2004年07月29日

NHKの体質

 数日前のニュースで申し訳ない。NHKの制作費不正流用事件。このニュースを聞いたとき、「さもありなん」て思った。

 私はNHKに謝礼を踏み倒されたことがある。もう随分前の話だ。当時海外で働いていた私が5日間の休暇を取って一時帰国したら、NHKのBSに出てくれないかと打診がきた。かつてお世話になった人から紹介されたという話だったので、深く考えずに快諾した。

 その結果、打ち合わせと収録で2日にわたって渋谷のNHKセンターに呼び出された。5日間の休暇といっても初日と最終日は香港と日本の往復に使うから、2日も費やしたのは痛かった。拘束が数時間でも往復に時間がかかるから半日仕事なのだ。収録が終わったとき、ディレクターはこう言った。「謝礼は現金の銀行振り込みかNHKの名入りボールペンになりますがどちらがいいですか?」 一瞬耳を疑ったね。なんかすごい選択じゃない?

 私はもちろん現金を選び、銀行の口座番号も教えた。次の日には香港に戻り、しばらく日本に帰らなかったけど1年後ぐらいに口座をチェックしたら、NHKからは1円だって振り込まれていなかった。ボールペンと同じ程度の謝礼だから振り込み手数料よりも安かったのかなぁ?

 別に何万円もの出演料が欲しかったわけじゃない。2日間にわたって埼玉の実家から渋谷まで呼び出されたのに交通費も私持ちだよ。なんとなく「テレビに出してやったんだから」みたいな姿勢を感じた。最初に説明してくれれば、貴重な休暇をそんなことに費やさなくて済んだのに。聞かなかった私も悪いけど、若かった私にはそんなこと思いつかなかった。いまにしてみれば、私の謝礼&交通費もひょっとしてどこかで流用されちゃったのかも。
posted by らくだ at 23:10 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(1) | メディア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

NHKとかマスコミというものは
Excerpt: 取材のオファーを受けたとき、NHKのいい加減そうな体質を感じた。
Weblog: ドサ健ブログ地獄
Tracked: 2005-05-02 09:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。