2007年10月21日

抜鈎前日

 金曜日に夫が自宅に戻って以降、病室に来たついでに雑談をしていくナースが多い。私が寂しがっているんじゃないかと気を使ってくれているだけじゃなく、「開腹手術をしたのに一言も“痛い”と言わなかった極めて珍しい患者」に興味があるようだ。

 自分でもおかしいと思ったのよね。事前にネットで入院・手術の体験記をいくつも読んだのに、いざ自分の番となったら読んでたのと全然違ってラクなんだもの。「痛くないですか?」って尋ねられるたびに「いいえ」「別に…」「大丈夫です」と沢尻エリカみたいな無愛想な返事をし、そのたびに怪訝な顔をされてきた。

 複数のナースによると、傷口のガーゼを術後2日で取って自分で傷口を視認している患者は私くらいしかいないらしい。でもね、18日の昼間担当のナースが、「もう全身シャワー浴びていいですよ。傷口のガーゼも取って構いません」と言ったので、素直にそれに従っただけなんだけどな。

 で、その傷口がどうなっているかというと、ほとんどむき出し状態。いちおう腹帯というのを巻いているんだけど、寝たり起きたり歩いたりしているうちにどんどんずり上がってきて、気がつくとウエストの周りでクルクル回っていたりする。

 この病院、設備とかいいのに治療は結構ワイルドで私向きかもしれないな〜と思っていたら、ワイルドなのは病院じゃなくて私だったみたいだ。

 というのも、ほかの患者は「ガーゼを取ってもいいですよ」と言われても、シャワーを浴びるとすぐにナースコールをして「ガーゼをお願いします」って頼んでいるそうだ。そんなの全然知らなかった。“普通の人”は自分の傷口が怖くて見られないんだって。「え〜っ、私なんて縫い目を数えちゃった。13あるからちょっと不吉だなぁと思って…」という話をすると、ナースはみなビックリする。

 私は自分の体がどうなっているか自分の目で確かめたいだけなんだけど。「フランケンシュタインのおでこみたいだな」って思ったものの、気持ち悪いとか怖いなんて感情はまったくない。手持ちのどの水着なら着られそうかとか、早くもそんなことを考えているところだ。

 明日はいよいよ抜鈎(抜糸)。傷口にテープはってくれるんだろうか?
posted by らくだ at 22:25 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「らくだのひとりごと」から私がちょっと目を離している隙にらくださんが入院していたとは。回復も順調なようで何よりです〜。というより、全く心配する必要がないぐらいリラ〜ックスしているようですね(笑)。色々な国や地域で様々な環境や状況にその都度適応してきたからこそのワイルドさなのかも〜。
Posted by ハググ at 2007年10月22日 02:31
脅威の回復力ですね
抜鈎に1週間かからないとは
体内に硫黄泉が流れてるんじゃ・・・
Posted by 索@飯山 at 2007年10月22日 09:42
この素晴らしい病院では、
“普通じゃない人”として
末永く語り伝えられることでしょう(-"-;
Posted by 聖婆 at 2007年10月22日 11:43
>ハググさん
 そうなんです。リラ〜ックスしています。オナラをすると喜んでくれるところなんてほかにありませんからねぇ。なかなか良い経験になりました。

>索さん
 ギャハハ、それ気に入りました。今度から「体内に硫黄泉が流れているんじゃ、って言われています」と使わせもらいますね。9月は蔵王に行ったほか、結構湯めぐりをして術前のお清めをしておいたので、それがよかったのかも。

>聖婆さん
 イメージとしては心身のダメージは予想の半分以下でした。もしかしたら私よりも先生のほうが弱っているかもしれません(というのはいつものことですが…)。
Posted by らくだ at 2007年10月22日 20:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。