2006年11月13日

イジメには厳罰を

(コメント欄でリクエストをいただきましたので、トップページで全文が読めるように編集しました)

 遅ればせながら文部科学大臣宛に届いた「イジメが原因で自殺予告文といじめと自殺は、因果関係がある証明書」(リンク先はPDFファイル)を読んだ。これが本気なで書かれたものなのかイタズラなのかという議論もあるようだが、この文書にこめられた恨み辛みや不信感から判断すれば、本気で書かれたもののように思えた。

 予告の11日には何も起きなかった。本人の想像よりも大騒ぎになってしまったからなのか、本当にイジメがなくなったのか、自殺予告がイタズラだったのか分からない。

 でも、「命は自分だけのものじゃない」とか「命を大切に」なんていう呼びかけが通じたとは思えない。確かにおっしゃる通りなのだが、目先の苦痛から逃れたいともがいている子供たちにしてみれば、そんなキレイごと発言は「我慢しろ」って言われるのと同じなんじゃないのかな。大人の言うことを聞いて自殺を踏みとどまったからといってイジメがなくなるわけじゃない。

 イジメ自殺報道を注意深くウォッチしているわけじゃないので自分が気づいていないだけかもしれないけど、一連の報道で加害者(いじめる側)への処罰やその保護者の責任を云々する声はほとんど聞こえてこないのが不思議でしょうがない。

 自殺した子が遺書にいじめっ子の名前を書いてもそれが公表されることは絶対にない。社会的制裁は近所や校内で後ろ指をさされるくらい? 結局のところ「いじめたもん勝ち」になっているんじゃないだろうか。1カ月前の福岡の自殺だって、加害者たちは何の反省もなく葬式でも騒いでいたっていうし、さらに別の子をいじめ始めたって話だ(毎日新聞)。 

 イジメなんていう卑怯なことをするヤツは痛い目に遭わせなくちゃいけない。早いうちに徹底的に矯正しないと、大人になってもろくでもない人間になっちゃう。親にも「あんたの子供は既にまともな人間の道から外れてますからどうにかしてください」って指摘して対応してもらわなくちゃ。

 校長や教育委員会の人がいくら謝ってもイジメはなくならないし、全校集会でいくら道徳的な話をしても効き目はない。ヤツらにとってイジメは娯楽のひとつだから。教育現場に正義がなくなってしまった様子なのが心配でしょうがない。

 もし私が自殺予告を送った子供だとしたら、「1人だけの命じゃない」なんて道徳の教科書みたいなことを言われるよりも、「イジメに関わった子の名前を遺書に書いても、それが公表されることはない。いじめた子は痛くも痒くもないんだよ。むしろ君が死ねば相手は喜ぶ。それでも死ぬつもりかい?」って言われたほうがマシだ。本当だったら「よし分かった。君をいじめた連中にこれから厳罰を科す。君の味わった苦しみを同じだけ味わってもらうよ」と約束してほしい。
  
タグ:いじめ 自殺
posted by らくだ at 00:02 | Comment(9) | TrackBack(0) | 国内ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっしゃるとおりだと思います。
いじめをした人間が学校に残り、
された人間が学校を去る。
いじめをした人間のほうを優遇するなんて!

テレビでもいじめられた人間を強くするしかないと言う方もおられますが、違います。

いじめは悪なのです。
断固対処しないといけません。
Posted by アンジェリーナ at 2006年11月13日 06:18
こんにちは。

私もいじめられた経験がありますので、おっしゃるとおりだと思います。結局のところ、いじめた人間はなんとも思わず生きていくし、いじめられた方にしても卑屈な生き方や前に進めない生き方しか選べなくなっていく人も多いです。双方にとってよくありません。

悪いことをしたらそれなりの報いを受ける、そんなことをこれから大人が示さないといけないんでしょう。
Posted by ふれでりくす at 2006年11月13日 21:14
最近の裁判についても同じことが言えますが、どうも「罪を憎んで人を憎まず」というのが変な風に使われている気がしてなりません。
本来なら被害者を第一に考えるべきなのになぁ・・・・・。
Posted by shooter at 2006年11月13日 22:06
クリックしないで全文読めるようにしてくれると嬉しいな
Posted by あきちゃん at 2006年11月13日 22:27
>アンジェリーナさん、ふれでりくすさん、shooterさん、
 そうですよね。「いじめられる方も悪い」と言う人もいますが、私はそうは思えないんです。加害者の責任について論議はタブーになんでしょうか? みんなが遠慮しているみたいに感じられてしょうがありません。

 教育現場で正義が通用しないというのは大問題で、陰湿なイジメによってそれを実体験させてしまうというのは今後の人生にも大きな影響があると思います。

 いじめられる側やいじめる側だけの話じゃありません。見て見ぬ振りをする子たちだって、積極的にコミットするよりも傍観しているほうがラクだしトクだって思っている訳で、こういう子たちも矯正しなくてはなりません。

