2004年09月18日

期待を裏切らない読売新聞

 プロ野球初のストが昨晩決まってから、ずっとワクワクして待っていた。きょうの読売新聞朝刊の社説。ファン裏切る“億万長者”のストだって。よしよし、見出しだけみても嬉しくなっちゃう程予想通りの論調だ。

 ちなみに朝日新聞は「やむをえない」という論調、毎日新聞は「責任はNPB(日本プロ野球組織)の怠慢にある」としている。

 あたしゃ選手側を全面的に支持しているわけじゃない。ファンのことをどれだけ考えているのか全く不透明で、わが身かわいさからゴネているだけにもみえる。

 それに、ストやるにしては腰が引けているような気もする。週末限定でいわゆる時限ストをやるんじゃなくて、やるんだったら無期限ストを構えるべきだ。なんか中途半端で支持する気になれない。


posted by らくだ at 10:44 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もこれには期待していました。そもそもこの新聞の社説先週も三回も選手批判の社説のせていたし、さすが社説は主筆の意向が反映されんだと確認した次第。球団削減は「億万長者」の選手より二軍とか讀賣の記者より給料もらっていない選手が一番影響受けると言うことは億万長者を沢山雇っているのは自分たちだからかわかっていないんですね。

しかし経営側には「引き際」は心得ていないんですかね。
Posted by mustafa at 2004年09月18日 23:10
 ストした分、ファン向けのサイン会をやったところもあったようで、少しホッとしました。 

 いまのところ野球ファンが選手会を支持しているのが救いです。誰がみても古田はよく頑張っているなぁと思うでしょう。ただ、次の週末もストなんていうことになったら、ファンの支持も離れていくでしょうからここ数日が正念場ですね。
Posted by らくだ at 2004年09月19日 14:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。