2007年12月25日

2007年人気旅行先ランキング

 2007年人気旅行先ランキングというのを発見した。旅のクチコミサイト「フォートラベル」が旅行記の投稿件数の伸び率が高いエリアを算出したというのだが、その顔ぶれが以下の通りでほかのランキングとはまったく違う内容になっている。
1位  パクセ / ラオス
2位  サンアントニオ / アメリカ
3位  イムディーナ / マルタ
4位  チャイティヨ / ミャンマー
5位  ニーム / フランス
6位  コーンケン / タイ
7位  シラクサ / イタリア
8位  コロニア / ウルグアイ
9位  マジュロ / マーシャル諸島
10位  トビリシ / グルジア
 正直言って1位のパクセなんて聞いたこともない。マルタのイムディーナも知らん。ビルマ(ミャンマー)なんて2回も言っているのにチャイティヨってどこ?状態。唯一行ったことのあるのは米サンアントニオだけだ。

 旅好きの人はこんなところに行っているのかと感心した。逆に言うと、上記のようなところにいくと日本人旅行者がウジャウジャいるのだろうか?どうも実感がわかない。国内ランキングは以下の通り。
1位  串本 / 和歌山県
2位  新大宮・西大寺 / 奈良県
3位  鞆の浦・鞆公園 / 広島県
4位  邑智・川本・石見 / 島根県
5位  住吉・平野 / 大阪府
5位  三田 / 兵庫県
7位  飯坂温泉 / 福島県
8位  湯野上温泉 / 福島県
9位  木津・京田辺 / 京都府
10位  野・須玉 / 山梨県
 ますます分からん。私になじみのある温泉をみると入っているのは飯坂と湯野上だけ。なんだかとっても不思議なランキングだ。
posted by らくだ at 23:21 | Comment(4) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。まったく不思議なランキングですね。1位の串本は観光地なので理解できますけど、6位の三田と9位の木津・京田辺なんて観光旅行で行くとこじゃないと思いす。どっちかとゆうと、新興住宅街ってゆうイメージなんですけど・・・。最近なんか出来たんでしょうか?
Posted by 蔵@大阪 at 2007年12月25日 23:51
らくださん、お久し振りです。
私も海外30ヶ国は行きましたが、このランキングを見る限りではメジャーな所へはあまり行っていない気がしてきました。(笑)
フランスでパリやらニースなら分かりますが、ニームっていうのもまた地味と言うか何と言うか。ラオスでもルアンプラバンならまだしも、パクセなんて何も無い場所がどうして1位?ミャンマーのチャイティヨなんて、らくださんと同様聞いたことがありません。
これでも、フィリピン以外は東南アジア全ての国を制覇したはずなのですが。。。
Posted by Be honest to your heart! at 2007年12月26日 23:28
これはお笑いですか?(笑)

伸び率のランキングって投稿数1だったのが3になったことをもって伸び率300%で1位だ!なんてしているでしょうか?
Posted by mustafa at 2007年12月27日 07:42
>蔵@大阪さん
 そういえば数年前に三田に泊まったことがあります。移動の途中で夜に到着して1泊しただけですが、観光地らしさは微塵もありませんでした。

 京田辺・木津の木津を「木津温泉」と間違えたことがあります。(^^;

>Be honest to your heart!さん
 仲間がいてよかった。それにしてもフィリピン以外は制覇とはすごいですね。私はラオスとブルネイを残しています。

>mustafaさん
 私もね、同じことを考えました。母集団が少なすぎるのではないかって。でも、フォートラベルって結構有名な大手サイトみたいですよねぇ(私は利用していないので実態を知りません)。

 このランキングを見たとき、素直に受け止めて「あたしゃ旅人としては昔の人なんだな〜。若くないわ」ってしみじみ思いました。
 
Posted by らくだ at 2007年12月27日 23:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。