2005年08月15日

雨続き北陸の旅

 とっくに梅雨が明け、台風が来ているわけでもないってのに、雨ってこんなに降るもんなんだと感心させられた数日間だった。よほど普段の行いが悪いらしい。旅行期間中にわたってこれだけ天気が悪かったのは生まれて初めてかもしれない。「晴れ女」を自認していたのにな。

 10日(水) 早朝の新潟到着と同時に豪雨。新潟から乗った信越本線は、隣駅の越後石山でビショ濡れの裸足の青年が電車に乗り込んできて隣に座った。ちょっとヤバ系の人だったらどうしようと身構えたら、スニーカーを手に持っていてそこから水がボタボタ垂れている。足がグチョグチョになってしまったので裸足になってホームを歩いて電車に乗ってきたらしい。確かに傘なんてあってもなくても大して変わらないほどすごい雨だったな。富山に着いた10時ごろで雨は一段落。昼すぎには晴れ間も広がって暑くなった。

 11日(木) 雨とは関係なく、富山地方鉄道が信号機故障で30分遅れる。雨が降ったりやんだりの1日。途中で薄日がさす場面もあった(太陽をまともに拝んだのは前日とこの日だけ)。夕方のにわか雨は電車内で遭遇したので被害なし。

 12日(金) 富山県から石川県に入ったところで大雨になる。加賀温泉駅からバスに乗ったら滝のような降りに。バスの運転手さんは「本日は大雨・洪水警報が出ています。足元にご注意ください」とアナウンスしていた。昼前に駅へ戻ったら、改札に「停電と信号機異常のため上下線とも運転見合わせ中」との掲示(あとになって敦賀の方で落雷があったと知る)。私の乗った電車は50分遅れ。夜になってもダイヤの乱れは続いていて、福井から敦賀への電車は30分以上遅れた。

 13日(土) 夜のうちに激しい雷雨。敦賀の宿で見たTVで「美浜では1時間に90ミリの雨が降った」と言っていて嫌な予感がする。駅に行くと「美浜付近で規定の降水量を超えたので小浜線は運転見合わせ」との掲示で予感は的中。それほど急いでいるわけじゃなかったので乗るつもりだったが、駅員がやってきて「川が増水しています。線路が水没しているわけじゃないんですが、美浜付近ではいまだに雨が降っていて、さらに増水する可能性もあります。点検は歩いて行うので時間がかかるので…」という。福知山に行くなら小浜線・舞鶴線経由をやめて米原経由のほうがいいと言われた。
 最終的には小浜線に乗りこんでいた乗客6人(6組?)はみな説得され、私たちは湖西線経由で京都へ出ることに。時間的なロスを埋め合わせるため京都から園部まで特急でワープした。特急は青春「18きっぷ」で乗れないので特急券だけでなく乗車券も別途買う。しかもお盆の時期で自由席車両は激込み。比較的すいていた喫煙車両に行ってもすし詰め状態で、3歳ぐらいの女の子が「座りた〜い」と何百回も叫んでいた。午後はどん曇り。

 14日(日) 天気予報で1日中雨のマークだったから覚悟していたのに、雨が降ったのは車中にいた姫路付近だけだった。だから予想以上に天気は良かったといえそうだ。

 天気予報では毎日のように大雨への警戒を促していたし、実際にバケツをひっくり返したような雨もあちこちで降った。それなのに、豪雨の時間帯は乗り物や宿の中にいることが多く、雨の中を歩き回った時間は合計しても30分にもならない。考えようによっちゃ幸運だったかもしれない。悔し紛れに書いておくと、日焼けの心配もしないで済んだ。帰宅したと思ったら、さっそく雷がゴロゴロ言い出して暗くなってきた。雨が降りそうだ。
posted by らくだ at 15:29 | Comment(6) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
らくださん、お帰りなさい。旅行中の天気は雨ばかりで、計画通りの旅とはいかなかったみたいですね。こういう時もありますよ。自然は私たち人間の都合通りにはなりません。そこがまた自然のいいところなんですけど・・・。あれ、フォローになってないかも(笑)。
Posted by ハググ at 2005年08月16日 00:19
お帰りなさい。大変な旅、でしたね。
相方と子どもたちが先週の木曜、釣りに越前海岸方面へ出かけたときも土砂降りに遭い、着替えを買う羽目になってしまいましたが。
雨が降ってもらいたいところには降らないんですよね。皮肉。
Posted by ぶたまねき at 2005年08月16日 06:23
お帰りなさいまし。
ふぅむ・・・、らくださんは豪雨女でしたか。
姫路から四国の方へ回ってあげるべきでしたね。
四国は今、水不足で困ってますから。(^^;☆\(-_-)
Posted by duron16 at 2005年08月16日 07:31
おはようございます。

小浜線残念でしたね。
今度は、桜の季節に如何ですか?

18切符の特急ワープを、時々使わせてもらっています。
18切符で、日帰りローカル線の旅を始めて20年くらいになり、足を伸ばせる行き先が限られてきました。^^;)
Posted by kokumi at 2005年08月16日 09:27
 そうですね。旅行中は天気予報を見るたびに『あ〜、もう九州か四国に行くべきだったかも』とつぶやいていました。

 ほんの数百キロ離れていないのに、北陸は洪水警報で、四国の一部は渇水で取水制限なんですものね。

 旅の初期段階では1日ぐらいはスカッと晴れるだろうと思ってたんですけど、甘かったみたいです。自然を人間の力でどうこうできるわけでもなく、これも運命だと思って受け入れました。

 考えてみると、これまでが恵まれていたのかもしれません。
Posted by らくだ at 2005年08月16日 23:22
始めまして。

どうしてもこれだけは突っ込ませてください。

>毎日のように大雨への警戒を促していたし、
>雨の中を歩き回った時間は合計しても30分にもならない。

そんな豪雨のなか30分にもならないって・・・
相当晴れ女だと思うんですが^^;;
Posted by 通りすがり。 at 2005年08月17日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5917517
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。