2005年11月23日

「ミイラ鳥」

 日本語を勉強している友人からメールが来た。原文は英語なのだが「ミイラトリってどんな鳥?」と書いてある。思わず笑ってしまったのだが、本人には深刻な問題だった。

 通っている語学学校のリスニング試験で「ミイラトリ」という表現が出てきたのだが、それまでは考古学とか鳥とかミイラには一切関係ない話をしていたのだという。いきなり「ミイラトリ」の話になって意味が分からなくなり、パニックになってそこからは何が何だか分からなくなってテストが終わってしまったそうだ。

 いや〜、それは「ミイラトリ」じゃなくて「ミイラ取りがミイラになる」ということわざだよと意味を説明したら、さらに返事が来た。「一体どのミイラの話なんだ? 日本の発掘隊がエジプトに行って遭難したとかそういう事実に基づいているのか?」と書いてある。

 どんな故事に基づいているかなんて知らないし考えたこともない。一瞬、彼のために調べてあげようかとも思ったが、時間がかかりそうだからやめておいた。

 理屈っぽい人はいるんだよな。「日本人は体育館のことを『たいくかん』と読むのに、『たいいくかん』と入力しないと漢字変換できない。なぜ『たいいくかん』と正しく発音しないのか」とか、「四時はなぜ『よんじ』じゃなくて『よじ』なのか」、「『紅葉』には『もみじ』と『こうよう』の二通りの読み方があるが、日本人はどうやって読み分けているのか」−などなど。

 あたしゃ日本語教師じゃないからそんなの知らないってば。日本人はそんなこと考えずに話したり書いたりしているんだし。どの言葉だって同じだ。語学の勉強って、何でも理詰めで考える理屈っぽい人にはあまり向かないような気がする。なるべくその言葉を読んで、聞いて、話して、書いて、とにかく自然と体で覚えるのが一番だ。
posted by らくだ at 23:29 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
友人のブログからの引用ですが、逆のケースで日本人が外国語をどう聞いているのかの参考になれば(以下引用)

まぁ、前置きが長くなったけど、それだけ大きくなった MySpace なので、世界中の人達やバンド達からメッセージが届くのは、しょっちゅうなんですわ。(今日もイスラエルのミュージシャンからメッセージが来た! イスラエルは初めて)

それで、最近とってもウケた、というか新鮮だったのは、あるイギリスのバンドメンバーから届いたメッセージ。

今、英語での文章で、特に若い子達は省略文字を使う事が多いんだ。 例えば、"you are great" なら "u r gr8" って感じ。 あり得ないけど、極端な例だと "Are you gonna be late too for the party?" なら、"r u gonna b L8 2 4 da parT?" って、ほとんど暗号みたいになっちゃう。(笑)

まぁ「各単語の発音をベースにした」記号といってもいいよね?

そんなわけで、先日届いたメッセージは、なーんと、その「発音ベース」がイギリス英語だったのだ〜! たった1つの単語だけなんだけど "What" という単語が "Wot" と省略されてた。

そう、イギリス人は "What" を「ゥワッ」じゃなくて「ウォッ」って言うんだよ。 だから、その1つの記号(?)が文章中に入ってただけで、もう「あ〜、まさしく英国英語の発音だぁ〜!」って感じで、メッセージを読んでるだけで、イギリス人と会話している雰囲気プンプンだったワケです。

それだけ。 海外生活者のネタですまんよ。 でもひとつ学んだでせう?

http://blog.livedoor.jp/naosuper1/ より引用

自分は『たいいくかん』と発音しますが、息子達は『たいくかん』です。どっちがおかしいのかな〜?

「ミイラ鳥」になりそうな乾物屋より
Posted by 乾物屋 at 2005年11月24日 07:40
 雰囲気を最近まで「ふいんき」「ふういんき」と発音しておりました。
 「ふんいき」と読むことを知らなかった私。
 読書好きなのに恥ずかしいはなしです
 
 
 
 
Posted by ちゅん at 2005年11月24日 07:56
>らくだ様
言語(に限らず)習得へのアプローチは十人十色だと思います。(尤も直接やりとりをなさっているらくだ様はご苦労も多いかと拝察しますが)根本から遡らないと憶えることができぬタイプの人間もおります。そういった方々が「学問」を極めるケースが多いように見受けられますが、いかが?
私事ですが現在、勤務先にイタリア人留学生がおりまして、彼女の日本語習得の手伝いをすることがあります。動詞変化の発音規則を教える際は、古典発音に遡って説明したほうが、理論がすっきり通って楽になりました。また、漢字の音読みと訓読みによる意味の違い説明では、近隣部署にいる中国人の手を借りることもしょっちゅうです。

あと、更に長くなりますが補足を。日本語は「省エネ」を目指す発音形態なので「多重母音を略す」「拗音の移動や消滅(シュジュツ【手術】をシジュツと)発音」「語中音は【っ】【ん】へ音便化」「関東式では語頭カ行音が無音化」などの特徴が発生しています。古典文などと比較すれば、その「省エネ」振りは一目瞭然です(苦笑)

>乾物屋様
どんな言語でも、何らかの形で「省エネ」は進むようですね。こういう書き方はよくウィルスメールのタイトル等で見受けるので、てっきり一部クラッカーの用語なのかと思っていました(失礼)。
Posted by 鈴童 at 2005年11月24日 10:38
京都では「河原町通り」を普通に「どうり」と読んでいたのですが、「どおり」と入力しないと変換してくれないのをここ10年ぐらいで知りました。

関西弁の発音をそのまま入力していたとは露とも知りませんでした
Posted by ひろや at 2005年11月24日 11:25
みなさまご存知かと思いますが、ミイラは昔、薬として多く輸入されていたそうですから、ミイラ取りが〜という言い方になるのかなと思います。
……これが語源かは調べていないのでよくはわかりませんが。

語源は調べると面白いですが、きりがないですよね。でも、そこまで調べた方がきちんとしゃべることができると思います。そのメールの方は、真摯なのかもしれませんね。
Posted by せつら at 2005年11月24日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。