 傍観している子供たちが正義とは何かを考えて行動するような教育が必要なはずですよね。このままいくと「長いものには巻かれろ」って人間ばかりになってしまいそうで不安です。

>あきちゃん
 ご要望どおり編集しました。
Posted by らくだ at 2006年11月13日 23:41
こんばんは。
どんな事件でも「加害者がいなければ犯罪は起きない」のですから、”被害者の落ち度”というのは言うべきではないと自分は思っています。
いじめについても同じで、いじめられても仕方ない、ということは絶対にありえないと思います。
ただし、いじめられるから自殺しても仕方ない、ではないということ、そんなことしたら、あまりにももったいないし、残念だし、卑怯なんだよ、とは伝えないといけないのではないかと思っています。
いじめた側に厳罰というのも、おそらく大小さまざまな事件をさばかないといけない現場ではかなり困難ではないかと思います。
「○○と言われた」とか「パスが集中した」ということでじゃあ厳罰なのか、と。
「その辺は常識の範囲で判断せよ。」じゃ現場は回らないでしょうし、「訴え○回でアウト」でもないでしょうし、結局は学校・教師の資質次第。
今の現状ではそれがきっちり揃うことは期待できず、どう動いても叩かれるでしょう。どうしたものなんでしょうね。
今はとにかく、自分の子供に「自分の権利も他人の権利も同じく大事にしないといけない。」「自殺してはいけない。」「それに子供の頃必死で悩んだことでも大人になったら笑えることもたくさんなるのよ、お母さんもそうだったわ〜」と言うしかなぁと思っています。
Posted by とら at 2006年11月14日 00:43
 日曜日、子どもが「トゲトゲ言葉は悪い言葉、死ねとか馬鹿とか悲しくなるから言っちゃダメ。ふわふわ言葉はやさしい言葉。大好き・大丈夫だよはうれしくなる」
 いきなり言い出してきました。
幼稚園で習ったそうです。
 思いやりを育てるのは難しいものですね。
 
 人を思いやる心が一番大切 それを伸ばすため苦労しています。
 
 

 
 
 
 
 

 
Posted by ちゅん at 2006年11月14日 08:12
「イジメ自殺報道を注意深くウォッチしているわけじゃないので自分が気づいていないだけかもしれないけど、一連の報道で加害者(いじめる側)への処罰やその保護者の責任を云々する声はほとんど聞こえてこないのが不思議でしょうがない。」
・・・・・そうなんですよ。いじめた本人やその親の責任を問わずに学校の責任だけを問うような報道しかされていないのが不思議です。そんなに教育基本法を改正したいのかなと考えてしまいます。

いじめをなくすには、いじめは絶対許さないという意識を全ての人々が持つことです。なぜ「全ての人々」かというと子供の世界だけでなく大人の世界でもいじめはありますから。それに今の時代に限らず、昔からいじめはありましたからね。軍隊内でのいじめがあまりにひどかったので天皇直々に「いじめはやめなさい。」という命令を出したぐらいですからね。それでも軍隊内でのいじめはなくならなかったという話を聞いています。いじめは昔から延々と存在するのです。だからこそ、全ての人々が「いじめを許さない」と意識して「いじめを許さない社会」を作っていかなければならないのです。いじめを許さない雰囲気を作ることがいじめ撲滅への第一歩なのです。ところで、「いじめ」を「犯罪」に置き換えると「犯罪を許さない社会」になりますね。いじめ撲滅への取り組みは犯罪撲滅の取り組みに学ぶところが多いかもしれませんね。

自殺は「死に損」。
Posted by ハググ at 2006年11月14日 22:33
>とらさん
 集中してパスをしたとかチビと言われたなどというのは、第3者が聞いたり読んだりしても正直いってイジメという実感は薄いです。個々の行為はともかくその裏側にあるイジメの心理にどう対処するか、学校教育だけに期待するには無理がありそうです。家庭での親子関係なども見直す必要があるのではないかと思っています。

>ちゅんさん
 幼稚園でそんなことを習うのですか。自分のときとは隔世の感があります。そのやさしい心をそのままに大きくなっていってほしいですね。素敵な話をありがとう。

>ハググさん
 いじめられた経験のある子は、のちにいじめる側に回りやすいという統計があるそうです。いじめられる側は「正義なんてないのだから、いじめられる前にいじめないと…」みたいな考えになってしまうのかなぁ。なんだかとても悲しいです。

 報道をみていると、いじめっ子とその保護者に対する妙な遠慮みたいなものを感じてしまいます。もっと正面から取り組まないとどうにもならないところまで来ちゃったような気がするんです。
Posted by らくだ at 2006年11月15日 22:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27339965
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。