2007年11月15日

昭和人と平成人

 知人のオフィスを訪ねて雑談中、映画「ALWAYS続・三丁目の夕日」をまだ見ていないという話題から「昭和」の話で盛り上がった。

 私が「テレビのチャンネルを回す」って書かなくなったのはいつからだろう。リモコンを使うようになっても、かなり長いこと書いていた。ある時ふと実際には回していないことに気づいて「チャンネルを変える」って書くようになった。

 そんな話をしているうち、「昔のテレビのチャンネルって、引っ張ると簡単に取れたよね」なんて話が出た。そうそう! チャンネル争いでもみ合っているうちにポロッと取れて『どうしよう、壊しちゃった!』って青くなったことがあった。そのまま差し込んだら元通りになって、子ども心に『かなり原始的な造りなんだな』と思ったっけ。もちろん親にはばれなかった。

 知人のオフィスにいた学生アルバイトの男の子は、まるで別世界の話に聞こえるらしく、チャンネルが取れてあせった話なんて「マジっすか?」とゲラゲラ笑っていた。聞けば生まれたのは昭和末期ながら、もちろん昭和時代の記憶などあるはずもなく立派な平成人。彼から見れば私なんて“生きた化石”ってところなんだろう。どっぷり年を感じちゃった。

 「その昔の日本はバレーボールがすごく強くて、今みたいにオリンピックに出られるかどうかなんていうレベルじゃなかったんだよ〜」と話したら、「あ、聞いたことあります。『東洋の魔女』ってヤツですか?」だって。さすがのあたしもそこまではさかのぼれない。アタックナンバーワン止まりだ。


posted by らくだ at 22:21 | Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無意識に瀕死語や死語を使っているらしく、
爺臭いと良く言われます・・・
昭和の終わり産まれなんですが(汗)

「メリヤス、蛇の目、国鉄、テクシー、ドロンする」などなど
Posted by 索@飯山 at 2007年11月16日 00:31
こんばんは。美容院でちょうど同じような話題になり、「携帯でかかったよね〜。肩から提げてたよね。」「自動車電話がステイタスだったもんね〜。車の後ろにアンテナあってさ。」と続き、「そういえば、あのアンテナのダミーってあったよな(笑)あれなんの意味があったんやろ?」
若いスタッフは、まじですか?の連発でした。喫茶店でこれ見よがしにデンと机に置かれてた皮カバー入りの携帯電話、見せてあげたいです。
ダイヤル回す、も死語ですね。「1」を回すかわりにフックを短く押して掛けるのが子供時代の無意味な裏技でした・・・。
Posted by tora at 2007年11月16日 00:48
「テレビのチャンネルを回す」
・・・・・なつかしい〜。幼い時にあった色々な物をふと思い出してしまいました〜。
Posted by ハググ at 2007年11月16日 21:26
>索さん
 え〜っ、メリヤスなんて私の親の世代のことばですよ〜。国鉄なんてことばを使うのは実際に乗らないからかなぁ? 我が家では「ダサい」なんていうと「古臭い」と笑われます。

>toraさん
 そうそう、肩掛け式の携帯は重かったですよね。もちろん個人で持っていたわけじゃなくて会社のですが。最近の若者はポケベルすら知らないでしょうね〜。たかだか十数年前の話なんですが。

>ハググさん
 そういえば、子どものころから下駄なんて履いていないのに、いまだに「下駄箱」と言っているですが、直すべきかなぁ。でもシューズロッカーなんていうのちょっと恥ずかしいし、何ていえばいいのでしょう?
Posted by らくだ at 2007年11月16日 22:49
こんばんは〜

この手の話は得意です。^^)
「東洋の魔女」は、大阪、泉州地域の貝塚ニチボ‐が始まり。
話題に上るだけでもうれしいです。

映画「ALWAYS続・三丁目の夕日」を懐かしみに見に行こうかと思います。
Posted by kokumi at 2007年11月17日 00:24
「下駄箱」
・・・・・「靴箱(くつばこ)」と言えばいいと思います〜。
Posted by ハググ at 2007年11月17日 17:19
>kokumiさん
 ご無沙汰しております。「東洋の魔女」の出身はkokumiさんの地元でしたか。

 「ALWAYS・三丁目の夕日」はそれほど期待しないで見てよかったので、ぜひ続編も見たいと思っています。一作目は特に吉岡秀隆の演技に魅せられました。なるべく先入観を持ちたくないので映画評など一切読んでいません。

>ハググさん
 なるほど「靴箱」ですか。これからそう呼ぶことにします。
Posted by らくだ at 2007年11月17日 21:44
こんばんは
最近風邪気味で元気がありませんでした。ようやく良くなりかかってきた所です。
我が家にはまだ1台チャンネルを回すテレビありますよ。ついこの前まで白黒テレビもありました。子供に見せたら壊れているって言ってました。真空管のラジヲもありますがしばらく火を入れていないのでつくかどうか疑問です。
国鉄ならまだ良い方です。省線電車って言っていましたね。
氷を入れる冷蔵庫もありますよ。パッキンのゴムが劣化しているので冷蔵庫としては使えませんが保管庫として使っています。
三丁目の夕日続編も先日見てきました。私としては最初の方がインパクトがあり良かったです。
私の家も小さな店をやっており当時従業員として集団就職で東北の方から来ておりました。初めてテレビを買ったときも店に置いたので近所の人が見に来ました。あの映画のシーン一つ一つが本当に自分の周りにあった出来事で感動しました。
それに比べ続編は私にとっては身近な話題ではなかったのでそれほど感動はしませんでした。続編についてあまり書くとネタバレになってしまいますので押さえておきます。
昭和ネタ色々ありますがその辺は追々私のブログに載せたいと思っています。

Posted by ナッカー at 2007年11月22日 22:40
私も町工場が最初の就職先でした。
3丁目の夕日の続編DVD でレンタルしようと思っちょリます。
Posted by muneomi at 2007年11月29日 14:44
ナッカーさん氷の冷蔵庫がまだあるんですか…
すごーい!!!
Posted by muneomi at 2007年11月29日 14:48
>ナッカーさん
え〜っ、白黒テレビがまだあるんですか?それって上にウサギの耳みたいな形のアンテナが置いてあるやつかな? 真空管のラジオも氷を入れる冷蔵庫も知りません。ナッカーさんのお宅は昭和博物館みたいですね。

私が覚えているのは洗濯機。脱水機がなくてローラーがついていてハンドルを回して絞るやつ。ほんの短い間ですぐに脱水機つきの洗濯機に買い換えちゃいましたが、あの手で回す脱水は遊びみたいで好きでした。

>muneomiさん
 続編はいま映画館でやっているからレンタルはまだ先になりそうですよ。
Posted by らくだ at 2007年11月29日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。