2005年10月12日

10月12日の雑報・雑感

 きょうは時間がないので手抜きバージョン。明日はたぶん休載。

■中国、2度目の有人宇宙飛行
 素直に祝福するよりも、『あ〜、これでまた中国人に大きな顔されちゃうよ…』と思った私は、自分でも性格が悪いと思う。

■阪神球団上場?
 正直いってまったく興味がないのだが、ナベツネと根来コミッショナーが反対したと聞くと、それだけで「ひょっとして上場もありかも」と思ってしまう。主体性のない私だ。要するに、どちらがより嫌いかと問われたら、ナベツネ&根来コミッショナーの方が村上世彰よりも上ってことだ。

■ビンラディン死亡?
 独大衆紙ビルトが情報源というから、その信頼性は大幅に割り引く必要がありそう。このニュースで興味を引くのは、大筋の話じゃなくて「米情報機関の衛星探知システムが先週、パキスタン北西部に同容疑者がいたのを確認したのを最後に、居場所が分からなくなった」という部分。そこまで分かっていながら、いままで泳がせているというのが不思議だ。

■NY地下鉄テロ情報はガセネタ?
 いまのところ伝えているのはCNNとニューヨーク・ポストだけみたいだ。イラクでつかまった人間がデタラメなテロ情報を流していたというもの。もしそうだとしたら、」デタラメだと見破れなかったのはお粗末。

 これでまた、ブルームバーグ市長が非難されるのかもしれないが、見方を変えればアメリカは落ち着いてきたってことかも。だって、9・11のテロ直後は「ブルックリン橋やジョージワシントン橋が爆破されるかも」という情報が流れて警戒したり、クアラルンプールのペトロナスタワーでも非難騒ぎがあったりした(しかも階段で非難)。当時は情報がデタラメかもしれないなんて検討する余裕もなく、避難最優先だった。

■次期ジェームズ・ボンドにダニエル・クレイグ
 英デイリーメールによると、ピアース・ブロスナンの後釜にダニエル・クレイグ(37)が内定した。週内に正式発表される見通し。6人目にして初の金髪ジェームズ・ボンドが誕生する。
posted by らくだ at 20:49 | Comment(2) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
> ■中国、2度目の有人宇宙飛行

まぁ大丈夫です。国内に留まって共産党の方針を盲目的(強制的)に信じてる人はともかくとして、国外に出た中国出身者達は、党の政策や報道体制を見限ってますから。
私も発射センターの拍手映像を見ましたが、どこぞの独裁国家が作った映像を連想してしまいましたよ。経済自由化して極端に拡大していますが、政治の成長はまだ先のようですね。
Posted by 鈴童 at 2005年10月13日 14:33
 言論・表現の自由がない、これだけ巨大な国がこんなに近くにあるというのも、考えてみれば不思議なものです。
Posted by らくだ at 2005年10月15日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。