2010年04月21日

Googleが各国の検閲状況を発表

 Googleが新しい試みとして"Government Request"を発表した。各国政府から寄せられた情報提供ないし情報削除の要請件数をまとめて地図上に示している。対象期間は2009年7月1日から12月31日。

 一番の関心事である中国の検閲具合はクレスチョンマークになっているのが残念。「中国当局は検閲を国家機密と認識しているので現段階では発表できない」と説明されている。

 中国を除いたランキングで一番リクエストが多いのはブラジル。削除要請は291件で、Googleは82.5%について一部ないし全面的な削除に応じたという。日本は10件以下で最小グループの一角に入った。しかしGoogleが対応したのはこのうち5割にとどまっている。

 情報提供要請も一番多いのはブラジルで3663件。日本は44件で、対象となった20カ国で韓国と並び4番目の少なさだった(30件以下の国は対象になっていない)。

 一件の要請で複数個所の削除依頼が寄せられることもあるため、Googleはこの統計は厳密ではないとしているけれど、興味深いデータであることは間違いない。
    
posted by らくだ at 21:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。