を再開させて電力不足に対応するという話だけど、温暖化の話はどこかへ消えてしまったみたい。「温暖化」という言葉そのものを聞かなくなった。環境問題の活動をしている人は反原発で忙しいみたいだ。原発にせよ火力発電にせよ「自分たちが電力を使って今この時を快適にすごすのが最優先で、そのためには後世にツケが回るのもしょうがない」ってことには変わりがないように感じる。自分も罪深い人間の一人だと自覚している。
posted by らくだ at 23:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

誰かの「役に立つ」って難しい

 ソフトバンクの孫正義社長のツイッターで余っている携帯充電器をソフトバンクショップに持って行くと被災者に回してくれると書いてあった(誰かのRTだったかな?)。ポイントでもらったのが1つ余っていたので持参したら、零細ショップまで社の方針が行き渡っていないのか、そのようなサービスはやっておりませんみたいな対応だった。

 日本赤十字社のサイトには4月4日付で「義援金の配分について」というページがアップされていて、「義援金配分委員会の早期設置を要望しています」とのこと。要するに委員会が設置されておらず、義援金が被災者の手に渡るのはまだまだ時間がかかりそうだ。それを考えて他のところに義援金を出すべきだったんだろうか。

 いつもなら、赤十字に義援金を出せばそれがまるまる被災者に渡って中間コストに充てられないということで安心感があった。今回は従来とは比べ物にならない被害の大きさのため、なかなか義援金が分配できないというのは皮肉な話だ。末端の募金者である私がジタバタしてもしょうがないと分かってはいるけれど、それにしてもじれったい。

 amazonで購入した復興支援のための壁紙も確か代金は赤十字に回るということだったので、直接出した義援金と同じことだろう。自分にできることをわずかながらやっているつもりなのに、これまでのところまるで役に立っていないようで何だか心苦しい。

 好意的に考えると、買い占めに動いた人たちだって「頑張れニッポン」とか「頑張ろうニッポン」とか言われても何をどう頑張っていいのか分からず、つい「買い占めを頑張ってしまった」のかもしれない。ふと、そんな風に思った。我が家の周辺では水以外の買い占めは一段落した様子。それとも物流と生産が復活してきたのか、パン、牛乳、納豆の順に手に入るようになり、きのうは震災後初めてヨーグルトを買うことができた。
       
posted by らくだ at 18:27 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。