2005年07月25日

「表現の自由を尊重しろ!」といわれた

 20日に書いた「日帰りで身延線の旅」についてのご意見を、ブログとは関係ないBBSに昨日いただいた。関係ないところに書かれても迷惑なだけだし、投稿の最後に「ふさわしくないとご判断の際は削除ください。!」とあったので迷わず削除した。

 そしたらきょうになって、まったく関係ない第三者(と思われる人)から「表現の自由に鈍いのは誰なんだい?」「自分に批判的な書き込みだけ削除するのか?」というメールが送られて来た。そんなつもりは毛頭ないので、以下に投稿を再現する。
タイトル:らくださん、どう思いますぅ〜?

 あるブログに、自分に「今度はお父さん、お母さんと一緒に来なさい」と言われたとのこと。その上、「は〜い、そうします」と答えたそうな。
そして、それをどっかで喜んでいる節が感じられる文面。

(このブログへの投稿者は、誰一人として、この疑問を正すことなく、なぜか差し障りのないコメントだけ。)

私の知る限りのこのお方は、気に入らなければ、「跳び蹴りをかませたくなる」と書き込むお方で、私にはどうしても《アルプスの少女ハイジ》のイメージには感じられません。
ですから、訊き間違えたのです、きっと。
本当は、こう言われたのです。
「歳もとしですから、旅とか温泉とかお出かけするときは、お子さんか、お孫さんと一緒に来なさいょ」と

らくださん、どう思いますぅ〜?
では、では。

ふさわしくないとご判断の際は削除ください。!
 これが元記事のコメントとして投稿されていれば何も問題はない。関係のないBBSに投稿されたのが迷惑なだけだ。このブログを読んでいない人がみたら、何の話か分からないから。だから削除したんだが、まさか表現の自由うんぬんを指摘されるとは思わなかった。それも関係ない第三者から。たぶん19日の「ネット書評バトルの行方」を読んだ方なんだろう。

 最初は元記事のコメントとして転記したのだが、この第三者は「自分に都合の悪いことは目立たないようにするのか?」と満足しない。いちいちこんな人のいうことを聞いているほど暇じゃないのだが、新規のエントリーにすることに別に異論も無いのでこうしてエントリーを書いた。投稿者と第三者の関係は不明なまま。でも、たぶんこれで満足してくれただろう。
posted by らくだ at 18:32 | Comment(7) | TrackBack(1) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
らくださん、「リラーックス〜♪」。
Posted by ハググ at 2005年07月25日 23:45
くすくす
元の投稿が、嫌がらせ以外の何ものでもないですもんね。
批判的な書き込み、てなレベルのモンじゃないっしょ ^^;

私の知る限りこのアタシは、気に入らなければ、「ざけんじゃねぇよ!ば〜か! ^o^」と(自分ちに)書き込むお方ではありますが、私なアタシはどうしてもこうしても《かぁい〜乙女》ですのよさ。るん♪

という事実に・・・何か問題あるんだろか??? ^^;
Posted by at 2005年07月26日 01:07
す、すいません、名前忘れました ^^; ↑
Posted by @himiko at 2005年07月26日 01:09
「差し障りのないコメント」を寄せたひとりですけどね、私(笑)。
思ったこと書いただけなんですが、それをどういう言われちゃあ、それこそ「表現の自由」の侵害にあたりますよね。
あの記事や、全然関係ないBBSに「差し障り」ある書き込みをするほうがどうかしているんですよ。
Posted by ぶたまねき at 2005年07月26日 07:29
 まぁ、あまり考えても頭が痛くなるだけですね。みなさん、お付き合いいただき、どうもありがとうございます。

 いただくメールが増え、「私たちは絶対に気が合うはずです。お友だちになりましょう。○日の○時に○○○で待っています」というメールが来ているのに気づいたのが、○日の2日後だったことがあります。

 ハググさんが1行だけの書き込みだったのでちょっとビックリしました。ウフフ…。
Posted by らくだ at 2005年07月26日 23:38
 す、すみませんっ、ずーずーしくもTB打たせて頂きました。
(ご縁といえば、こちらが一方的に楽しくブログを拝見させて頂いてることと、お誕生日を同じくしたことだけだっつーに)

 えと、やっぱりネットで公開している以上、表現の自由って無関心ではいられないネタだなーと思いましたです。
Posted by Red-ips at 2005年07月28日 19:14
>Red-ipsさん
 ご無沙汰しております。Red-ipsさんは弁護士さんの卵でしたね。

 どうもご丁寧にコメントまでいただきありがとうございます。気になった話はご自由にトラックバックしていただいて構いません。

 ネットのおかげで誰でも自由に意見を公にできるようになったのはいいことだと思います。いまは無料のブログ・サービスなどいくらでもあるのだから、上記のような人は自分のスペースに好きなことを書けばいいのにと思ってきましたが、最近は相手側の心理が分かってきました。

 開設されてしばらくたっていて、ある程度の固定読者がいるサイトに書き込まないと読んでもらえないから、その人にとっては意味がないのですよね。こういう人には「自分のところで表現の自由を謳歌しては?」と提案してもダメでしょうね。
Posted by らくだ at 2005年07月29日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

表現の自由
Excerpt: < 拝啓らくだ様 >   いつも巡回しているブログのひとつに「らくだのひとりごと」ってトコがあります。  つぶぞろいな記事が記載されているので、いつも楽しみにしてます。 < 表現の自由 >   とこ..
Weblog: ロースクールQUEST
Tracked: 2005-07-28 19:01
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。