2010年04月18日

「いいえ電話」

 Googleはどんどん賢くというか使い勝手がよくなっているように感じていた。例えばいつごろからだったらだろう、外国語のページには上部に「このページは○○語です」との表記とともに翻訳ボタンも出てくるバーが表示されるようになった。

 しかし、この翻訳結果を見ると、まだまだだなぁと思う。今日はマレー語のページを翻訳させたら「いいえ電話」という語句が目に飛び込んできた。一体なんぞやと思った次の瞬間、「電話番号」のNoが「ナンバー」の略語ではなくて「ノー」と認識されているのに気付いて爆笑した。

 こんな万国共通の語句なら分かるけれど、本文もこの調子だから日本語に訳しても何が書いてあるのかサッパリといっていいほど分からない。語順を入れ替えて想像を8割ほど加味して分かったつもりになっていたのだが、たまたま知り合ったマレーシア人にメールで確認したら全然違っていた。こうなってくると自動翻訳機能というのはかえって迷惑にも思える。

 ちなみに自分の書いた英語を自動翻訳しても、ものすごい日本語が出てきて落ち込んだ。しかし、名文家の英語を和訳してみても意味不明で、そういう意味では同等だと自信を持つことにしよう。自動翻訳が完全実用化する日はまだまだ先みたいだ。
        
posted by らくだ at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Web&ブログ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。