2007年12月09日

大食い番組

 土曜日の午後7時すぎ、テレビをつけたら「大食い番組」もしくは「早食い番組」をやっていた。大食いチャンピオンの男性対芸人30人で30種類の肉料理の早食い対決をするという内容らしかった。

 世界各国の肉料理には興味があったのだが、ほんの少ししか見なかった。というのも食べ方が汚らしいし、無理やり飲み込んでいるし、夕食前に見て食欲をそそるような内容ではなかったから。

 つい最近のニュースを思い出した。吉野家の「テラ豚丼」騒ぎで吉野家に「食べ物を粗末にするのはけしからん!」と抗議が殺到したとか。私はこの「大食い番組」のほうが気になった。

 吉野家の件、私は問題になった動画を見ていない。読売新聞だったかに大きく記事が出ていて、なんでこんなに話題になるんだろうって不思議に思ったくらいだ。もちろん誉められた行為じゃないとはいえ、抗議が殺到したというのもピンとこなかった。吉野家の社内問題としか思えなかったのは鈍感だから?

 でも、きょうの番組は公共の電波を使ってゴールデンタイムに放送するには全く不適切な内容だと感じてしまった。テレビ局には吉野家ほどの苦情は寄せられないのだろうか? 不思議でしょうがない。
posted by らくだ at 00:06 | Comment(3) | TrackBack(0) | メディア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テラ豚丼が問題になったのは、肉を盛る時に汁が鍋に滴れ落ちていて、その汁をそのまま販売していたことにある。
また、出来た豚丼を一口食べて鍋に戻したなどのVIPPERを過熱させる発言をしていたため。
たしかに、ゴールデンタイムにたべものを粗末にするような番組は良くないが、やっていることは豚丼の比ではないと思う。
Posted by アルゲア's at 2007年12月10日 15:07
私も昨今の大食い番組の再加熱に強い違和感を感じていました。
単純に「無理して食べ物を消費しなくてもいいんじゃない?」と思って。
この前のブームの時は、早食いを真似た子どもに事故が起こる等で沈静化したように感じました。
Posted by call at 2007年12月12日 12:17
>アルゲア'sさん
 私はそのテラ豚丼の話をほとんど知らないのですが、確かに私が思っていたよりも酷い内容だったのですね。教えていただきありがとうございます。

 それでも、テレビ局が公共の電波を使ってあのような番組を垂れ流すほうが害が大きいと思う私です。

>callさん
 そうでしたね。何年か前までは自粛ムードだったのが、ギャル曽根とかNYのホットドック早食い競争が脚光を浴び始めたら、180度転換するのはすごく早かった…。大食いを専門にする人たちがおいしそうに食べればまだしも、人気芸人が無理やり食べているのは、どうも納得いきません。
Posted by らくだ at 2007年12月13日 00:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。