2006年06月22日

「決定力不足」

 前回のエントリーで、山口光市で起きた母子殺害事件の犯人に最高裁が自判で死刑判決を下さなかったことを「決定力不足」と揶揄した。これまでこの事件について少なくとも1回は書いた記憶があるものの、「犯人に死刑を!」と書いたことはない。このブログの存在を知っている数少ない友人の1人からそのヘンのところを突っ込まれたので考えてみた。

 やはり私は「何がなんでも犯人を死刑にしろ!」とは断言できない。できれば犯人にはシャバに出てきて欲しくないというのはある。日本には終身刑がないから死刑もしょうがないのかなぁと思う。いわば「消去法的賛成」ってやつだ。

 なんでこんなに消極的かっていうと、犯人が友人(テレビではマブダチと表現していた)に送った手紙が週刊新潮に出て、世論と裁判に少なからぬ影響を与えたせいだ。要するにこの犯人は自分の友人に売り飛ばされたってわけだ。

 極悪非道な殺人犯なら私信をあのように転載してもいいのだろうか。是非の線引きはどこにあるのだろう。私にはそれが分からないからモヤモヤしている。

 下世話な私はついつい『情報提供者には新潮社からかなりの金額の情報提供料が転がり込んでいるんだろうな』などと考えてしまう。自分は安全な場所にいて、仲間を売り飛ばすっていう行為がどうも引っかかってしまうのだ。このマブダチは自分のしたことに満足しているのだろうか。ちょっと聞いてみたい。

 「犯人を死刑にしろ!」と言い(書き)切れない私こそ、「決定力不足」かつ優柔不断な女だ。
posted by らくだ at 18:55 | Comment(7) | TrackBack(0) | 国内ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

この事件、非常に難しいですね。死刑にするのは簡単、しかし被告を死刑にすればすべて終わるわけでもない、死刑にしなければまた論争が巻き起こる。いずれにせよ、一瞬にして家族を奪われた被害者の心の傷は消えることはないわけですから。

 これから裁判員制度が始まると自らの手でこのような場面に判決を下さなければいけないのでしょう。その時、自分は何を拠り所にすればいいのか、そういう基準をもたなければいけないのかな、と思ってもいます。

ちなみに今回のこの事件、私も「消去法的賛成」です。生まれて間もない生命を奪う権利もありませんし、少年にいかなる贖罪をさせても遺族の苦痛を和らげることなどできないのですから、どうすることも出来ない以上、止むを得ないのかも知れません。
Posted by ふれでりくす at 2006年06月22日 20:13
「やはり私は「何がなんでも犯人を死刑にしろ!」とは断言できない。」
・・・・・ケースバイケースですよ。死刑が必要な場合もありますし、不要な場合もあります。乱用は許されない。けれども必要な場合には適用する。そのための死刑制度です。

ただ、現在の日本の治安の悪さからすると死刑は必要不可欠です。おかしな人間や考える力のない人間がここまで増えてしまっては必要不可欠です。それに、更生の余地がどうのこうのという前に命でしか贖えない(あがなえない)場合もありますし。

世の中の全ての人が善人ならともかく悪人が存在するいじょう死刑は絶対必要です。死刑制度を廃止させようとしている人たちは、自分自身が被害者になっても死刑制度廃止と主張を貫くことができるのでしょうか。自分の大切な人、家族、友人、同僚が被害者になっても死刑制度廃止と声高に叫ぶことができるのでしょうか。自分自身や自分にとって大切な人が被害者になった時に初めて己の間違いに気付くのだと思います。犯人の人権を主張する前に被害者の人権を尊重しないといけないのに。死刑制度に反対している人はその根本的な部分を忘れているのでしょう。

今回の「山口光市で起きた母子殺害事件の犯人」には死刑しかないですね。前にも書き込みましたが、この事件で犯人が死刑にならなければ日本の裁判は終わっていると言っていいでしょう。なぜなら、一審と二審の裁判所の判決は「自分勝手な欲望のために未来ある善良な国民を二人殺しても、たった7〜8年(無期懲役)で鬼畜の犯人を社会に戻す。」ということですから。社会のルールを守る国民の命二つ分が犯罪者の7〜8年と同等だという判決でしたからね。犯罪者の人権をかばって被害者の人権をないがしろにするような判決は誤審としか言えません。



さてさて、話は変わりますが下記リンク先のようなものを見つけました〜。これは、結構役立つかも知れませんのでらくださんもぜひどうぞ。地図はグーグルマップと同じように使えばいいです。地図をクリックすると線が結べます。そして、右側に距離が表示されます。また、下記にある空欄に体重やランニング時間を打ち込むと色々表示されます。詳しくは右上にある「?」の取扱説明を見てくださいです〜。
http://masa.moto84.com/running/jogsim.htm
Posted by ハググ at 2006年06月23日 00:24
>ふれでりくすさん、ハググさん
 すみません、レスは明日(24日)になります。お待ちくださいね。
Posted by らくだ at 2006年06月23日 22:30
>ふれでりくすさん
 そのうち導入される裁判員制度では、このような重大犯罪は扱わないと聞いた記憶があります。

