2010年12月27日

失敗!

IMG_2188.jpg 愛用の温度計が先日メキシコの温泉で滝に流されてしまったので買い換えた。これまで使ってきた料理用のはローストビーフなど塊の肉に刺すことを想定して先が尖っているのが気になっていた。アマゾンで見つけて飛びついたのは非接触型の温度計だ。赤外線で温度が測れちゃう優れもの(だと思った)。小さいし形も可愛らしい。緊急時の笛みたいだ。

 ボタンを押すと瞬時に温度が表示され、15秒後にオートパワーオフ。これならボコボコと煮えたぎっているような源泉に至近距離まで近づかなくても温度が測れるに違いない。いいものを買った。

 しかし、ひと通り感激してから気づいた。非接触型ということは水などにつけなくていいわけで、要するにこの温度計は防水仕様じゃないってことに。使用説明書には「当温度計は防水仕様ではありません。特に電源ボタンや本体のすきまからの親水には十分ご注意ください」と書いてある。あ〜あ。

 やっぱりそこらのホームセンターでいつものと同じタイプの温度計を買うべきだろうか。今年最後の遠征先は久しぶりの関西。といっても町中の施設しか回らないので新しい温度計の出番はなさそう。
        
posted by らくだ at 17:35 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっと、非接触の温度計ってことは放射温度計ですよね・・・放射温度計って、透明な物質(この場合はお湯)って測れたかしら・・・
#何らかの数値が出るだろうけれど、それなりの正しい値が出るかということですが
Posted by あるる at 2010年12月27日 21:33
放射温度計って、
熱の放射を測るので、熱を放射しているものであれば、測れるはずです。

透明なもの云々、というのはおそらく、
ガラス(SiO2)は赤外線を吸収してしまうということからの発想でしょうか。
透明/不透明も可視光か赤外光かで、扱いは違います。
偉そうに言ってる私も、イマイチ、しっくりきていませんが。

放射温度計は触るには熱すぎるような高温や、耳の穴の中のような接触できないようなところについては、向いていると思いますが、
温泉の温度はやっぱり接触型のほうがいいんじゃないかなぁと思う次第であります。
はい。
Posted by うに at 2010年12月27日 22:15
赤外線温度計は目安程度で遊ぶには良いですよ〜。防水の物もありますが高価です。
高くていいなら
http://www.mksci.com/tp/ir99.html
これはお勧めです。
中古で買って5年使いました。
パイプが温泉かただの水か判断してジモ泉を割り出したり、地面にさして地熱計測したり
まぁこんなん持って温泉に行ってたのは私くらいでしょうが・・・
Posted by 索@須崎 at 2010年12月28日 00:15
あるるさん、うにさん、索さん

みなさん詳しいんですね。お恥ずかしいかぎり。ちなみに測定できるものに「温泉」はありませんが「水」はあります。スーパー銭湯で従業員がこういうのを使っていたのを見たこともあって深く考えずに飛びついてしまいました。

測定誤差5%井内とのことなので40度だと最大で2度か…。もう何年も測っているので、その程度の誤差なら自分の肌感覚と対して変わらないかもしれません。ホームセンターで従来のと同じタイプを買うことにします。
Posted by らくだ at 2010年12月28日 04:10
まあ、仕事柄放射温度計は使ったことがありますから
#赤熱した金属だったり、溶けた金属だったり、温度域はぜんぜん違いますが(汗)

透明なものだったら背景の容器とかの放射を拾ってしまうかなとも思ったんですが、容器もお湯に接触して同じような温度になっているはずですね
#うにさんのおっしゃるように見た目透明でも測定周波数に対して透明かどうかというのもありますし

ただやはり、温泉に持ち込むのに防水仕様ではないっていうのは痛いですね(苦笑)
Posted by あるる at 2010年12月28日 07:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。