2005年02月12日

アメリカでもブロガーが「記者」を攻撃

 7日のエントリー「消されたブログ、消されなかったブログ」で、自分のブログの全エントリーを削除した新聞記者について書いたばかりだが、こんどはアメリカで保守系の「記者」がブロガーに個人情報をさらされて勤務先を退職した。

 問題になっているのは首都ワシントンでニュースサイトのTalon NewsGOPUSAに書いていたJeff Gannon(ギャノン?ガノン?)氏(47)。彼はホワイトハウスの記者会見に参加できる記者パスを持っていて、1月のブッシュ大統領の記者会見で指名されて質問する際に、「現実と離婚してしまったような民主党指導部」とどのようにやっていくつもりかを質問して一躍脚光を浴びた。

 リベラル系のブログ、Daily KosAtriosなどは数日のうちにGannon氏の本名がJames Dale Guckert(グッカート?ガッカート?)で、数年前にアダルト系のドメインを取得していることを調べてブログで公表。Guckert氏には脅迫や嫌がらせのメールなどが殺到し「自分と家族を守るため」という理由で同氏はTalon Newsを辞職した。

 これだけ読むとピンと来ないのだが、Daily Kosによると、このGuckert氏は表向きはゲイに反対する立場で記事を書いてきたにもかかわらず、同氏が取得したHotmilitarystud.com、Militaryescorts.com、Militaryescortsm4m.comの3種類のドメインはゲイ関連のアダルトサイト向けだとみられるそう(あたしゃ分からんが)。まず、そういう矛盾する行動がジャーナリストとして適当かどうかという点が問われている。

 Guckert氏について不思議なことはほかにもある。米政府はセキュリティを強化しているはずなのに、偽名で記者証が獲得できてしまったのはなぜか。同氏は記者として米議会に出入りする許可も申請したが、Talon Newsは彼の主な収入源ではないとみなされて申請は却下されちた。そんなことから、リベラル派の間では、政府が共和党支持の同氏に便宜をはかったのではないかとの疑惑も浮上している。マクレラン報道官によると、彼は本名で記者証を申請していて、「ほかの記者と同様」に定期的に発行されるニュース刊行物に所属することを証明したので記者会見への参加を認めたとか。

 そして、思わぬほうに問題は広がっている。このGuckert氏はほかの記者が目にしていない政府の重要情報に触れていた可能性が出てきたのだ。自分の勤めていたTalon Newsのインタビューで2004年3月、ヴァレリー・プレイムがCIAの工作員だった(脚注)ことを示す機密文書に「簡単にアクセスできた」と語っていたのだ。この問題については、民主党の下院議員2人が解明に乗り出している。

 いちやく時の人となったGuckert氏、Editor & Publisherのインタビューに応じているので概要を紹介する。

(1)アダルトサイトについては人に頼まれてドメインを取得しただけで、コンテンツをアップしていない(2)仕事で使っている名前が本名と違うことはマクレラン報道官も承認済み。同氏はそのつど記者証を取得するので、名前は記載されない(3)ホワイトハウス職員とのつながりは無く、同氏の政治的な信条によって優遇されたことは考えられない−

 もっとも重要な機密書類へのアクセスについては依然としてグレーだ。というのも、彼は内部資料に「当たってみた」と表現したうえで、「私がそれを入手したとか見たとか言ったことはない」と説明している。同氏は昨年FBI職員が自宅にやってきて90分ほど話を聞いていったことを認め、「私は誠実かつ正直に質問に答えたが、これ以上は話さないほうがいいだろう」として、CIAの機密書類を見たのかという直接的な質問には「それについては話さない」と述べた。

 要するに、これからの問題はこのCIA機密書類になりそうだ。さすがアメリカだけあって、ホワイトハウスまで巻き込む大事件になっている。このGuckert氏はCNNにも出演したりで大忙しのようだ。この話、ほかの日本語ブログが書いていないか探したのだが見つからない。だれかアメリカ在住の詳しい人が書いてくれないかなぁ。事実の把握にあまり自信がない…。間違いの指摘を歓迎します。

(脚注)イラク大使を務めた経験もあるジョセフ・ウィルソンは、イラクがニジェールからウランを輸入する計画だったというのはガセネタだとばらした。その報復として、政府幹部が彼の妻のヴァレリープレイムがCIA工作員だったことをマスコミにリークしたとされる。

【その他の参考記事(利用者登録していないとアクセスできないかも)】
Yahoo! News (AP)
New York Times
Washington Post


posted by らくだ at 23:19 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(5) | メディア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お邪魔します。COMEDY CENTRALのTHE DAILY SHOWの最新エピソードにこの事件が取り上げられていまして、ジェームス・グッカートが男娼だったうえ、自分のヌードや性癖も含めてその類のWEBに公開して客を取っていたことが暴露されていました。americablog.comでは、それらの画像と共にブッシュ政権=宗教右派が売春夫をWEST WINGに出入りさせており、しかもブッシュ大統領よりの質問をさせていたことに猛烈に反発しています。なんだかドタバタですね…。
Posted by tinycar at 2005年02月19日 05:18
 tincarさん、ども初めまして。おしえていただき、ありがとうございあmす。

 実は上のエントリーを書くときに、AOLの利用者プロフィールみたいなページで彼の写真をみたんですけど、上半身裸の下着姿でした。だから、なんかヤバ系の人だなぁとは思ってました。その後の展開をフォローしてなかったのですが、リベラル系のブログは祭り状態でしょうね。うひゃあ、早速見に行かなくちゃ
Posted by らくだ at 2005年02月19日 09:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

イーソンゲート・コム
Excerpt: CNNニュース責任者、「ブログ」の追及受け辞任 (読売新聞) - goo ニュース ◆ブログ=Weblog(ウェブログ)の略称。日記風のホームページで、手軽に開設でき、だれでも書き込みが可能。ブログ間..
Weblog: Katazu通信社
Tracked: 2005-02-13 10:48

「ハチの巣ブログ」と「群れブログ」――ブロゴスフィアにおける戦い【全訳】
Excerpt:  Tom Maguire氏のブログに掲載されたJustOneMinute: Battle For The Blogosphere:という記事が、一部ブロガーの間で話題となっている。 圏外からのひとこと..
Weblog: 絵文録ことのは
Tracked: 2005-02-19 21:52

「ハチの巣ブログ」と「群れブログ」――ブロゴスフィアにおける戦い【全訳】
Excerpt:  Tom Maguire氏のブログに掲載されたJustOneMinute: Battle For The Blogosphere:という記事が、一部ブロガーの間で話題となっている。 圏外からのひとこと..
Weblog: 絵文録ことのは
Tracked: 2005-02-19 21:54

「ハチの巣ブログ」と「群れブログ」――ブロゴスフィアにおける戦い【全訳】
Excerpt:  Tom Maguire氏のブログに掲載されたJustOneMinute: Battle For The Blogosphere:という記事が、一部ブロガーの間で話題となっている。 圏外からのひとこと..
Weblog: 絵文録ことのは
Tracked: 2005-02-19 21:56

「ハチの巣ブログ」と「群れブログ」――ブロゴスフィアにおける戦い【全訳】
Excerpt:  Tom Maguire氏のブログに掲載されたJustOneMinute: Battle For The Blogosphere:という記事が、一部ブロガーの間で話題となっている。 圏外からのひとこと..
Weblog: 絵文録ことのは
Tracked: 2005-02-19 21:57