2004年08月30日

「より速く」「より強く」はもうたくさん

 アテネオリンピックは好きになれなかった私だけどマラソン観戦は大好きなので、昨晩は夜更かしして男子マラソンを見た。今回のオリンピックで深夜時間帯の競技をライブで見たのは最初で最後だ。

 ブラジルのデリマが襲われた時は何がなんだか分からなかった。自転車に乗った警備関係者?もそばにいたのに、全く役立たず。デリマはあっという間に歩道に押し出されていた。最後にスタジアムに戻ってきたときは1位と2位の選手よりも観客の声援が大きくて、なんだか私まで嬉しくなった。デリマ自身が恨みがましいことを言わなかったのもいい。

 IOCがスポーツマンシップを称える特別メダルをデリマに授与する(スポーツナビ)というニュースを聞き、これだ!と思った。というのも、「より速く、より高く、より強く」という従来のオリンピック精神はもう古いと思うんだよね。ドーピングとか疑惑の採点とか、なりふり構わず金メダルを取ろうっていう風潮は来るところまで来ちゃっている。今じゃドーピング隠しなんていう技術もあるとか。イタチごっこは永遠に続きそうな雰囲気だ。

 だからデリマみたいに「敢闘賞」みたいなのを設けて、その数で競い合うようにしたらどうかな? たとえば、男子サッカー。練習環境を考えたら1位のアルゼンチンよりも4位のイラクに何かあげたいわけよ、あたしゃ。誤審だらけの審判じゃなくて観客が決めてもいい。

 アメリカとイラクの混成チームがイギリス・アフガニスタンの混成チームと戦うなんていうのもいいかも。このままじゃ、オリンピックは世界の平和に貢献なんてするはずない。
posted by らくだ at 23:44 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。