2004年08月13日

「私はゲイのアメリカ人」

 "I am a gay American"と言って米ニュージャージー州のマグリービー州知事(47)が辞意を表明した(AP電

 なんでこんなことになったかというと、付き合っていた側近のイスラエル人男性から、数百万ドルを払わないとセクハラで訴えると脅されているらしい。このイスラエル人男性は詩人だというのに、なぜか州知事の安全保障担当顧問を務めていたという。公私混同で雇用したんだな。こんなことになったのも身から出た錆といえそうだ。

 マスコミに騒がれる前にカミングアウトしちゃった潔さは評価する。しかし、隣でそれを聞いていた奥さんはどんな気分だったのかな。かわいそうだ。ABCニュースによると、マグリービーは前の奥さんとの間に11歳の娘、今の奥さんとの間に2歳の娘がいる。

 これとは別に、カリフォルニア州最高裁がサンフランシスコ市の認めた同性結婚は州法違反で無効との判断を示した(読売新聞)。ゲイ世界にとってのバックラッシュか? 私は個人的には同性結婚をしたっていいんじゃないかと思っている。アメリカでゲイの男性を2人知っていたけど、2人とも細やかな気配りをする人で、とても好きだったな。
posted by らくだ at 23:06 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445514
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。