2011年12月31日

1年の最後に

 2011年が通りすぎていく。オタオタしているうちに終わってしまう。自分がいかに役に立たないかを実感した年だったし、「今のこの時代を日本で生きている意味」なんてことを柄にも無く考えた年でもあった。

 友人が教えてくれた嬉しいニュース。台湾のネットユーザーが選ぶ「2011年の嬉しかった十大ニュース」の1位に「震災後の台湾からの支援に対して日本人が感謝してくれたこと」が入ったという(中国語の元記事はこちら)。

 日本のネットユーザーにアンケートをとったら「震災後に海外から支援してもらったこと」がたぶん1位になると思う。

 他人の厚意に対して感謝を示すのって当然のことだと思うのだけれども、心にそれだけのゆとりがある人は少なくなっていると思っていた。だから、「謝謝台湾計画」を知ってブログで協力を呼びかけた際、友人など2、3人が協力してくれればいいなぁ程度の思いだった。それが分かっただけでも20人近くが協力してくれたという。みなさん、その節はどうもありがとうございました。

 こちらの感謝を喜んでもらえるって理想的だ。自分の行動は遅かれ早かれ結局は自分に帰ってくるのだと、ここ1、2年の間、いい意味でも悪い意味でも実感してきた。因果応報とか自業自得とかいうやつだ。

 人間て本当に都合よくできている。他人に何かしてあげたことはよく覚えているのに、他人からしてもらったことはすぐに忘れてしまう。一方で、他人からされた(悪い)ことはいつまでも根に持つのに、他人にした(悪い)ことは覚えていない。これが逆になれば、毎日をさぞかしラクにすごせるだろうに、聖人君子じゃないからそれが難しい。少しでも理想型に近づけたい。

 ではみなさま、ブログの更新をサボりがちですみません。今年もありがとうございました。良いお年を。
       
             
posted by らくだ at 18:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早く復帰して欲しいなぁ〜
Posted by haru at 2013年12月07日 23:52
未だに、時々お邪魔しています。
復活を待っている一人です。

お元気でいらっしゃるのでしょうか?
Posted by yomo at 2016年08月19日 17:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/243627619
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。