2005年11月07日

「子の心親知らず」

 父が治療を受ける病院を替えたため、入院が遅れている。きょうは新しい病院で入院についての説明があった。前の病院とはもう全く違うってことを改めて実感した。

 部屋の説明の際、いきなり「6人部屋でいいですか?」と聞いてきた。こっちは「はい、そりゃあもう、もちろん!」と言おうとして父を振り返ったのだが、父は病室の一覧表を見て「2万1000円の個室がいい!」と言う。えっ、なんだって? 一瞬耳を疑った。

 だって前の病院は「空き部屋がないから2万1000円の個室になりますが、いいですね」って感じでかなり強引に進められちゃって、何も言えなかった。『いくら部屋がいっぱいだからって、2万円余りもするのはちょっと高すぎるんじゃないの?』ってところから不満がブスブスとくすぶり出したんじゃなかったっけ…。

 それで私は差額ベッド代のことなどをいろいろ調べて「やっぱこんな病院に入院するのはまずそうだ」と、知人のツテを頼って違う病院を紹介してもらったっていうのに。検査入院でいい個室に入っちゃって味をしめたかな。

 今度は4〜5週間の入院になるんだから、もうちょっと質素にしようよ。頼むからさ。「親の心子知らず」とは言うけど、これじゃ「子の心親知らず」になっちゃうじゃん。

 病院側は「本人の希望第一ですから」と言い、第1希望は1人部屋、第2希望は2人部屋とメモを取り出した。聞いてみると、この病院では差額ベッド代のいらない6人部屋が一番早く空きそうだという。一番高価な個室ばかりが目だって多かった前の病院とどこまでも正反対だ。保証金(前納金)も一切いらないっていうし。

 前の病院で治療を受けていたら10月31日に入院している予定だった。治療に取り掛かるのが遅れているので私はあせっている。個室なんて待っていたらいつになるか分からないとので、「早く入院したほうがいいから、6人部屋が先に空いたら6人部屋でもいいでしょ!」と強引に迫って承諾させた。今週中には入院できそうだけど、果たして何人部屋になるんだろう? ま、個室でもいいか。

【関連バックナンバー】
差額ベッド代(10月4日)
転院は疲れる(10月24日)
posted by らくだ at 22:29 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お父様、転院なさったんですね。前のお話からして、私も気になってました。
 10年前亡くなった私の偏屈な父も、入院当初は大部屋で、「うるさいから個室にしてくれ。」と言っていましたが、1日4万位する部屋しかなく、ビビったのか、3日ほどしたら「住めば都というからここで良い。」とおとなしくなりました。家族会議で結局個室に移したんですけどね。
 毎日通う者としては、個室で好き勝手できてありがたかったけど、夜中など一人だとさびしかったかもしれません。
 最期の頃は、他人の目があったほうが良かったと思うこともありましたね。一人残して帰りづらいこともあったし。
 縁起でもないこと、すみません。
二人部屋というのも、けっこう気を使うかも。
Posted by いねむりぐま at 2005年11月08日 12:57
 一番上の個室は3万7800円だったかな。最初から話にも出ませんでした…(出ても困るんですが)。

 きょうは病院から連絡なく、いつでも行けるように仕度して待つのって結構つらいですね。

 私は個室だったら飽きちゃってダメ。でも、親の性格からいって6人部屋は厳しいかもしれないなぁ。

 2人部屋だと気を使うかもといわれればその通りですね。相手次第というか(向こうもそう思っているか)。
Posted by らくだ at 2005年11月08日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。