2005年08月29日

航空会社ブラックリスト−仏とベルギーが発表

 フランスの民間航空局(DGAC)とベルギー運輸省が29日、両国への運航を認めない航空会社のリストを発表した(BBC)。

 フランスのブラックリストに載っているのは以下の通り。
高麗航空(北朝鮮)
エアー・セントトーマス(米領ヴァージン諸島)
インターナショナル・エアー・サービス(リベリア)
エアー・モザンビークとその子会社
プーケット・エアー(タイ)
 4先週読んだ前ぶれ記事で4社の名前はあらかじめ出ていたけど、プーケット・エアーの名前は初めて出てきた。プーケット航空は安全せん云々よりも経営状態のもんだいだと思う。ちょうど1週間前、韓国・仁川空港で各種料金未払いのために差し押さえられたジャンボ機(朝鮮日報)はどうなったたんだろう? 日本にもチャーター機が来ていたのに、インド洋の津波で観光客が激減したのが痛手になった。こんな状態ではフランスのブラックリストを別にしても、風前の灯といえそうだ。

 ベルギーのブラックリストは以下の通り。
アフリカ・ラインズ(中央アフリカ)
エアー・メンフィス(エジプト)
エアー・バン・エアラインズ(アルメニア)
セントラル・エアー・エクスプレス(コンゴ民主共和国)
ICTTPW(リビア)
インターナショナル・エアー・ツアーズ(ナイジェリア)
ジョンソンズ・エアー(ガーナ)
シルバーバック・カーゴ・フレイターズ(ルワンダ)
サウス・エアラインズ(ウクライナ)

【関連エントリー】
スイスも航空ブラックリスト発表(9月2日)
posted by らくだ at 22:40 | Comment(5) | TrackBack(0) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニュースで背景に映っている機体を見る限り、イラクに派遣される自衛隊の皆さんよくプーケットエアーに乗せられていますよね。ちょっとかわいそうな気も・・・政府専用機使えまでは言わないまでももっとマシな航空会社チャーター出来ないのかと思ってしまいます。
Posted by mustafa at 2005年08月29日 22:50
 そうそう、私も自衛隊を思い浮かべました。テレビで最初に見たとき、なんで自衛隊がプーケット・エアーなの?とピンとこなかったんですが、かなり安くチャーターできたってことなんでしょうか。
Posted by らくだ at 2005年08月29日 22:54
拉致家族関連輸送なら喜んで実質ただでチャーター引き受ける日系航空会社も、テロの標的となりうるようなチャーターは引き受けないでしょうかね。プーケットエアはそれを引き受けた故に乗り入れ禁止に指定されてしまったりして・・・
Posted by mustafa at 2005年08月31日 00:47
 JALは載ってないですね。

 最近とみにトラブルが多いJALですが、世界的な水準から行くとあれでも良い方なんですかね。
 外国って、想像を絶するくらい底なしに危険だったりするらしいから...。
Posted by ZWEISTEIN at 2005年08月31日 03:24
>mustafaさん
 プーケットが事故を起こしていないか、ちょっと調べてみたのですが分かりませんでした。そんな大きな事故は記憶にないですよね。

 DGACのサイトに乗り入れ禁止理由まで書いてあるのかもしれません。フランス語がまったく分からないので確認のしようもないのですが。

>ZWEISTEINさん
 JALの評判が失墜しているといっても、おっしゃる通りに上記の航空会社に比べればまだまだ失墜の余地がありそうです。

 それでも、この間福岡であちこちにエンジン部品の破片をばらまいたJALウェイズのDC−10は、旅客機として世界的にみるとかなり古い機体です。近く退役させてUPSかどこかに譲渡することが決まっていたような。
Posted by らくだ at 2005年08月31日 23:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6360483
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。