2007年08月29日

市民の銃火器保有率、アメリカがイラク上回る

 ジュネーブのGraduate Institute of International Studiesというところの最新の調査によると、一般市民(軍や警察などを除く)が保有する銃火器の数はアメリカが270万丁で世界で一番多かった(ロイターの記事=英文)。

 2位はインド、3位は中国。続いてドイツ、フランス、パキスタン、メキシコ、ブラジル、ロシアの順。

 人口100人当たりの所有率をみると、やはりアメリカが1位。人口100人当たり90丁って聞くと、その武装ぶりがわかるっていうもの。でも、3年近くのアメリカ暮らしで銃を持っている友人は1人もいなかったから実感がない。

 2位はイエメン(100人当たり61)、3位フィンランド(同56)で、スイス(同46)、イラク(同39)、セルビア(38)の順となっている。

 イラクなんて全体的な数は少なくても、1人あたりの保有率はずば抜けて高いイメージがあった。アメリカはともかく、平和そうなイメージのある(私が勝手に思い込んでいるだけ)フィンランドよりも低いのか。ちょっと意外な調査結果だった。
posted by らくだ at 22:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカのには軍警所有のも含まれているのに巧妙にcitizenという言葉を入れているし、>Only about 12 percent of civilian weapons are thought to be registered with authorities.
な一方アメリカだと違法がもちろんあるにせよ登録率は途上国よりかなり高いだろうしこの見出しは元記事を含めてかなりミスリードな気がします。

あとmillionは万ではなく百万ですよ。
Posted by ちょっと疑問 at 2007年09月16日 16:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53185285
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。