2011年01月02日

MARUZEN & ジュンク堂書店 梅田店

IMG_2378.jpg

 年末の大阪遠征で楽しみにしていたのは茶屋町に12月22日オープンした「MARUZEN & ジュンク堂書店 梅田店」。日本最大の書店がオープンしたと聞き、わざわざ近くのホテルに泊まった。

 訪ねたのは雪がちらつき始めた30日の夜。う〜ん、1フロアの広さは予想したほどではないかな。ジュンク堂池袋本店に比べるとエスカレーターホールが吹き抜けになっているから広々とした感じはある。丸善とジュンク堂のコラボショップ1号の渋谷店に比べたらもちろん圧倒的な広さだ(本の並べ方は似ている)。あまり時間がなくて2時間ほどしか過ごせなかったのが残念。本の品揃えと並べ方の傾向を見て回っただけ(単なる趣味)に終わり、何も買わなかった。

 日本最大の書店だと知ったのは梅田経済新聞だったかな。いま見ても「国内最大となる約2,060坪(約6,800平方メートル)の売り場に、約200万冊の蔵書をそろえた」と出ている。一方、公式サイトには「日本最大級」となっている。「最大」と言い切ってはマズイのかな。

   
タグ:大阪
posted by らくだ at 17:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/178085812
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。