2005年10月16日

不可解な北京マラソン

 北京国際マラソンの男子トップ選手がゴールする直前にちょうどテレビをつけた。実況の人たちが「おかしい、コースを間違えたに違いない」とか言っている。それまでの通過タイムからいって2時間6分台でゴールするはずないというのだ。

 この場合、かわいそうだけど走者(ケニアのチョロノ選手)は失格になるもんだと思っていた。一番悪いのはしっかり誘導しなかった主催者側だと思う。本人はたとえ事前にコースをしっかり確認していたとしても、40キロ走ってきて疲れきっていて思い出せなかったのかもしれない。それでもスポーツはある意味で残酷なものだ。約800メートルも距離が足りないのなら公式記録にはなりようもない。テレビ実況の人たちも、あとで失格になるだろうと言っていた。

 ところが、ついさっき読んだニュース(時事通信)によると、そのままチョロノ選手の優勝が決まったそうだ。公式記録にはならないけど、実際のゴールタイムから不足距離を走った場合の時間を算出して参考記録を出したという。計算して記録を作るなんて初めて聞いた。国際陸連はこの解決方法を認めるのだろうか? 悪しき前例にならないといいけど。スポンサーのANAにしても大会の格が下がって迷惑なのではないだろうか。
タグ:マラソン
posted by らくだ at 23:57 | Comment(4) | TrackBack(1) | スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうやら、途中から脇道に入るコースだったのに先導した車が狭い脇道に入れず直進して、それに選手が付いて行った模様です。
あまりにお粗末な出来事ですね。
北京オリンピック、このような事が沢山有りそうでかなり不安。
Posted by Shamrock at 2005年10月17日 00:26
 日本だったら先導車がゴール前のどこまで先導するか(できるか)、事前に確認するでしょうね。エリートランナーには説明もあるのかもしれません。

 北京では前回のデリマ選手みたいに走行妨害される選手が出たらどうするのでしょう?「妨害されなかったとしたらこのぐらいのタイムで走ったはず」というのを計算するのかなぁ、なんてくだらない心配をしてしまいました。
Posted by らくだ at 2005年10月17日 23:04
北京五輪はどうなることやら。「中国の悪い部分がいろいろ世界に知れ渡ることになるのだろうな〜」と私は推測しています。反日国家なので日本人選手に対する嫌がらせや不当な判定がないか不安。中国で行われたサッカーアジア杯(アジア選手権だったかな?大会名を忘れた。)での日本チームに対する一部の中国人の行いを思い出すととても心配になります。日本チーム(日本人)と中国チーム(中国人)が対戦して日本が勝ったら、北京五輪を見に行った日本人がとばっちりを食いそうで不安です。

やれやれ、ルール違反という例外を認めたら大会なんて成り立たないのに。呆れてものが言えない出来事ですね。とりあえず今回のマラソンのニュースのリンク先を下記に書き込みます。

http://www.sankei.co.jp/news/051016/spo087.htm

http://www.asahi.com/sports/update/1016/115.html
Posted by ハググ at 2005年10月18日 14:58
 そうですねぇ。北京はオリンピックに備えて公衆トイレを増やすとともに、キレイにしているとか聞きました。あと、これは北京が選ばれるころの話ですが、冬で枯れている道端の草に緑のペンキをスプレーしているところをテレビで見ました。

 こうやってハード面では取り繕えるのかもしれませんが、ソフト面はどうなんだろう?と不安です。あと3年しかないんじゃ変わりようがないですよね。
Posted by らくだ at 2005年10月19日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

チェロノ(北京マラソン)コース間違えても優勝?!
Excerpt: 「チェロノ(北京マラソン)コース間違えても優勝?!」に関連するブログ記事から興味...
Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/sports
Tracked: 2005-10-17 23:13
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。