2006年04月19日

7年という歳月

 山口県光市の母子殺害事件で遺族となったご主人の本村さんをテレビでみると、7年の歳月をずっしりと感じる。

 最初に彼を見たのは事件の起きた1999年だったと思う。彼はまだあどけなさというか子供っぽさの残る顔で、(実際にどんな言葉を使ったかは忘れたものの)『司法の力で犯人に死をもたらせないのならば、自分が殺すまでだ』とキッパリ言い切って涙を誘った。

 ここ数日テレビで見る彼は当時に比べて随分大人になった。それでも犯人への憎しみだけはまったく変わらないように見える。自分が彼の立場だったら同じように憎しみを募らせるのだろう。ただ、テレビの前であそこまで理路整然と厳しい言葉で自分の考えを語ることは到底できない。

 私が事件のことを思い出すのは、テレビや新聞で取り上げられた時だけ。ところが彼はこの7年間というもの、毎日事件のことを考えてきたに違いない。それはどんな日々なのか。テレビを見ながら『この人はどんなときに笑うのだろう』『お花見をして桜を美しいと感じることはあるのだろうか』など余計なことを考え出すと止まらなくなってしまう。

 彼はまだ30歳。極刑判決が出たらようやく満足して新しい人生を歩みだせるのだろうか。「もう十分苦しんだのだから幸せになってよ。まだ若いんだからさ…」。テレビを見るたびに祈るような気分になる。
posted by らくだ at 23:09 | Comment(3) | TrackBack(0) | 国内ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
事件の始まりと終わりの、報道される部分にしか触れることがないけれど、
自分の7年を振り返ると思い出せないことがあったりと、かなりな長い時間。
そんな中、闘い続けていたんですよね…

昨日、TVのインタビューを見ました。
らくださんのブログを読んだこともあり、「かわいそう」というよりも
「自分が彼のだったら」という視点で話を聞き入っていました。

その時、すごく心に残ったのが2つ。
(私の言葉になっていますが)

「人を殺すのならば、自分の命を差し出す覚悟が必要」

「誰かが、家族を守ることのできなかった自分を裁いてくれれば、楽なのに」
Posted by masa at 2006年04月21日 15:44
たしかこの事件の判決は一審と二審では無期懲役だったと思いますが、これらの判決結果には呆れるばかりです。日本の司法は終わっているとしか思えません。一審と二審の判決は「更生の余地があるならば、自分勝手な目的で人を二人殺しても許される。」ということですから。

「加害者を守り、被害者をないがしろにしている」日本の司法判決には、ただただ呆れるばかりです。裁判所がこのような判決を下すようでは、悪人や犯罪者がはびこるだけです。

この事件の犯人には「死刑」しかありえません。ぷんぷん(怒)。最高裁判所が、適切な判決を下すことを願っています。
Posted by ハググ at 2006年04月21日 16:37
復讐鬼(ちょっと人聞き悪いかな)
彼が死刑の判決を勝ち取ったとき、次ぎの目標を失い腑抜けになってしまうのか、それとも新しい旅立ちができるのかは分かりません。
でも、負けたときの彼の将来はもっと恐ろしいものを見るような気がして、占おうとは思いません。
Posted by のびぃ太 at 2006年04月21日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。