2007年06月14日

台湾の「の」人気

超の油切関子嶺温泉看板

 9年ぶり3回目の台湾。日本語の「の」をよく見かけた。確か数カ月前の日経新聞でそんな話を読んだ記憶がある。あれは香港の話だったかな。アジアの漢字圏では「の」の文字に心をくすぐられる人が多いのだろうか。

 写真左は旅行中よく飲んでいたペットボトル入りの緑茶。その名も「超の油切」だ。一体なんて読むのだろう。「ちょうのあぶらぎり」あるいは「あぶらきり」、でも送り仮名がないから「ゆせつ」…んなわけないか。きっと台湾の人は「の」以外は中国語読みしているのだろう。これが600ミリリットル入りで20元(80円弱)。

 一緒に写っているおむすびも20元。写真じゃよく分からないが「嘉義とりめし」と日本語入り。セブンイレブンのおむすびは、すべて日本語表記つきで中身が分かる。前回行った時はおむすびなんて売っていたかなぁ。初めて行ったときはコンビニすら見かけなかった。

 「の」の話に戻ると、私があちこちで出入りした温浴施設でも多くみかけた。右の写真は台南県の関子嶺温泉で見かけた看板。このほか「極上の湯」とか、わざわざ「女の湯」「男の湯」なんて看板を出しているところもあった。ごく自然に「の」が生活に溶け込んでいるのだ。

 「の」という字は、漢字圏の人にとってみれば、丸っこくて可愛い(台湾では「カワイー」で通じる)形らしい。シンプルで書くのも簡単だから親しみを覚えるみたいだ。「の」人気がうらやましい。

 中学生のときだっただろうか。&という文字というか記号を覚えた際、なんとなく格好良く思えて「○○と△△」と書くのを、わざと「○○&△△」なんて書いていた。あれと同じ感覚なのかな。「の」の国際化がもっと進んだら嬉しいな。
タグ:台湾
posted by らくだ at 20:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
漢字圏では「の」は本当唯一認知されているひらがなですよね。
逆に日本で何かを中国語っぽくみせたいと気に○○的××って「的」を多用しますから通じるものがあるのでしょうか。
Posted by mustafa at 2007年06月17日 01:00
>mustafaさん
 それそれ、私も「○○的」は中国語の「○○の」だから…相互交流なのかな〜などとぼんやり考えていました。

 コメントがダブっているので1つ削除させていただきますね。
Posted by らくだ at 2007年06月17日 22:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。