2011年10月28日

十津川村の公衆浴場3軒が11/1再開

 台風12号の被害を受けた奈良県の十津川村で温泉の復旧が進み10月25日には十津川温泉に揚湯ポンプを設置された。11月1日には村内の3カ所の公衆浴場(わらびお公衆浴場、泉湯、滝の湯)が営業を再開する(10月28日付の十津川村観光協会公式ブログ)。いずれも11月末まで入浴無料。復旧おめでとうございます。庵の湯と憩いの湯の再開も近いかな?

 観光協会公式ブログの10月26日付記事によると、十津川温泉の旅館・民宿は11月中旬頃の再開を目標にしているとのこと。もう少しだ。

 台風12号の被害をきっかけに当ブログのコメント欄で「まくしみり庵」さんに教えてもらった「新十津川物語」を読み始め、少しずつ読み進めてただいま9巻を読んでいるところ。舞台は奈良の十津川村から北海道、樺太まで広がる壮大な物語で、北海道開拓史はもとより日本の近代史を知る上でもとても興味深い内容。全部読み終わる前に復旧の目処がついて安心した。

【追記1】読売新聞によると、国道168号は10月30日に復旧し、十津川温泉の旅館・民宿は11月11日に営業を再開する見通し。(10月29日更新)

【追記2】実際には「わらびお公衆浴場」は10月30日に営業を再開した。「憩いの湯」は11月1日に再開し、残すは「庵の湯」だけになった。寸断されていた国道168号も一部で片側通行などの条件はあるものの、10月30日から一般車両が通行できるようになった。(11月5日更新)
    
         
posted by らくだ at 17:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 温泉・温浴 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
らくださん、大変ご無沙汰しております。
単純硫黄泉です、憶えていらっしゃいますか?

毎日サイトを覗きながら、BBSが再開されるのを期待しておりましたが、“ひとりごと”はこうした形で続けておられたのですね。
これからは、こちらにも時々お邪魔します。

さて、ラクダさんも夏に訪問され、9月初旬に台風12号による豪雨で甚大な被害を受けた十津川村。
応急的な復旧作業が完了し、11月1日の公衆浴場に続き、11日に旅館・民宿も再開との報を受け、一昨日に訪問してきました。

国道168号線を南下中、“深層崩壊”と分析された大規模な土砂崩れ、下半が大きく削り取られた河畔の状況などを目の当たりにして、自然災害の凄まじさを改めて思い知らされました。

入浴させていただいたのは、らくださんも利用された滝の湯とわらびお公衆浴場。
その様子などは、拙サイトで昨日触れておきましたので、宜しければお立寄りください。
Posted by 単純硫黄泉 at 2011年11月14日 23:23
単純硫黄泉さん

お久しぶりです。そうなんです。ここで細々とブログを書いております。といっても、温泉の話題はあまり多くありませんが。

本日、台湾旅行から帰ってきたばかりなので、落ち着いたら単純硫黄泉さんのサイトを拝見させていただきますね。
Posted by らくだ at 2011年11月15日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。