2011年02月18日

寂しい米ボーダーズ倒産

Closing BordersClosing Borders / The Ewan

 前々から囁かれていた話ではあるけれど、米書店チェーン2位のボーダーズが倒産したというニュースは悲しかった。アメリカのあちこちの空港に店舗があるので、日本までの長いフライトの前に本を探すことも多かった。

 といっても、実際に買うかどうかは別の話。去年、シンガポールに旅行してボーダーズを見つけたときは嬉しくて2時間ぐらい店内をウロウロしたけれど何も買わず、年末にメキシコからの帰途、ヒューストンの空港で見つけたときも店内のノンフィクションの棚をくまなく観察しただけに終わった。最後にお金を使ったのは2年前の夏のNYラガーディア空港で、その時に買ったペーパーバックはまだ読み終わっていない…。

 ボーダーズはシンプル&モダンな感じが好きだった。業界1位のバーンズ&ノーブル(B&N)は重厚でごちゃごちゃした感じ。かつて私の住まいの近くにあったのはB&Nだったけれど、ヒマな休日にはわざわざ地下鉄に乗ってWTC近くのボーダーズまで出かけていた。 

 私がアメリカに住んでいた90年代後半は、ボーダーズやB&Nが急速に店舗を増やす一方で、個人・小規模経営の書店がバタバタとつぶれていった時期に当たる。その後、アマゾンなどECが台頭して事態は一変、経営が傾いて電子書籍にとどめを刺されたというところだろうか。

 ボーダーズは1000億円以上の赤字を抱え、米国内670店舗の3割を閉店するという。空港内の支店はなるべく多く残るといいのだけど。経営再建の道は険しそうだ。

 日本の大型書店も同じボーダーズのような道をたどるのだろうか。年末に日本最大の売場面積を誇る書店が大阪にオープンしたこと(1月2日の「MARUZEN & ジュンク堂書店梅田店」を参照)からすれば、まだ個人経営の小規模店が駆逐されつつある段階といえるのかな。それでも、昨年あたりから「自炊」「他炊」なんていう新語を目にするようになり(意味を知らない人はwikiをみてね)、まったく新しい時代に入ってきたという実感はある。
posted by らくだ at 22:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国際ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。日本の大型書店はどうなるのでしょうね。

エジプトやチュニジアでの長期政権の崩壊。そこでは“フェイスブック”などのツールを駆使して言論統制の壁を破った、と言われていますよね。
ホント、新しい時代ですね。
Posted by いりえ at 2011年02月21日 08:36
いりえさん
レスが遅くなってすみません。確定申告の時期でドタバタしております。

中東の動きをテレビで見て、私もそろそろfacebook始めようかなと思いつつ、なかなか踏みきれません。やはり実名登録は怖いです。時代に取り残されていきそうです。
Posted by らくだ at 2011年02月25日 00:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186604388
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。