2006年10月27日

必修科目

 全国の高校で必修科目を履修していなかった問題がやけに注目されている。つい先日までクローズアップされていた「いじめ問題」がかすんでしまったかのようだ。でも、学校数をいちいちカウントアップするような大問題なのかどうか疑問だ。

 最初に発覚したのは世界史だったと思う。自分の学生時代を振り返ってみると、中学でも高校でも同じだったな。先生は最初は張り切っていて四大文明なんて丁寧にやるわけ。どの川にどの文明がとか、使っていた文字がどうのこうのとか模造紙に書いて黒板に張ったりしていた。そのうち段々手抜きになってきて中世あたりは中だるみ。

 産業革命か第1次世界大戦のあたりで年度末が迫り、先生に「あとは自分たちで教科書を読むように」とか言われて尻切れトンボ。日本史も同じく縄文時代弥生時代とかはやたら詳しくやって日露戦争のあたりで時間切れになった。

 歴史を習うのだったら、古代史よりも近現代史を習った方が役に立つのにな〜と思ったのは社会人になってからだった。今はちゃんと近現代史もやれるような時間配分になっているのかな。

 それから倫理の授業で習ったことなんて現段階で何も役に立っていない。授業では倫理とはまったく関係のなし先生の自慢話が6割、哲学者の思想のエッセンスが4割というところだった。通り一遍の説明で哲学が理解できるほど賢い生徒には楽しい授業だったかもしれないけど、私には苦痛でしかなかった。絵心のない私は美術の授業もよくサボったなぁ。

 だから自分の経験を振り返ってみると、世界史や倫理や美術の授業を受けなかったからって別に…という感じだ(といっても受験で世界史を選択したのだが)。本当に身につけなくてはいけないのだったら、それこそ大学入試や就職試験で出題するべきなんじゃないだろうか。高校の学習指導要領をざっと見てみたらかったるい内容だった。こっちを見直すべきかもしれない。 

 今回の問題が今年度に入ってから急に全国に広がった現象とは考えられない。今年の卒業生だってたぶん同じだったはず。今の時期になって発覚してしまった学校の3年生には心から同情する。それにしてもこの問題が明るみに出たのって何がきっかけだったんだろう? 急浮上したのがどこか不自然に思えてならない。
posted by らくだ at 22:57 | Comment(8) | TrackBack(0) | 国内ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 よほどのスクープじゃない限りテレビで報道されるときはもう末期ガンのようなものじゃないのかなぁ〜

 たまたま私はファションの業界にいますけどテレビで「コレがいま流行の〜」って騒いでる頃はもうピークはとっくに過ぎてます。
 ちなみに私もこの業界ながら美術はダメ
。ダウンタウンの浜ちゃんの絵を見ると「わかるなぁ〜」と思います。
Posted by master at 2006年10月28日 05:42
日本史でも明治維新あたりで終わりか、時間がなくてすっ飛ばしですよね・・・
最近お隣の国の方々といろいろあるけど、そのあたりの知識がなくて言いなりになっているような気がします・・・・
Posted by あるる at 2006年10月28日 05:58
>masterさん、あるるさん
 古代史から中世ぐらいまではサッと流して、市民革命あたりから丁寧にやるといいような気がします。

 歴史じゃ911テロなんて入らないのだろうけど、テロがあったところからさかのぼって十字軍の歴史をやればもっと頭に入りやすいし。それで生徒をイスラム側とキリスト教徒側の2グループに分けてディベートさせたりするの。

 今になってみると、そういう授業を受けたかったです。暗記じゃなくて考える力をつけられる授業。急遽設定した補習授業で知識を無理やり詰め込んでも、自分のものにはなりませんよね。
Posted by らくだ at 2006年10月28日 10:16
おっしゃる通りと思いますが、あれは意図的に近・現代史をやらないんだろうと思います。やれない、といった方が正解かも知れません。
Posted by CHARADE at 2006年10月28日 15:17
今回の問題のそもそもの責任は「ゆとり教育」を導入した文部科学省にあります。

・一 週休二日制の導入により授業時間が減ったこと
(土曜日の授業数は3時間だから 30週だと30×3=90で年間90時間の授業が減った 40週だと40×3=120で年間120時間の授業が減った 土曜日の3時間の授業が文部科学省によってけずられていなければ30週でも90時間の授業時間があるのだからこの90時間をあてていれば未履修の授業時間が確保されていたわけですね)

