2006年10月01日

もうひとつの誕生日

 インターネット上で「らくだ」を名乗って自分の居場所を築いてから、今日でちょうど4年になった。この「ひとりごと」も、ブログを利用し始めたのこそ2004年の2月からだけど、ウェブ日記として書き始めたのは4年前の今日からだ。

 この1年間、いいことも悪いこともたくさんあった。それまでの3年間をひとまとめにした以上の波乱万丈の年だったな。去年の8月にホームページの寿命はどうも3年らしいという記事(詳しくは昨年8月29日付の「ホームページの寿命」を参照)を書いた通り、3周年を過ぎたところで過去最大のピンチが訪れた。

 1年前に書いた記事を振り返ってみると、私の危機は3番の「疲労困憊型」だった。そもそも私はそんなに人付き合いがいいわけじゃなく、ネット上での馴れ合いには全く不向きの人間。そこへ親の入院という特殊事情も加わって精神的・時間的な余裕がなくなり、ホームページの掲示板は管理が疎かに。常連の馴れ合いを見かねたROMの人が苦言を呈したところで掲示板は修羅場と化し、一時的とはいえ見事につぶれた。

「ネット友情」のもろさを味わって激しく落ち込んだ。一時はこの「ひとりごと」を含めてウェブサイトを全部消して「らくだ」を抹消しようと思ったぐらいだ。昨年秋からもう1つのブログを試験的に始めて年末まで続ける予定だったから、それに合わせて年末でキレイさっぱり消えようと画策。次はワニになろうか、あるいはトカゲとかカバでもいいかもしれない…なんてかなり本気で考えていた。疲れてしまって、たくさん泣いた。

 結局「らくだ」であり続けることにしたのは、毎日のように励ましのメールを送ってくれた仲間たちがいたり、もう1つのブログが軌道に乗って短期間でやめにくくなったり…ってだけじゃない。「らくだ」をやめてワニやトカゲになっても、3年もたてばまた疲労困憊してしまうことは目に見えていた。自分が変わらない限り、何になったところで結果は同じだ。

 考えてみると、私が最高に苦手なのは「空気の読めない人」の相手をすることにほかならない。悪意のある人や無礼な人なら無視すればいい(この夏は一晩で300通メールを送ってきた猛者もいた)。ところが、空気の読めない人というか、空気を共有できない人というか、波長の合わないだけの人っていうのは、悪気はないだけに相手をするのが難しい。

 悪意はないのだから無難な対応をしなくちゃ、とは思うのだが、どう反応すればいいのか分からない。1つレスをつけるのに何十分も考え込む毎日で、恐ろしく消耗していた。今考えるとバカみたいだ。

 そんな無駄な努力は掲示板がつぶれた昨年11月でスパッとやめた。そもそもネットでの活動は商売じゃない。周囲の雰囲気に飲まれて「1人でも多くの人が来るサイトがいいサイト」だと思い込んでいたけど、私はもともとどこかズレた人間だってことを忘れていた。アクセス数なんてこだわらない。空気を共有できる人が来てくれる弱小サイトで十分なのだ。

 4年目にしてようやく分かってきた。ネット上で長生きするコツは等身大の自分以上の「イイ人」を無理に演じないことだ。かといって、逆方向に振れすぎると「イタイ人」といわれて叩かれたり炎上したりするからバランスが大切。

 それでもちょっと大変なので、サイトを少しリストラしようかと考えているところだ。
posted by らくだ at 16:27 | Comment(8) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4歳の誕生日おめでとうございます。
同じことを4年間続けるって結構すごいことです。小さい時からの習い事とか今思い出しているんですが、4年間続けたものってないですね。
らくださんのブログは、うんうんうん、そうそうそう、とうなづくことばかりです。価値観というか、波長がぴったりなんです。なかなかいないものです。
学ぶことも結構多いです。
だから私はこれからも多分ずっと読み続けるんだと思います。

Posted by 翠 at 2006年10月01日 21:04
こんにちは。ご無沙汰しています。

 私のブログはもうとっくにそんな努力はしていません(苦笑)。と、いうかネットもそうだけど現実世界のほうにも力を注ぐべきことが多いことが判って来たからです。ネットの力を軽視するわけではないですが、実際のところそれをどうするかは人間の行動力しだいですから。

 それはさておき、らくださんにしても、「席をゆずらなかった若者」からブログへのスタンスはまったく変わっていないと思います。こういう御時世だから、みんな右倣えでブームが去るのが早いです。だから本当に残るのは、気心が知れた人なんでしょう。無理せず、自分のペースで続けてください。
Posted by ふれでりくす at 2006年10月01日 21:09
個人のサイトを始めたのが1998年の12月なので、もう8年です。長続きのコツは張り切らないことですかね。やりたい時にやりたいことだけやって、やりたくないことはやらない、やらないことに罪悪感を持たない。趣味なんですから。

Posted by CHARADE at 2006年10月01日 21:20
>翠さん
 ブログって寿命が短そうです。始めたころに知り合った人たちのブログはほとんど削除あるいは放置状態です。

