2010年09月05日

別府の鍋山の湯近くで…

 すごくショックな事件があった。別府の明礬温泉近くにある野湯「鍋山の湯」(リンク先は私の訪問レポ)に通じる未舗装の道路脇で女性の変死体が見つかった。兵庫県から車で九州に来ていた28歳の女性で、首を絞められた跡があることから殺人と断定されたという。

 鍋山の湯へはバス停から片道1時間ほどテクテクと歩いて往復した。覗き目的の変質者が出没するという噂を聞いていたので始発のバスに乗って行った。それも真冬の一番寒い時期だった。早朝だったこともあり、人通りのほとんどない道だった。温泉付近の車上荒らしも多いと聞いた。彼女が何時ころに現場を通りかかったのか知らないが、私と同じような状況だったとしたら、たとえ大声を出したとしても誰にも聞こえなかったに違いない。

 見つかった車は彼女のものだという。車に乗っていたのに、なぜそんな目に遭ったんだろう。私みたいに歩いている人を親切心から拾ってあげたんだろうか? それとも犯人が道の真ん中に飛び出してきて車を止めて乗り込んできた? つまり、野湯にやってくる女性を待ち伏せしていた?

 野湯に来る人は、アウトドア系というかオープンというか、陰湿な人はいないようなイメージがあった。実際にはそんなことはなくて、気持ち悪くて無神経な人も多々いるってことは今じゃ私も常々実感している。でも、こんな殺人事件が起きるところまで行くなんて予想もしていなかった。 

 犯人はどんな人か分からないけれど、鍋山の湯のことを一切知らないってことはないだろう。ある程度は温泉に関心を持っている人なんじゃないだろうか。考えれば考えるほど気持ち悪くなる。亡くなった彼女のご冥福はもちろん、犯人の一日も早い逮捕を祈っている。

 かつて「温泉好きに悪い人なし」と自信満々で断言していた知人は3年ほど前に再開した際、そんなことを一切言わなくなっていた。心ない温泉マニアに随分酷い目に遭わされて傷ついた様子だった。犯罪とはまったく関係ないけれど、ふと彼のことを思い出した。

 そういえば、私のサイトを訪問する人がどんな言葉で検索して来ているかを調べると、「混浴」という言葉がかなり上位に来る…。私が温泉サイトを運営していることは、わずかながら気持ち悪い人を温泉に呼び寄せる効果があるのかもしれないと考えると、さらに暗くなってきた。
   
posted by らくだ at 20:16 | Comment(9) | TrackBack(0) | 温泉・温浴 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
謹んでご冥福をお祈りします。
野湯に行くのに熊や煙は覚悟の上ですが
まさか、人に襲われるなんて。
江戸時代から「物騒と知って合点の入込み湯」とは詠まれていますが・・・
ネット社会の歪がこんな所に顕在化した気がします。
我々が「まだ見ぬ秘湯の情報を交換できる」ということは、歪んだ人間にとっては「妙齢の女性が裸でいる」場所をいとも簡単に発見できるというわけで。
日本人の「良心」は何処へ行ってしまったのでしょうか。
残念無念・・・
Posted by 索@須崎 at 2010年09月07日 09:49
ご無沙汰しております、アーニーです。
私も結構ショックを受けています。温泉文化の象徴的存在の別府であのような事件が起きるとは、温泉好きの人はかなり衝撃的な事件なのではないでしょうか。
いつも「貴重品はお預かりします」といわれても、籠に平気で入れていた私です。やはり温泉に入る奴に悪者はいない、という前提で行動をしていましたが、この事件の結果如何では考えを改めないといけないのかも知れません。
何と悲しいことでしょう。
明日、明後日と青春18の残りを使って岩国周辺の温泉巡りを予定しているのですが、少々気持ちが重たいです。
一日も早い犯人逮捕を願ってやみません。
Posted by アーニー at 2010年09月07日 18:46
>索さん、
時間がたつにつれてドヨ〜ンと暗い気持がさらに広がっていくように感じています。ただただ、悔しいし悲しい…。

鍋山の湯は以前から特定の変質者が出るという噂がありましたから、その人はたぶん捜査対象になっているでしょう。仮に犯人ではないとしてもこれに懲りて二度と出没しないといいのですが。犯人だった場合は早期逮捕にこぎつけられるはずです。まだ容疑者逮捕の情報が出てこないってことは、捜査は難航しているのでしょうか…。

