2011年07月07日

婆ちゃんからの定期便

IMG_5048.jpg

 このブログ読者にもファンの多い?台湾の春子ばあちゃんがウーロン茶を送ってくれた(婆ちゃんのことを知らない人は昨年3月10日付の「2人の陳さん」を参照)。別に約束したわけでもないけれど、こちらからはアリナミンの錠剤、婆ちゃんからはウーロン茶を数カ月に1回、お互いに送り合っている。

 今回、婆ちゃんはお茶を5月3日付の自由時報で包んで送ってくれた。例の「謝謝台湾計画」で台湾への感謝を伝える新聞広告が載っているページだ。電話で話した際にあれほど「私はもう持っているから、心配しなくて大丈夫」と言ったのに…。たぶん婆ちゃんは『こちらに気を使っていらない振りをしているに違いない』と気を回して送ってくれたらしい。こういうところがいかにも昔気質の日本人メンタリティだ。

 お茶とアリナミンもお互いに「もう送ってくれなくていいから」と言いつつ、自然と数カ月おきに送り合っている。届いてから送るというよりも、行き違いになっているとしか思えないことも多い。今回もこちらから普通郵便でアリナミンを送った2日後にお茶が届いた。

 気がつくと、私の手元には5月3日付の自由時報と聯合報がけっこうある。台湾まで新聞を買いに行った?友人が現地からEMSで送ってくれたのを皮切りに、いろいろな方がポロポロと送ってくれた。一人で抱え込んでいるのはもったいないと気付き、職場で複数の紙面を手に入れて送ってくれた台湾の知人から再配布の許可を取り付けた。

【下記は既に締め切りました】


 というわけで、5月3日付の聯合報か自由時報が欲しい方がいらしたら掲載面を郵送します。希望者はメールにてお問い合わせください(ただし、紙面に折り目があったり、縁が切れていたりしても構わない方で、送付先の住所を教えていただける方のみ)。メールアドレスは右側の下の方、amazonのバナー下に掲載)。先着順の若干名限定なので、最初の問い合わせメールには送付先を書かないでください。
         
posted by らくだ at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/213764244
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。