2010年09月02日

24時間マラソンとジェーン・トムリンソンさん

 更新をサボっているうちに数日前の話になってしまった。今年は久しぶりに24時時間テレビをかなり長時間視聴、はるな愛の24時間マラソンもゴールシーンを含めて見た。正直に書くと素直に感動できなかった。思い出したのはイギリスのジェーン・トムリンソンさんのことだ。

 ジェーンは2000年夏、乳がんの転移により余命半年との宣告を受けた直後にスポーツクラブに入会して走り始めた。残された期間で自分に何ができるかを考え、自分と同様のガン患者のために資金を稼ぐことを思いつく。自分のサイト"The Jane Tomlinson Appel"を立ち上げ、募金を呼びかけながら様々なチャレンジを始めた。フルマラソン、トライアスロン、自転車での英国縦断やアメリカ横断などなど。

 彼女が集めた寄付は185万ポンド(現在のレートで2億4000万円)。アメリカ横断から1年後の2007年9月にジェーンは亡くなってしまったが、遺族によりジェーンの活動は続けられている。ジェーンの夫と娘はこの夏イスタンブールから英リーズまでの4000キロを自転車で走破し、寄付を呼び掛けた。寄付の目標額は500万ポンドに引き上げられ、現在までに300万ポンドが寄せられている。あのポーラ・ラドクリフ選手も活動の趣旨に賛同し、ジェーンの名前を冠したランニング大会に出場するなどで協力している。

 ジェーンとその遺族がやってきたことを思うと、先日の24時間マラソンはどうしたって見劣りしてしまう。チャリティで走るなら「何のために走るのか」の目的と目標(金額等)を明らかにした方が、こちらとしても協力しようという気になる(24時間テレビってマラソンだけじゃなく全体的にそのヘンが非常に曖昧だ)。

 先日のはるな愛の走り(というか歩き)を見ていると、とてもチャリティのためにやっているとは思えず、芸人が自分の芸歴にハクをつけるためにやっているように見えて仕方なかった(ごめんね、意地悪で)。

 そもそも運動経験がほとんどない人をわずか3カ月のトレーニングで24時間走らせようっていうのはムリがある。本気でやるのだったら、1年前に来年度のランナーを発表して1年間かけてトレーニングしてもらうべきだ。しかも、24時間マラソンといっても実際には26時間近くかけたと記憶している。全長85キロに25−26時間かけるのだったら時速3キロ余り。休憩時間など考えたとしても、最初から最後まで歩いたって十分にゴールできるのでは? 膝への負担を考えれば全行程歩いてもよかったと思う。

 また、スポンサーの企業が「◎キロ走るごとに◆円寄付します」とか、「△時間以内に走ったら寄付を◆円割り増します」などにすればいいのにとも思った。海外ではよくあるチャリティの手法だ。普通にCMを流していたらバラエティ番組と変わらない。

 ゴールしたシーンこそ『あ〜よかった!』と思ったものの、どことなく後味の悪さが残っている。92年から続いているという24時間マラソンが何をどう変えたのか、この辺で総括してみる必要があるのではないだろうか。

 ジェーン・トムリンソンさんについては大紀元というサイトの記事がまとまっていて読みやすい。私たちは普段、いつかやってくる死についてなるべく考えないようにしている。余命半年と診断されて自分に残された期間を意識すると、こんなことができる人もいるんだね。考えさせられた。
   
タグ:マラソン
posted by らくだ at 12:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同感です。

あの24時間テレビは偽チャリティだというのは、よく言われていますよね。
チャリティの本場の欧米では、タレントはノーギャラですが、アレはギャラも出るとのこと。
帰国子女の西田ひかるがパーソナリティだったときに「ギャラが出て驚いた」と。

なんでマラソンを走るのか、なんでちゃんとスポーツをしていない人に無謀な距離を走らせる(歩かせる)のか、は毎回疑問に思います。
なので、感動したことも1度もないです。

テレビ局としては、チャリティの名を借りたバラエティ番組のつもりなんでしょうね。
Posted by うに at 2010年09月02日 20:55
うにさん、

本当にそうなんです。私の経験からいえば、まったく走っていなかった人がマラソンに挑戦するとして、3カ月の準備期間ではせいぜいハーフマラソン完走がいいところ。よほど優秀なトレーナーについて一生懸命練習しても、フルマラソンの距離を走り切る前に足にガタがくると思います。

走る際には足をつくたびに体重の三倍の負荷がかかるとされ、どうしても初心者は膝にきます。一方、歩くのだったら50キロくらいあるいても膝は大丈夫でした。マメができるくらいです。最初と最後だけ走るのだったら、ずっとウォーキングで通した方がペースもつかめるし、足への負担もないからいいと思うのですが。今のやり方では、真面目にトレーニングを重ねている一般のランナーに対しても失礼だと感じます。

ま、テレビ局とスポンサーは視聴率最優先でしょうし、視聴率は良かったそうですから、来年もきっとこのまま続くのでしょう。

この番組は今年で33回目だそうですが、テレビ局、スポンサー、出演者、視聴者ともに成長していないように感じます。遅きに失しているとはいえ、チャリティとは何か、どうあるべきかを考えないと、欧米風のチャリティをうわべだけ猿マネして終わってしまいますよね。
Posted by らくだ at 2010年09月02日 23:51
初めてコメントさせていただきます。
今まで感じていたあの番組、あの企画への違和感が、らくださんの記事を読んですっきりしました。
確かに何事も成し遂げるということに対しては感心はするものの、「感動した」というコメントは何かが違うと感じていたのはそういうことか、胸のつかえが降りたような思いです。
Posted by リボンシトロン at 2010年09月04日 08:36
リボンシトロンさん
初コメントありがとうございます。私がグダグダと書いたことに共感していただき、なんだかお恥ずかしい…。(^^;

世のため人のために何かをすることはいいことだと思いますし、あの番組に助けられた人もたくさんいるのだろうとは思います。それだったら、遠慮せずにその実績を番組中で知らせてくれればいいのに、と残念に思うんです。

今年のテーマは「ありがとう」ということでしたが、これまで32回の番組に助けられたという人の「ありがとう」も聞きたかった。実績の検証もなくただ前例に倣って続けるだけではどんどんバラエティ化していくだけでしょう。

初期の頃は「高齢者にお風呂を!」ということで入浴できる設備のついた車を購入して提供するなど具体的な目的があったと記憶しているのですが、ふと気がつくと芸能人を広告塔にした新興宗教がお布施を集めているようにも見えてしまいます。
Posted by らくだ at 2010年09月04日 20:14
> テレビ局としては、チャリティの名を借りた・・・
うにさんがこの一行で全てを形容しておられます。

ニュースと称して歌舞伎役者の婚約やら芸能レポーターの訃報やら
アナウンサーの退職やらと芸人仲間の内輪の世話話としか思えない
モノを公共の電波で垂れ流す連中に、その手の倫理を期待するのは
虚しいですよらくださん。
Posted by at 2010年09月05日 07:41
飽さん、

ご指摘通り、私はスパッと切れずに「しない善よりする偽善」にも共感してしまうんです。

仕事先でも「とんがるなら、どこまでもとんがってくださいよ〜。中途半端ですよ〜」と注文を受けることもあります…。
Posted by らくだ at 2010年09月05日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。