2011年04月19日

台湾の新聞に感謝の広告を出そう!という運動が始まった

 このブログでも繰り返し書いている台湾からの義援金は、財団法人交流協会の発表によると、15日の段階で140億円を超えている。日本政府が海外の新聞に出した感謝の広告には台湾が入っておらず、菅首相と交流協会の代表が感謝状を送ったのみ。

 そんな恩知らずな状況では恥ずかしいと思っていた人は私以外にもたくさんいたらしい。有志の木坂麻衣子さんという女性が立ち上げたプロジェクトの名前は「謝謝台湾計画」(http://www.xiexie-taiwan.info/ )。早い話が、広く一般からお金を集めて台湾の新聞に感謝の広告を掲載しようっていう話だ。

 お金を出すなら、そんな広告費よりも被災地への義援金に充てたいというのはもちろん理解できる。しかし、私はかねてより台湾に行くたびに現地の人にすごくお世話になっている。日本に義援金を寄せてくれたであろう人の顔は10人以上思い浮かべられる。人からの「厚意」に対して「感謝」を示すのは人間としての基本だ。

 しかも台湾の場合は人口1人あたり600円の義援金を出すという桁外れの支援を寄せてくれているのだから何かするのは当然だと思い、この運動に賛同してお金を振り込むことにした。

 金額は自由ではなく、1口1000円。ランチを何回かしょぼくすれば捻出できる。決してムリな金額じゃないと思うので、賛同していただける方は公式サイトをよく読んで納得した上で振りこんでいただけたら嬉しいです。受付期間は4月26日までと短いので要注意。

 公式ブログの19日付の記事「集計日報 4月18〜19日分」によると、ATMで記帳しようとしたら件数が多すぎて不可能だったとのこと。そんなに賛同者が多いなんて、日本政府は情けなくても日本人はまだまだ大丈夫だと嬉しくなった。すでに台湾のメディアでも取り上げられている様子。

 木坂さん、すてきなプロジェクトを立ち上げてくれてありがとう! ぜひ多くの日本人の感謝を台湾の人に伝えてください!

参考:謝謝台湾公式ブログ

【関連記事】
台湾の義援金100億円突破がニュースになった! (2011年4月10日) 
台湾からの義援金が100億円に接近(2011年3月30日)
台灣如何看待日本311(台湾の友人が教えてくれた日本支援の動画)(2011年3月20日)  
台湾のチャリティ番組が日本に21億円の義援金
(2011年3月22日)
       
posted by らくだ at 18:01 | Comment(2) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、私は香港人です
今回日本の震災、我々香港人も日本に義援金を送る

しかし、日本人は台湾人へ感謝するコメントがいっぱいだけ

日本人は香港人に感謝しませんか?

どうして、謝謝台湾計画だけ?
謝謝香港計画がないの?

台湾は独立国家ではない
だから、謝謝台湾計画が無理だ

台湾は中国の一部
謝謝中国計画は正解ですよ
謝謝香港計画も正解ですよ

香港は世界の有名なCity
香港人の地位は台湾人より高い

だから、日本人は香港人に感謝してください

p.s
台湾人最低!
Posted by jecky at 2011年04月20日 13:07
jeckyさん

日本語が上手ですね。アフガニスタンからアメリカまで世界各国から日本に寄せられている支援の数々には心から感謝しております。

私はかつて香港で働いていたことがありますし、ちょうど先週は香港に行っておりました。ジャッキー・チェンが中心となったチャリチィの企画が実施されるなど香港での支援活動のことは知っていましたので、話をした香港の方には感謝の気持ちを伝えました。

お店などでお金を払うときは『香港からの義援金が日本に来て、日本人の私が香港に来てお金を使い、世の中のお金ってこうしてぐるぐる回っているんだな〜。』と感謝の気持を込めて渡したつもりです。また、日本政府は中国の新聞に感謝広告を掲載しました。それでは感謝が足りないというのでしたら、申し訳ありませんが私にはどうすることもできません。ご期待に添えなくて残念です。

ネットだけを見ていると分からないかもしれませんが、日本は政府だけでなくマスコミも台湾のことはほとんど取り上げませんので、どうぞご心配なく。例えば4月初めのNHKの番組では世界地図を使って世界各国からの支援状況を伝えていましたが、台湾なんてまるで存在しないかのようにスルーでした。

そうした状況下、ネットでしかできないことをやろうというのが計画の趣旨だと私は受け止めています。

> 台湾は独立国家ではない
> だから、謝謝台湾計画が無理だ
>
> 台湾は中国の一部
> 謝謝中国計画は正解ですよ
> 謝謝香港計画も正解ですよ

残念ながら上記の内容には矛盾があると思います。あなたの主張では台湾は独立国家ではないから謝謝台湾計画はムリなんですよね。でも、香港だって独立国家ではありません。それなのになぜ謝謝香港計画が正解なのでしょう? 香港が中国の一部であり謝謝香港計画が正解だとすれば、仮にあなたの主張する通りに台湾が中国の一部だとした場合(その是非は別として)、謝謝台湾計画も正解になるような気がするのですが…。

台湾は国民1人当たり600円の義援金を寄せてくれました。日本で1人600円の義援金を集めたら総額750億円を超えます。平均収入を考えたら、さらに多額の義援金を集めないと釣り合いが取れません。日本人にはできないことを台湾の人はやってくれた、それに対する感謝の気持ちを示したい、という人がこれだけ多くいるということではないでしょうか。

>香港人の地位は台湾人より高い
そうですか。何をもって地位の高低を決めるのか分かりませんが、そのように自覚していらっしゃるのなら、それでいいのではないでしょうか。私は簡単には同意できませんけれども。私が感謝しているのは日本を支援してくれる香港人の真心であって、香港人の地位の高さではありません。
Posted by らくだ at 2011年04月20日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。