鍋山の湯はもともと車がないと行けないところだと思い込んでいました。それが数年前の温泉本に若い女性2人がバス停から歩いて訪ねる写真リポートみたいなのが掲載され、『なんだ、歩いて行けるんだ♪』と思って行ったわけなんです。あれを見て行った女性は私以外にもかなりいると思います。

ネットで活動しているだけでも、どう対応していいか分からない人はかなりいます。温泉ニュースBlogをやめた今はさすがに一晩で200通超のメールを送ってくる人はいなくなりましたが、他人のことを自分が秘湯を訪ねるための踏み台としか認識していない人、他人の情報に全く敬意を払わず相互コミュニケーションが全く成り立たない人、見え透いたバレバレのウソを平気でつく人などなど、日替わりとはいかなくても入れ替わり立ち替わり現れます。以前は1人1人まともに相手していたけれど、最近は忙しくなったこともあり、常識を共有できないと分かった段階でスルーです。

それとは別にふと心配になるのは、私がサイトを運営して鍋山の湯の情報を載せていることで、彼女がそれを見たかもしれない、行く気になったかもしれない、ということです。そろそろサイトの先行きについても考えないといけないのかな…。

>アーニーさん
こちらこそ、ご無沙汰しております。おっしゃる通り、温泉愛好家だったら犯人に対する強い怒りと犠牲者への哀悼の気持ちをあらわさずにいられないでしょう。『こんな事件が起きたからって鍋山の湯が立ち入り禁止になって利用できなくなったら迷惑だ』と、自分の都合を優先する人がいるとしたら悲しいことです。

振り返ってみると、私は「鍋山の湯」への道よりも「ヘビん湯」への道の方が不気味に感じました。鍋山への道って尾根道で視界が開けているじゃないですか。逆にヘビん湯への道は竹林?の間で見通しが悪くてカーブの先に何かいるか分からない…。しかし、地元のおじいちゃんが運転する軽トラに拾ってもらったのでした。さすがに軽々しくヒッチを勧められないのでサイトにはそのことを書きませんでしたが。

最近は「オバサンに怖いものなし」を標榜している私ですが、やっていることは若いころとさほど変わりません。いや、むしろ若い時の方が滅茶苦茶していました。だから、今までたまたま紙一重で無事だったけれど、私が標的になっていたかもしれない、彼女は私の身代わりかもしれないと、そんな考えが頭の中でグルグル回っています。

18きっぷもシーズン終盤ですね。岩国だと明日はもう台風の影響もないのかな? 予定通り回れることを祈っております。私は先月、初めて錦帯橋を見物してきました。
Posted by らくだ at 2010年09月07日 20:35
僕も20年前の学生の頃、まっとうな秘湯マニアでした。若いこともあり、露天の混浴で異性がいたら正直ドキドキでした。
近辺の住民の方や温泉マニアや温泉通などでひっそりと賑わって?いた秘湯も、ネットで画像付きや詳しい道順まで公開されたせいで・・もう書かなくてもわかるでしょう。
そういった人が自己満足や自慢で公表していることが結果としてこういったモラルの低下やこのような殺人事件という結末を生んだ、もしくはこれからもそういった犯罪を助長することでしょう。
今回の鍋山の湯も全く知らなかったのですが、ネットで検索したらかなり詳しく画像付きでマニアが公開していました。なるほどここへ女性一人でと聞くと、変態マニアならおもしろ半分でもいくでしょうね。
おそらく鍋山の湯は閉鎖されるでしょう。二度とこのようなことを繰り返さないためにも。
無責任な情報の垂れ流しはもうやめてください。社会悪です。
Posted by また一つ秘湯が秘湯で無くなった at 2010年09月10日 01:11
いつも拝読させていただいてばかりだったのですが、直前のコメントを読んだので書き込ませてください。

私はらくださんのサイトをはじめとして、旅行の際の温泉巡りの参考とさせていただいているうちに温泉そのものを目的として旅行するようになりました。
温泉の情報を開示するサイトが社会的に有益なのか有害なのか、偉そうなことは言えませんが、少なくとも私にとってらくださんのサイトは温泉巡りの楽しみを教えて頂ける有難いサイトです。こうした情報によって自分の趣味が充実したり、旅行が楽しくなったりした人は私以外にもいらっしゃると思います。