・二 土曜日の授業がなくなって授業時間が減ったのに新しい教科を増やしたこと 例、「総合学習」
(この総合学習といった教科自体の試みは評価します。しかし、新しい教科が増えれば当然他の教科の授業時間が減るわけで、ただでさえ土曜日の授業時間が減って生徒たちに教える時間が確保できない状態になっているのに、文部科学省はさらに追い討ちをかけたのです。だから、学校側は夏休みなどの休日を短くして授業時間を確保したり、1時間目の授業の前にもう1時間授業時間を確保したりしてなんとかやりくりしているわけです。そういうひっぱくした状況なのです。これが現実。ゆとり教育でゆとりを得たわけではなく、どこかにしわ寄せがいっているのです。)

・三 文部科学省が描いた「ゆとり教育」は机上の空論
(それぞれの参考リンク先で日記の内容とそこに書いてある私のコメントを呼んでください〜。
http://blog.drecom.jp/youconntakut/archive/2920#comments

http://blog.drecom.jp/youconntakut/archive/2929#comments



今回の件は文部科学省が推し進めた「ゆとり教育」の成果の一つです。根本的な責任は「ゆとり教育」の間違いを認めない文部科学省にあります。
Posted by ハググ at 2006年10月28日 22:26
らくださん、連続書き込みでごめんなさい〜。

「急浮上したのがどこか不自然に思えてならない。」
・・・・・政治的な狙いがあるのかも〜。なぜなら、今回の件にしろいじめ問題にしろ学校に対して悪いイメージしかわかないニュースばかりではないですか。「教育の現場はどうなっているんだ(怒)。」という世論を作り出していろいろと都合のいい教育改革をしたいのかと勘ぐってしまいます〜。印象操作?偏向報道?私がそのように考えるのは福岡県筑前町の中学二年男子生徒による自殺事件でマスコミのほとんどが学校や教師のことばかり伝えて下記リンク先の内容を伝えずにいたからです。本当に不自然ですね。

http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20061022&j=0022&k=200610220665
福岡中2自殺 いじめ集団1年前からしつこく 死後「せいせいした」

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/833212.html
【福岡・中2自殺】 「あいつ死んで、せいせいした」 いじめ同級生、自殺生徒の葬儀で笑いながら何度も棺をのぞきこむ
Posted by ハググ at 2006年10月28日 23:12
らくださん、ご無沙汰しています。
高校の履修漏れ問題大きくなりそうですね。ゆとり教育とか聞こえは良いけど
結局は、先生が楽になり、そのつけが
生徒に廻ってくるんですよね。

歴史授業の進み具合は何処も同じみたいですね。
改めて受けるとしたら、1989年の天安門事件、ベルリンの壁崩壊等の東欧民主化を
じっくり習いたいです。
この年って世界にとって一つの節目ですよね。





Posted by さとる at 2006年10月29日 17:11
>CHARADEさん
 そうですね、現代史をやればまた歴史認識がどうとか騒ぐ人たちが出てきて大混乱しそうですものね。当たり障りのないところだけやっておけば面倒くさいことになりませんよね。

>ハググさん
 インドにいたとき、クラスメートが2桁の掛け算を暗算でしていて驚きましたが、子供の時に覚えたそうです。大学の授業は先生の言うことを一言一句もらさずノートに書き留めるんです。友達にボールペンを貸すとインクがググッと減って帰ってくるのが分かりました。

 日本でも最近になってインド式の学校ができ始めて日本人の子供が通っているとか…。ゆとり教育のゆり戻しでしょうか。

>さとるさん、
 私の友人の先生の話。土曜日も授業があった以前は夏休みに1週間や10日の旅行ができましたが、週休2日制になってからは夏休みも毎日出勤するようになったそうです。「生徒もいないのに何やるの?」って聞いたら、「雑務と時間つぶし」と言われました。

 ベルリンの壁の崩壊は私も「自分の生きた時代が後世の歴史教科書に出るんだぁ!」とテレビを見て歴史の現場に居合わせたような気分になりました。
Posted by らくだ at 2006年10月29日 17:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。