2005年01月20日

朝日新聞とNHKが全面対決

 最初にこの話が出た時は南紀を旅行中だったので、すっかり話題に乗り遅れてしまった。帰ってきてからNHKの泣いている男の人の記者会見を断片的にみたのが最初だったのだが、あとになって朝日新聞のスクープだと知った。従軍慰安婦問題という左右どちらの人も熱くなれる話題が絡んでいることもあり、あちこちで議論がヒートアップしているが、ここんとこ忙しくてあまりフォローしきれていない。

 それでも不思議に思うのは、あの泣いていた人の記者会見を断片的に見た限り、彼は政治的圧力を直接受けた当事者ではなくて、すべて「…だと聞いた」のような伝聞調だったこと。説得力に欠けるような気がした。と思ったら、案の定、中川・安倍のご両人がきっぱり否定。泣き男の記者会見では、会見後にその場にいた記者連中から拍手が起きたという。サラリーマン記者の我が身を振り返り、会社にたてつく人間への尊敬を示したんだろうけど、そんなのんきに拍手なんてしている場合かね?

 きのうは朝日新聞の取材を受けたという「NHK幹部」が記者会見していた。匿名を条件に取材に応じておきながら、記者会見という表舞台に出てくるというのは、聞いたことがない。でも、これで朝日新聞は取材源を秘匿する義務がなくなったわけで、この松尾氏に関する部分の取材テープやメモを公表すべきだ。取材した側とされた側が同じ場に出てきて証拠を付き合わせれば、問題はすぐに解決するはず。

 今の段階では朝日新聞が不利に思える。それにしては強気なんだよな。このままとことんまでやってもらいたいもんだ。
 NHKの松尾氏は、朝日の取材について「まず結論ありき」と言っていたが、マスコミの取材なんて大方そんなものじゃないのかなぁ。まっさらな状態で一から取材を始めるなんて聞いたことない。「結論」というと強い言葉だけど、「先入観」は少なくとも誰も持っているように感じる。

 たとえば、「AがB状態になっているのはCが悪いから」という仮定に基づいて取材をしたときに「Dが悪い」という情報を入手しても切り捨て、「Cが悪い」といった人のコメントだけ使う、みたいやり方はすごく一般的だ。

 それでも「まず結論ありき」という取材もある。2000年の春に地下鉄日比谷線で死傷事故があったとき雑誌アエラ(これも朝日系だよ!)の記者から夫に取材の電話がかかってきた。どうもこの人は『線路がカーブしていたのが問題』と思い込んでいて、何回もそう尋ねてきたという。「そんなことはありません」と夫はそのたびに否定したものの、後日掲載誌が送られてきたら、地下鉄線路のカーブがいけないという話が夫の談話として載っていたそうだ。そのままクレームをつけずに放っておいたという。私だったら嫌味のメールぐらい送ったうえに、ここで不満をぶちまけてやるんだけど。
posted by らくだ at 23:19 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | メディア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

怪奇! 真っ赤に染まる朝日のニホンゴ(1)
Excerpt: ほんとはNHKのネタを書きたい所なんだけど……順番って事でw 各所で報道されてますしたわな、NHKvs朝日新聞。   4年前に、とあるNHKの特番がありました。 それは都内で開催されたひとつの..
Weblog: 出会い系データブログ・攻略そして紹介
Tracked: 2005-01-27 17:38

怪奇! 真っ赤に染まる朝日のニホンゴ(2)
Excerpt: さてさて。めずらしくこのカテゴリで連載をしてるわけですが。いわゆる「NHKvs朝日新聞」です。「おかしな裁判ごっこ」紹介番組から4年……そのイベントを、当時さかんに紹介してた朝日新聞が急浮上してくるわ..
Weblog: 出会い系データブログ・攻略そして紹介
Tracked: 2005-01-28 16:24
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。