2005年07月24日

英警察、テロと無関係のブラジル人を射殺

 ロンドンで起きた2回目の爆破事件に関連があるとして22日に地下鉄ストックウェル駅で5発の銃弾を打ち込まれて射殺された人物が、事件とまったく関係のないブラジル人のJean Charles de Menezes(27)さんだったと発表された。

 彼は独身の電気技師。英国には合法的に滞在していてロンドンには3年間住んでいたという。ロンドン警察は彼の「服装と態度」が誤解を招いたとしているが、それに加えて住んでいたところもまずかった。

 前日の事件で爆破しなかったリュックの中から彼の住んでいるロンドン南部Tulse Hillの住所を示すものが見つかって私服警官が張り込んでいたところ、野球帽に青いスウェット、バギーパンツ+夏には不自然な厚手のコート姿で彼が午前10時ごろに家から出てきたという。地下鉄駅に向かったところで警官は逮捕を決意し制止を命じた。彼はそれを無視、改札を飛び越えて地下鉄に飛び乗ろうとした。厚手のコートを着ていたものだから、その下に爆発物を巻きつけている可能性があるとみなされ、瞬時に5発の銃弾を撃ち込まれた。

 彼の身元が判明する前から議論はあった。ほかの市民も回りにいる中で至近距離から5発も撃つ必要があったのかどうか。自爆する恐れのある人間に対しては、体ではなくて頭を狙うのが鉄則だそうで、『下手に負傷されて自爆されたらさらに被害が広がるから、しょうがないのかな』と、それなりに納得していたのだが、まさかこんなことになるとは…。こういうときに「遺憾」とよく言われるが、真心が感じられない言葉だ。字面だけで反省・後悔を示す便利な言葉だと思う。 

 彼がなぜ逃げたのか分からない。相手は私服だったっていうから、警官とは思わずヤバそうな相手だと思って逃げたのかもしれない。「警察だ!」と言われて信じなかったのかもしれない。こんな形でテロ関連の死者が1人増えたってことが、ただ悲しい。テロにまったく関係ない英国在住のイスラム教徒も戦々恐々としているに違いない。

【参考記事】
Man shot in terror hunt was innocent young Brazilian(The Observer via The Guardian)
Shot man not connected to bombing(BBC)
posted by らくだ at 11:12 | Comment(6) | TrackBack(3) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わたしもこのニュースは悲しかった。9.11直後のアメリカのように突如排他的になってしまうことは、理解できなくはない。しかし「被害者だから」仕返しをしてもいい訳ではないし、ましてや確認もしていないのだ。成熟した外交、または政治、そういったものを望んでいる自分が、ただの愚か者にさえ思えて来る。
Posted by おかめ at 2005年07月24日 21:33
日本だと銃を所持している人間は、ほぼ限定されています。銃社会だと、誰が銃を持っていてもおかしくないから、らくださんの推測どおり相手を危険な人物と判断して逃げたのかもしれませんね。もし、銃を構えている相手が危険な人物なら「止まらないと撃つぞ」と言われて止まっても、相手が撃たない保証はないわけですし。イギリスもアメリカみたいに「自由から不自由の国」になっていくのかもしれないと感じました。
Posted by ハググ at 2005年07月24日 21:37
 BBCの続報をざっと読んだところ、犠牲者はサンパウロのスラムで生活していたことがあるとかで、ブラジルにいるBBCの特派員は、そういう経歴を持った人間はこのような場合、本能的に逃げるのではないかと語っていました。

 爆発物の入った荷物に彼の住所を示すものがあったといのは、犯人がわざといれていたってこともありますよね。そんなものとか服装で警察は確信してしまうのかって、裏づけとしては心もとない気がします。市民を守ろうという気持ちは分からないでもないんですが。

 テロに遭わない心配だけじゃなく、テロリストに間違われない心配もしなくちゃいけない世の中になりましたね。不必要な厚着をしないで、野球帽をかぶらず、リュック・バックパック類も決して持たないってところでしょうか。
Posted by らくだ at 2005年07月24日 22:23
えーっと、一言だけ。
「遺恨」ではなく「遺憾」ではないですか?
Posted by lei at 2005年07月25日 03:22
テロの犯人とおぼしき人物が射殺された、という第一報が入ったときに、ニュースで目撃者が「警官が犯人を取り押さえてから射殺した」というようなコメントをしていたので、不審に思っていました。僕の聞き違いなのかな…。何か匂うんですけど。
Posted by やぎ at 2005年07月25日 10:20
>leiさん
 ご指摘ありがとうございます。ただいま訂正しました。

>やぎさん
 私も最初はそう聞いた覚えがあります。床に押さえつけたとか何か…。あと最初のテロ絡みではエジプトでつかまった人が無関係だったそうですね。
Posted by らくだ at 2005年07月25日 23:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5320855
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

うだる日自爆テロ重ね
Excerpt: うだる日自爆テロ重ね 世の末見舞ふ罠惚けぬ 聖域も越え鬼飛べれ 虚夢積むや塵庵を うたるひしはくてろかさねむよのすゑみまふわなほけぬ せいゐきもこえおにとへれそらゆめつむやちりあんを  ロンドンに..
Weblog: いろは 伊呂波 IROHA
Tracked: 2005-07-24 13:52

キング・ジョンは地下鉄で目を覚ます
Excerpt: 射殺男性は爆破事件とは無関係=ロンドン警視庁 (Yahoo) 「ロンドン警視庁は
Weblog: 恵比寿法律新聞
Tracked: 2005-07-24 21:31

ロンドン地下鉄内射殺はテロと無関係
Excerpt: 二度目のテロに襲われたロンドンですが、その翌日に地下鉄車内の乗客の目の前で私服の警官(特殊部隊?)が男性を射殺するという報道がありました。 朝日新聞「射殺、乗客の目の前で ロンドン、警官が列車へ..
Weblog: 社長の本音日記
Tracked: 2005-07-24 21:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。