2008年04月29日

ipod shuffleと母の日

 義母用のipod shuffleを買った。思えば数年前、私が今でも使っている初代ipod shuffle(チューインガム型のやつ)を見て、義母の目がクギ付けになった。「それ何?」「あらいいわね。欲しいわ〜」

 その時はパソコンから音楽を取り込むということを説明したら、写真加工以外のパソコン作業が苦手な義母はあっさり諦めた(と思っていた)。

 それが、家電量販店に「MP3をください」と買いに行っていたことが、つい先日分かった。「MP3」という言葉を覚えていたのだから、本当に欲しかったのだろう。やはりパソコンから音楽を取り込むものだと説明されて何も買わずに帰ってきたという。

 そこまで欲しいのなら、ということで義母からCDを9枚借りてきた。第2世代のipod shuffleを買ったら2Gで7800円しかしない。随分安くなったもんだ。私のはこのシーサーブログの懸賞でもらったものだが、512MBでも発売当時は1万円近くしたように記憶している。

 高齢者の視点で使うとipod Shuffleは使いにくい。ボリュームや曲送りなどの表示が小さいだけじゃなく、表示が薄くて見にくいのだ。もうちょっとクッキリ表示してもらえるとありがたい。

 とにかく9枚のCDを取り込み、ACプラグから充電できる機器も買った。使用説明書は字が小さすぎる。フォントを大きくして最大限易しい表現でA4の紙1.5枚程度にリライトし、全部まとめて送った。

 義母は「こんな小さなものの中に本当にCD9枚分の音楽が入っているの!?」と驚愕。そりゃそうだよな。音楽プレーヤーの変遷をず〜っと見てきた私だってスゴイ時代だと思うもん。義母はすっかり気に入った様子。「100万回ありがとう!」と言ってくれた。ちょっと早い母の日でした。
posted by らくだ at 21:53 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Ipod miniあたりをあげても良かった気がします。

僕の母も、僕によくMP3とかそういう話を振って、僕はその度に説明するのですが、
どうも頭の中の意識に隔たりがあるようだと感じます。

フロッピーディスクの時代には、まだ「この中に文章が入ってるのね」という理解があったように思われますが、
512MBなどという次元に至ると、既にその理解は崩壊しています。
カセットテープやビデオテープで記録するべき情報が、デジタル化されたデータとして取り扱われるという概念が理解しにくいようです。

そういえば、僕も、この前HDDを増設するため新しいのを買ったのですが、
その容量が「1TB」です。
しかも、十万もするものじゃなくて、2万円もしませんでした。十分、現実的な値段です。
Posted by ttt at 2008年05月06日 02:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。