2010年12月06日

12/11シンポジウム「若者の海外旅行離れ2:若者よ国境を越えよ」

 立教大学観光学部の方から先日、メールをいただいたまま忘れていた。12月11日に立教大学の新座キャンパスで表題のシンポジウムを開催するという案内だった。たぶん、このブログで2回ほど若者の海外旅行離れについて触れたので、検索で見つけてメールを送ってくれたのだと思う。

 私は不在のため、参加できないが、関心のある方は行ってみてはいかがでしょう? 個人的には基調講演の「スポンサーを集めて」という部分にどんなこだわりがあるのか興味がある。以下いただいたメールをほぼ全文転載する。
-------------------------------------------
「若者が旅に出なくなった。」
近年減少傾向にあると言われる若者による旅行。
その理由はいったいどこにあるのか。
スポンサーを募り、自転車で西ヨーロッパを一周された早稲田大学創造理工学部4年中村洋太氏をお招きします。中村氏の基調講演やディスカッションを通して若者の旅行動向を探っていくことが出来ればと考えております。
-------------------------------------------
シンポジウム
「若者の海外旅行離れ2:若者よ国境を越えよ」
主催:立教大学観光学部交流文化学科舛谷ゼミ
後援予定:社団法人日本旅行業協会
-------------------------------------------
●基調講演
テーマ:「スポンサーを集めて自転車で西ヨーロッパ一周の旅」
講演者:中村洋太氏
神奈川県横須賀市出身。早稲田大学創造理工学部4年。
今夏、スポンサーという形で旅費や物資を集め、自転車で西ヨーロッパを一周した。5月〜10月、学生ブログランキングで7700人中1位。

●パネルディスカッション
テーマ:「旅行会社、メディアが提供する旅行・若者が求めるべき旅行」
パネリスト:
中村 洋太氏(早稲田大学創造理工学部4年)
福田 裕二氏(スノーメンランド株式会社代表取締役)
荻野 明宏氏(タビィコム株式会社代表取締役)
田辺 剛氏(全日空空輸株式会社宣伝部)
浜田 麻衣(本学観光学部舛谷ゼミ3年)
モデレーター:
舛谷 鋭(本学観光学部教授)

◆日時
2010年12月11日(土)
13:00〜17:10(懇親会17:20-19:00)

◆会場
立教大学 新座キャンパス
4号館3階N431教室
●東武東上線(地下鉄有楽町線相互乗り入れ)利用/「志木駅」下車 スクールバス約5分(運行時間12:00〜21:00、運賃無料)、

徒歩約15分 または、南口西武バス利用 (清瀬駅北口行 または 所沢駅東口行・「立教前」下車) 約5分
●JR武蔵野線利用/「新座駅」下車 スクールバス利用約5分(運行時間7:30〜21:00、運賃無料)、徒歩約25分 または、

南口西武バス利用(志木駅南口行き・北野入り口経由 ・ 「立教前」下車)約8分

◆詳しい情報・お問い合わせ先(お気軽にどうぞ)
〒352-8558 埼玉県新座市北野1-2-26
立教大学観光学部舛谷研究室 048-471-7448 Fax 048-471-4538
posted by らくだ at 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。