情報開示によって秘湯へのアクセスが容易になったからと言って、それを悪用するか否かは利用者の倫理や責任でしょう?
そりゃ〜立ち入り禁止の場所などを紹介していれば「無責任な情報の垂れ流し」という言葉に引っかからないでもないでしょうが、このサイトにはそんな所はないと思いますよ。

上記のコメントで「社会悪」という言葉を使うのであれば、包丁を売ることだって社会悪になりかねません。情報の提示者に過度な責任を押し付けるべきじゃない。

管理人さん
別に責任なんか感じることないと私は思います。サイト、楽しみに読んでいるので(あまり気張らずに)頑張ってください。
それから、こういう事書いて荒れたりすることは本意じゃないので、問題が起こりそうだったらこのコメントも削除してください。
Posted by magonai at 2010年09月10日 13:00
>また一つ秘湯が秘湯で無くなったさん

初めまして。ご意見はご意見として真摯に受け止めます。

しかし、私は無責任な情報を垂れ流しているとは思っておりません。検索で引っかからないように「混浴」「覗き」「盗撮」という言葉を一切使わず、詳しい行き方も載せず、自分が女性1人で行ったことは伏せ、車上荒らしを警告する看板があることについて触れて警戒を促しているつもりです。

むしろ、鍋山の湯がいかに魅力的な秘湯であるかだけを伝え治安などの問題には一切触れない雑誌やテレビなど既存メディアの方が、よほど問題ではないでしょうか(例えばTBSテレビは4月に「GWにお勧めの温泉」として紹介していました)。

情報に触れる人たちの多さも段違いです。私が公開している鍋山の湯の情報は、サーバ側の統計で8月のページビューが30件未満です。通常時のパブリシティ効果はチラシ裏の落書き程度しかありません。事件後に検索でやってくる人は急増していますが。

ちょうどアメリカのフリーライターからメールでコメントを求められました。自分の意見を伝えるとともに、「私が日本語で書いているブログにはこんな意見が寄せられました」として、また一つ秘湯が秘湯で無くなったさんの御意見も紹介させていただこうと思います。ありがとうございます。

>magonaiさん
初めまして(ですよね)。書き込みありがとうございます。

何かを目にした際にどう感じるかは人それぞれですし、それをどう表現するかその人の自由だと思っていますので、なるべく全てを受け止めたいと思っています。たとえ受け入れることはできなくても。

もちろん、あからさまに悪意をむき出しにする人の相手をする必要はないと思いますが、上記のコメントは私には許容範囲内です。

あまりにも悪意に満ちたコメントが続く場合は、レスしていると更新に使うエネルギーがなくなってしまうので、コメント欄を閉鎖することになりそうです。ご心配ありがとうございます。
Posted by らくだ at 2010年09月10日 21:07
はじめまして。とても今回の事件は残念なものと感じております。
ネットで、情報を探してみるも犯人逮捕に向けて有力な情報は
まだ出ていないようです。社会悪ですといい放つも自由、そして
そういった痛々しいコメントをみてステレオタイプの人が
日常のストレス発散されているのかな・・・と少々残念な
気持ちで読む読者がまたいるのも自由。

管理人さんがあまり余計なエネルギーを使われなければ
良いな・・・と思います。

じぶんは露天も好きですが、雲仙の公共浴場の長閑さが
一番気に入ってます。
Posted by 安楽椅子探偵 at 2010年09月14日 22:43
>安楽椅子探偵さん
初めまして。

当初はすぐにも犯人が捕まるのではないかと予想していたのですが、もう2週間あまりも犯人が逮捕されず、不安が広がっていきます。

私にできることは一日も早く犯人が逮捕されることを祈ることだけみたいです。ご心配いただき、ありがとうございます。
Posted by らくだ at 2010年09月15日 22:24
はじめまして。

鍋山の湯で検索したところ、ここにたどり着きました。

私は3回位入りに行ったことがあります。ただし、男友達と一緒にです。
今のように、道も整備されていないときでしたが…
別府出身の方は、「あんなところに女1人でいくなんて、考えられない」といってました。正直女1人または女性だけで行くところではないと私自身も思います。

自分の身は自分で守ることができないと、温泉も入れないことが悲しいですね。

Posted by ばん at 2010年10月03日 17:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。