 私は気まぐれで飽きっぽい性格なんです。でも、何のしがらみもなく書けるこのブログは一種のデトックス効果があるので、サボりながらも続けていくと思います。気が向いたときにふらっとのぞきに着てもらえれば嬉しいです。

>ふれでりくすさん
 ネットの私とリアルの私を使い分けているつもりは皆無なんですが、このブログに関して言えばたぶん本当の自分に一番近いと思っています。誰かを不愉快にさせるかもしれない、なんてことは一切考えず、気の向くままに書いていますから。

 そんなわけで、リアルの友人にはあまりこのブログを読んでもらいたくないかも…。いえ、読んでもらうのはいいんですが、実際に会ったときにいちいち突っ込まれると恥ずかしくてどうしていいか分からなくなっちゃう。

 私のスタンスは変えようもなく、「席を譲らなかった若者」を書いたときは「なんでみんないきなりやってきて、そんなに熱くなるの?」ってすごく不思議でした。なんだか私だけカヤの外って感じで。

 リアルの友人は「大切なことを話すとブログに書かれちゃうから秘密にしておく」なんて、みんな口が堅くなっちゃいました。

>CHARADEさん
 8年ですか。大先輩ですね。張り切らないこと。まさにそれですね。義務感を捨てて、好きなようにやろうと思います。

 商用サイトでもないのに、無理してサービスすることばかり考えていたら、つぶれて当然ですね。去年の年末は「出会い系サイトをやっている訳じゃなし、嫌われたっていいじゃない」って自分に言い聞かせていました。これからは、さらに気楽に行くつもりです。
Posted by らくだ at 2006年10月02日 22:40
あれは仕方なかった
黄色い人は悪意まみれ
あんたのサイトをつぶす気満々だった
周りいたネチケットのかけらもない連中が
こぞって黄色の味方をしたのに俺も引いたよ
Posted by 事情通 at 2006年10月03日 20:59
そうそうそんなときはラクダじゃなくて
「砂漠の砂」になっちゃいましょう。
Posted by mastar at 2006年10月04日 06:09
「考えてみると、私が最高に苦手なのは「空気の読めない人」の相手をすることにほかならない。」
・・・・・ふつう私たちは自分と気が合う人たちと親しく付き合い、気が合わない人たちとは疎遠になって付き合いがなくなるわけですが、困ったことにインターネットの世界ではそのようにはいきません。インターネットの世界だと現実の世界のように相手を選べません。訪れた所が自分と合わなければ何もしないで自分が立ち去ればいいわけですが、自分の所に自分と合わない相手が来るのは避けようがありません。訪問者であるその相手次第で、何事もない場合もあるし、何らかのトラブルが起きてしまうこともあります。価値観も考え方も人それぞれで一人一人異なります。そのせいか現実の世界ですら様々なトラブルが世界中で毎日当たり前のように発生しています。人と人とが直接顔を合わす現実の世界ですらトラブルが日常茶飯事な状況です。ましてやインターネットの世界では、コンピューターに向かってキーボードを叩くだけでお互いに面識のない人と交流するわけですから、トラブルは必然と受け止めるしかないと考えます。価値観も考え方も人それぞれである以上、もはやトラブルは宿命。起こる時は起こる。自分が傷付くだけ損。それならば、これまでのインターネットでの自分の経験からトラブルが発生した時にはどのように対処すべきかあらかじめ決めておくしかないと考えます。トラブルが起きた時にどれだけ自分が傷付かずに冷静に対処して治療するかがポイントだと考えます。そして、自分が傷付かずに冷静に対処するにはマイペースを維持(通常の自分である平静な状態を維持)することが重要です。


らくださん、疲れた時にはこの言葉を思い出してください〜。

「らくださん、リラ〜ックス♪〜。」
Posted by ハググ at 2006年10月04日 13:50
>事情通さん
 一部始終をご存知のようですね。あれが今起きていたら、絶対につぶれていました。もう1つのブログが目標の1年間続いたところですし。だから、「らくだ」が生き延びるためには、波乱の起きた時期は最適だったかもしれません。

>mastarさん
 「砂漠の砂」のほうが動物よりも気がきいていますね。私は「らくだ」をやめられないんだなぁと漠然と思いつつも、まだ覚悟ができていません。

>ハググさん
 これまでに何回ハググさんから「らくださん、リラ〜ックス♪〜」って言われた(書かれた?)かなぁと思ってクスって笑ってしまいました。

 そう、ネットの世界って自分の居場所を作ると逃げられなくなっちゃうんです。最初はそんなこと全然考えずに始めてしまいました。ほとんどの人は同じでしょう。1対1のメールなら3往復もすれば大体その人の考え方が分かって積極的に人間関係を構築してもいいか判断できるつもりなんですが、オープンスペースでのコミュニケーションは難しいですね。

 一時は私の疲労困憊ぶりを見かねた複数の友人からミクシィへの移転を勧めらました。私も検討したのですが、どうも向いてなさそう。結局は「自分の弱さを認識しながら開かれたネット上の世界で細々と活動する」ことを選びました。
Posted by らくだ at 2006年10月05日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。