2008年05月03日

ブログのない日

 私の利用している「さくらインターネット」のレンタルサーバで障害が起きた。そっちで開設したブログが何の予告もないままに5月2日の朝方から「緊急メンテナンス」に入っていたと思ったら、お知らせは「障害発生」に変わった。一向に復旧する気配がない。

 普通なら障害が発生してから緊急メンテナンスを実施しそうなもんで、順番が逆なんて珍しいなぁと他人事のように思っていた。きょう(3日)の昼頃に復旧するとの予告は、3日朝の段階で「4日早朝の復旧を目指します」に書き換えられていた。つまり約48時間にわたってブログの更新も閲覧もできないってわけ。たとえ無料のサービスでも、そこまで酷い状態になったことはこれまでない。

 とはいえ、不思議なことに全然イライラしない。1年前だったら、更新できないことに憤慨し、せっかくアクセスしてくれる人にメンテナンス画面を見せることに申し訳なさを感じてイライラを募らせていたと思う。今現在の心境は『自分で解決できるわけじゃなし、ジタバタしたってしょうがない』ってところだ。

 ところが、訪問者にしてみれば、不可抗力でおきているトラブルかどうかなんてことは関係なく、私の努力でどうにかできる問題だと思っている人が多い。ブログ自体が閲覧できないからメールアドレスも見られないはずなのに「いつ見られますか?」とか「なぜ閉めちゃったんですか?」というメールが昨日の夜からポツポツ届くようになった。

 正直にいう(書く)と、今回のトラブルで過去ログが全部飛んじゃえば、あっちのブログをスパッとやめる決心ができそうだって頭の片隅で考えていた。あっちのブログで自分が書いたものへの執着は特にないから消えてもいいやって思った。

 何通かの問い合わせメールを読んで初めて、過去ログが飛んだら多くの人に協力してもらってブログを育てた軌跡も消失してしまうことの重大さに気づいた。このまま消えてしまったら、お礼も挨拶もできないや。私って恐ろしく罰当たりな人間なんだな。
posted by らくだ at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。