2007年02月13日

アル・ゴアと石原真理子

 米大統領候補だったアル・ゴアと元祖プッツン女優の石原真理子を間違えるほどマヌケな人って私以外にいるだろうか…。

 友人から「不都合な真実って本、すごく面白かったけど読んだ?」とメールが来た。私は「不都合な真実」というタイトルを見てなぜか石原真理子の暴露本だと思い込んでしまった。『あんな真面目な人でも下世話な本を読むことがあるんだな。私に話題を合わせてくれているのかな』と思いつつ、そんな感じで返信メールに書いたら、「あれ、環境問題に興味なかったっけ?」とさらにメールが来て、何が何だか分からなくなった。

 そこで初めて調べてみたら「不都合な真実」はアル・ゴアの書いた本だった。そういえば、同タイトルの映画があったな。本も出たんだ。そして石原真理子の本は「ふぞろいな秘密」だった…。全然違うじゃん。恐ろしく恥ずかしい。
  
posted by らくだ at 23:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不都合な体験談!
思い違いで恥ずかしい思いをすることは誰にもありますね。
Posted by のびぃ太 at 2007年02月14日 17:41
>のびぃ太さん
 ご無沙汰してます。いや〜、ほんとメールを送って次の瞬間に『ん?』て思って調べたら…。どうにかしてメールを止められたらって思いました。そのうち、そんな技術ができるのかもしれませんね。
Posted by らくだ at 2007年02月14日 22:55
すみません、検索でこちらたどり着いたものです。
実は私も間違って覚えてました。苦笑。
不都合な真実をお昼に観たあとに、
石原真理子のはなんだっけ?と思って、
今ヤフーで検索していたら、ここにたどり着いたんです。
ぜんぜん違うのになぜか同じタイトルだと勘違い。
不思議です。
Posted by takaw at 2007年02月28日 23:09
>takawさん
 なんと、仲間がいたとは…。勝手に「マヌケ」って書いちゃってすみません。でも、私としては「ほかにも同じような人がいたんだ」と心強いです。
Posted by らくだ at 2007年03月01日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。