2005年06月30日

空港居座りで英国籍取得

 空港で生活するなんていうと映画「パリ空港の人々」とそのリメーク「ターミナル」を思い出す。きょう話題になっている人は訪問国の空港で居座ったのではなくて、強制送還された空港で13カ月も暮らした末、行きたかった英国の国籍をめでたく手に入れた。(BBCの元記事

 舞台はケニア・ナイロビのジョモ・ケニヤッタ空港。サンジャイ・シャーさんは英国海外市民パスポートを持っているが、昨年の5月に英ヒースロー空港で入国を拒否された。彼のパスポートでは英国に長期滞在できず、入国審査官は長期滞在するつもりだと判断したためだ。

 英国へ出発する前にケニアの国籍を返上して無国籍状態になったシャーさん、ケニアに強制送還されると完全な英市民権を求めて入国を拒否。空港で生活を始めた。ケニア国籍を持つ奥さんと息子さんが数日おきに空港を訪ねて食料や衣類などを差し入れてくれたっていうから、映画の空港生活者よりも彼は恵まれていたといえそう。

 英当局はシャーさんに英国籍を認め近くパスポートを発行する見通しだが、過去1年あまりにわたる抗議行動と英当局の決定は関係ないとしている。それでも、同じことをする人はいそうだ。ケニアの新聞の英語サイトを探してみたけど、このニュースは見当たらなかった。国内向けには報道されないかもしれない。 
posted by らくだ at 23:16 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。