2011年03月19日

台湾のチャリティ番組が日本に21億円の義援金

台湾のみなさん、どうもありがとうございます!

 昨晩台湾で東日本大震災の被災者救援を呼びかけるチャリティ番組を放送したところ、生放送の時間中に7億8800万元(約21億5000万円)寄せられたそうだ(毎日新聞)。最初は数字の誤植で単位が1ケタ多いんじゃないかと疑ってしまったし、夫も「日本円への換算が間違っているんじゃないの?」なんて言っていた。でも本当だった。

 台湾の人口は2300万人余りだし、物価と平均所得はどうみたって日本よりも低い。しかも海外で起きた災害。それなのにこんなケタ外れな金額が集まるなんて、24時間テレビをはじめとする日本のチャリティ番組が(申し訳ないけれど)子供だましの茶番劇に思えてきた。

 馬英九総統まで電話受け付けをやっていたし、自身で55万円を寄付してくれたそうだ。私は独立支持派なので「あの人は外省人だから…」なんて感じでいつもなら批判的な立場なんだけど、今日ばかりは感謝しないわけにいかない。

 確か昨日か今日の午前中に見たテレビの字幕で、日テレの24時間テレビに寄せられた大震災向けの義援金は4億円余りと表示されていたと記憶している。日本で4時間のチャリティ番組を放送して、果たして台湾と同水準の義援金を集められるだろうか…。(ちなみに、昨年夏の24時間テレビが集めた寄付金はwikiによると約9億7400万円だ)

 仮に台湾で同じような災害が起きた場合、日本のどのテレビ局もチャリティ番組なんて絶対に放送するはずないし、20億円も集まらないのは確実だ。台湾で10年以上前に大地震があったときと2年前の台風被害(八八水災)の際にわずかな募金をしたけれど、今考えるとあまりにも小額で恥ずかしい。

 このブログを以前から読んでくれている人なら、台湾の人たちのメンタリティは既にご存知かもしれない。知らないけれど興味があるという人は時系列で(1)(2)(3)(4)(5)などの過去記事をご覧になれば分かっていただけるはず。

 私が接した台湾の人たちは自分よりも相手のことを考え、「義」と「情」にあつい人たち。翻って日本人をみると、残念ながら「我」の人にみえちゃう(石原都知事の指摘通りだ)。自分も十分理解しているつもりだったのに、それでも今回のニュースには驚いた。日本ではそれほど大きく報道されていないように思うのだけれど、気のせいかなぁ。もっと大ニュースとして伝えてよ。 

 今度台湾に行く時には、台湾の人たちにお礼の気持をすこしでも伝えたいけれど、どうすればいいだろう。「義援金をありがとう」みたいなメッセージを中国語で書いたワッペンみたいなものを作ってバックパックに縫いつけていこうか。センスに自信のない私のことだから、みっともない姿になりそうな気もする。とりあえず、台湾の友人にお礼のメールを書こう。もし彼らが番組を見ていなかったらちょっと気まずいけれど、何かしなくちゃいられない気分だ。

 ユーチューブで見つけたチャリティ番組の紹介ビデオが素晴らしいので是非みてね↓
posted by らくだ at 21:41 | Comment(6) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
台湾を入力したらここが出てきました。
台湾人なんですが、日本のことを応援したいです。
台湾の人にとって日本のことは身近なことですし、切れないご縁がある国だと思います。台湾の人は毎日日本のことを見て行きます。だから、日本のことにもとても詳しいです。台湾の人は少なくても”ありがとう”と”おいしい”ぐらいはできますが、日本では台湾はどこにあるかでもわからない方がたくさんいるようです。それで悲しいです。
日本のことが大好きですから、もし日本の方々にも台湾のことを少しでもわかっていただければと思います。
震災はきっとよくなるでしょうから、日本の皆さんがんばってください。
台湾で応援しています。
Posted by 台湾人 at 2011年03月19日 22:12
台湾人さん

コメントありがとうございます! そして、台湾のみなさんによる日本への支援は本当に感謝しています。このブログに載せたユーチューブの動画を見て涙が止まりませんでした。

私は台湾が大好きで、毎年1回は台湾を訪ねています。台湾で親切にしてもらった経験をこのブログに書いたことは何回もあります。私のブログを以前から読んでいる人たちは、台湾の人たちがどんなに素晴らしいかを知っていると思います。でも、もっとたくさんの日本人に台湾のことを知ってもらわないといけませんね。

この恩を忘れずに、自分にできることをしようと思います。本当にありがとう。もともと大好きな台湾、さらに好きになりました。
Posted by らくだ at 2011年03月19日 22:20
おはようございます。

台湾のチャリティ番組の事、twitterで流れていて、らくださんがいつも書いている台湾の人たちの暖かさを思い出していました。
これを見て、涙が出てきました。
国は違っても、被災した人たちを応援したい気持ちの大きさは何も変わらない、あるいは大きい場合もあるんだなと感動しました。

私に出来ること、しっかりやらなくちゃと再確認しました。
Posted by こうめ at 2011年03月20日 05:07
こうめさん、

おはようございます。台湾の人たちの情け深さは十分に知っているつもりでしたが、それでも今回の件にはビックリしました。

というのも、台湾からは震災発生直後に救助隊を派遣するという申し入れがあったのに、日本側が2日間も待機をお願いしていたそうなんです。中国の救助隊を先に入れて…という思惑ではないかと伝えられています。

http://www.asahi.com/international/update/0314/TKY201103140399.html

リンク切れの場合は下のウェブ魚拓を御覧ください。
http://megalodon.jp/2011-0314-2116-51/www.asahi.com/international/update/0314/TKY201103140399.html

せっかく台湾が支援してくれようっていうのに、こんな非常時にも「中国配慮」か、と日本政府に対して情けない気持ちだったので、台湾の人たちから義援金がこんなに寄せられたと聞いて信じられなかったし、日本人として恥ずかしさも感じました。

台湾に今度行く際は、感謝のメッセージを書いたTシャツを何枚か用意して、台湾滞在中にそれを着ていようかな〜なんて思いつきました。
Posted by らくだ at 2011年03月20日 09:31
台湾の義援金が57億円を超えたようですよ。
すごいですねぇ。
Posted by ナッカー at 2011年03月27日 10:10
ナッカーさん

金額がさらに膨らんで、最新の数字だと25日までで約64億円になったそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110326-00000046-mai-cn

こんなに義援金を出して台湾の人たちは大丈夫なんでしょうか? 国民1人あたりにしたら300円近くになりますよねぇ。よその国で起きた災害のために300億円を超える募金が日本で集まるなんて考えられません。

自分の経験からいっても、台湾の人たちって自分よりもまず相手を気遣うんです。日本語世代の友人2人が日本のために全財産を投げ出していないか心配になって電話しちゃいました。大丈夫だったけれど、あの感じだと相当お金を出しているとみました。

日本でもっと大きなニュースとして取り上げられてもいいと思うのですが、日本は政府だけでなくマスコミも台湾に冷たいですね。でも、今はネットがあるので台湾からの支援の話はずいぶん広がっている様子です。嬉しいです。
Posted by らくだ at 2011年03月27日 22:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/191460119
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。