 仮にこの裁判を扱うとなったら、たとえ消去法的であっても賛成せざるを得ないのでしょうね。

>ハググさん
 私はこんなダラダラ系のブログ上でも、ある人物(たとえそれが極悪犯であっても)の生命の終結に訴えることはできそうにありません。宗教的なものはありません。何なのかな、それが私の弱さなんだと思っています。

 だからハググさんみたいに、理路整然と主張できる人は素直に尊敬しますし、もし私が裁判員として判断を求められたら、たとえ消去法的であっても賛成は賛成なんですよね…。

 教えていただいたジョギング用マップ、活用させていただきます。日々のジョギングの距離が思っていたよりも短くてちょっとショックな私でした。
Posted by らくだ at 2006年06月24日 23:18
「私はこんなダラダラ系のブログ上でも、ある人物(たとえそれが極悪犯であっても)の生命の終結に訴えることはできそうにありません。」
・・・・・人それぞれです〜。らくださんにはらくださんの考え方、私には私の考え方があるのです〜。大量生産された同一型のロボットと違って私たち人間は外見も中身も一人一人異なります。当然、考え方も人それぞれ違うのです。だから、あまり気になさらないでください。らくださんはらくださんのままでいいのです〜。

「だからハググさんみたいに、理路整然と主張できる人は素直に尊敬します」
・・・・・ちょっと照れてしまいました〜(笑)。他人に迷惑をかけない、自分がされたら嫌なことは他人にもしない、そういう当たり前のことを守ることができない自分勝手な人が増えてきたから今の日本はこんなに物騒になってしまったのでしょうね。逆に言えば、他人に迷惑をかけないで他人の人権を侵害していないから自分の人権も守られているわけですが。そういった点から考えてみても、山口光市で起きた母子殺害事件の犯人みたいに自分勝手な人は、他人の人権を侵害した分に相当する報いを受けなければならないのです。そのような身勝手な人物に同情はいりません。自分勝手な犯人が自ら他人の人権を侵害しただけです。自業自得です。そもそも犯人が最初から他人の人権を侵害しさえしなければ良かっただけのことです。他人の人権を侵害しないことで己の人権も保障されているということに気付いていない人が増えてき過ぎなのかもしれません。それともこの事件の犯人みたいに根っからの悪人が増え過ぎなのか。やれやれ、物騒な世の中になったものです。玄関に鍵もかけず、さらに窓も全部開けっ放しで当たり前のように外出できていた頃がなつかしいです〜。あの平穏な時代はもう二度とやってこないのでしょうね。

「裁判員制度」
・・・・・試しにやってみたら、最初は有罪と主張していた裁判員たちも「決定的な証拠がないので無罪。」という意見に流されて無罪判決になったそうです〜。そんな記事を新聞で見て私が思ったこと(次の段落)。

「(有罪を決定づける)決定的な証拠がないので無罪。」というのは
「(無罪を決定づける)決定的なアリバイがないから有罪。」というのと同じ。
二つの矛盾する条件は同時に成り立つ。
つまり、「決定的な証拠がないので無罪。」なんて意見は間違った意見。
そのことになんでその時の裁判員は誰も気付かない?
人を裁くという重圧に耐え切れずに判断に迷いが出たということかな。そもそも事件では、犯人を決定づける直接の証拠が残らないことだって多いのに。間接的な証拠を何個も組み合わせて犯人を特定するのに。こんな判決になるようでは、無罪放免された犯罪者が同じ事を繰り返して日本はますます犯罪者がはびこってしまうのでは。なんだか心配。

そのような事を考えていました〜。


「ジョギング用マップ、活用させていただきます。」
・・・・・お役に立てて私も嬉しいです〜。

長々と書き込みしてしまってごめんなさい〜。
Posted by ハググ at 2006年06月25日 22:50
>ハググさん
 裁判員制度を試しにやってみたら、ってこの事件についての話ですか? 読んでみてなるほど、いざ自分が裁くとなると腰が引ける人がいるのも分かるなぁと感じました。

 その半面、最近こんなことを思うのです。その昔のハンムラビ法典でしたっけ、「目には目を。歯には歯を」っていうやつ。なんか野蛮で残酷みたいなイメージがありますが、大昔の人はちゃんと犯罪抑止を考えていたんだなぁって。
Posted by らくだ at 2006年06月26日 22:48
「裁判員制度を試しにやってみたら、ってこの事件についての話ですか?」
・・・・・この事件とは全く無関係です〜。その記事を処分したみたいなので詳細は書き込めません、シクシク(泣)。

「ハンムラビ法典」
・・・・・本当にそうですね〜。
Posted by ハググ at 2006年06月27日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19674351
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。