2010年03月10日

2人の陳さん

 絶対に忘れられない出会いがあった。2人とも苗字は陳さんといい、80歳を超えているのも一緒だ。

 最初にあった陳さんは女性だ。日本語ペラペラの経営者がいるはずの温泉民宿に行ったら、日本語も英語も話さない息子が跡を継いでいた。困った彼が呼んできたのがこの陳さん。最初は経営者のおばあちゃんに違いないと思い込んでいたのだが、単なる常連の日帰り入浴客だった。

 陳さんは昭和3年生まれ。日本の教育を受けて今でも教育勅語を暗記している。日本名は春子さんで、名刺には中国語の名前のほかカタカナでハルと書いてある。日本のものは何を見ても誰にあっても(それが若い人でも)懐かしい気持ちになるのだそう。日本の絵葉書を何枚か持ってきていたので、富士山と桜、金閣寺の2枚を上げたら、ものすごく喜んでくれた。

 お返しにくれたのが、植民地時代の1円硬貨3枚。絵葉書2枚で古銭3枚というのは随分もらいすぎなので「高価なものだろうから、私は受け取れません」と言ったのだが、「日本人に持っていてもらうのが私の幸せ」だという。ありがたくいただく。

 水着に着替えて一緒に温泉プールに入る。「日本語の歌を一緒に歌いましょう」と言うので同意したのだが、春子ばあちゃんときたら「敵の砲撃かいくぐりぃ〜♪」とか「お国のためにぃ〜♪」と私の聞いたこともない戦時中の歌ばかり大きな声で歌う。おまけに「あれ、知りませんか? だめですねぇ」と来たもんだ。

 ここでもう一人の陳さん(男性)が登場。ほかの客から日本人が来ていると聞いて寄ってきた。私と日本語で話しているのを見た春子ばあちゃん、陳さんと軍歌の合唱を始める。あとで「あの人の方が私よりも日本の軍歌をたくさん覚えていた…」と悔しがっていた。

 春子ばあちゃんは帰り際、「日本人は台湾を宝の島と呼んでくれた」と言って私に箱をくれた。中から出てきたのは台湾の形をした木製の箱。たぶんチーク材でできていると思う。おまけに象嵌細工が施されている。高価なものに違いない。中には削っていない印鑑2本と別の古銭が入っていた。当然ながら遠慮したのだが、「あなた持っていなさい」と言われてありがたくいただく(しかし思いがけず荷物が増えた…)。

 春子ばあちゃんたら、日帰り入浴に行くのにいつも骨董品をこんなに持ち歩いているのだろうかと不思議に思うかもしれないが、名刺には「古物商」と書いてあるので納得できないことはない。しかし、日本人に出会うたびに気前よく配っていたら商売にならないんじゃ…。心配だ。

 しかし、春子ばあちゃんは「あぁ、日本人と日本語で話せて今日はすごくいい1日だった」と本当に満足そうに帰っていった。同行の孫やひ孫?たちも言葉は通じないものの「うちのばあちゃんを楽しませてくれてありがとう」と言ってくれていたみたい。チャンバラが好きだという春子ばあちゃんに日本からDVDを何枚か送るつもりだ。

 軍歌競争で春子ばあちゃんに勝った陳さんは、日本名は聞かなかった。というかあまりにも日本への思いが強すぎて聞けなかった。もうすぐ90歳になるそうだが、かくしゃくとしている。400キロのドライブも「へのかっぱ」だそうだ。日本軍での地位は台湾人としてはかなり上で随分活躍したそうだ。軍歌競争で春子ばあちゃんに勝つのも当然といえば当然なのだ。

 陳さんの口から「あの戦争で日本が勝っていれば、私はこんな田舎暮らしをしていなかったはず…」という言葉が出て、ひっくり返りそうになった。だって、冗談にしたってそんな非現実的な仮定の話、これまで聞いたこともなかったから。でも、陳さんはごく真面目だった。

 かといって日本に恨みがあるわけじゃない。まったく逆だ。敗戦により台湾と日本は切り離されてしまい、ともに被害者になったという認識なのだ。「台湾が中国に併合されるなんてとんでもない。日本と一緒になれないのだったら独立するしかない」と言われ、日本人でいることを諦めなくてはならなかった陳さんの無念さを思うと返事のしようもなかった。

 春子ばあちゃんは「人を騙さず、盗まず、正しいことをしろ、感謝する気持ちを持てと教えてくれたのが日本の教育です。でも、戦後受けた中国(国民党)の教育には道徳教育はまったくありませんでした」とキッパリ断言していた。その昔、台湾を統治し子供たちに教育を施した日本人たちは、こんな風に自分たちの文化や考えが引き継がれることを予想していたのだろうか。植民地支配を支持するつもりはまったくないけれど、今日だけは昔の為政者に感謝したい気分だ。 
   
タグ:台湾
posted by らくだ at 21:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この二人の陳さんの言葉、そして想いを
日本人(とくに中高年)の人々に聞かせたい。
忘れて(忘れようとして)いた、大切な何かを思い出さないだろうか…
台湾に置き忘れた大切なものを思い出さないのだろうか…

台湾を、あまりにも知らな過ぎた自分が恥ずかしい。
Posted by 聖婆 at 2010年03月12日 21:20
>婆さま
同じ日にこんな貴重な人たちに立て続けに出会うなんて、お2人の年齢を考えても奇跡としか思えません。

2人とも私よりもずっと日本人で、日本を理想化していて、話していてなんだか恥ずかしい気持ちになりました。

2人の住所をもらったので、日本に帰ったらさっそく写真を送るつもりです。メールアドレスを書いたら春子ばあちゃんに「英語書いても分からないよ」と言われちゃいました。
Posted by らくだ at 2010年03月13日 23:32
はじめまして。
実は温泉ブログから、らくださんのブログを読ませていただいているものです。

台湾のこと、まったく知りませんでした。
春子おばあさんの言葉「人を騙さず、盗まず、正しいことをしろと教えてくれたのが日本の教育です。」
この言葉を読んで、恥ずかしくなりました。
今の日本人が忘れてしまっているんじゃないかと思う事を、台湾の方々は覚えているんですね。
恥ずかしながらこの記事を読んで、少し泣いてしまいました。

台湾に行ったことはないのですが、行かなくてはならないような気になりました。

突然長々と書いてしまい、申し訳ありません。
Posted by くりりん at 2010年03月15日 00:34
>くりりんさん
どこかでハンドルを拝見したことがあるような気もするのですが、初めましてなんですね。コメントありがとうございます。

そうなんです。陳さんたちの方が私よりもずっと日本人にもかかわらず、「最近の日本人は…」なんてことも言わず、日本人に会えて心の底から嬉しいというのが伝わってきました。

日本語で話をするだけでそんなに喜んでもらえるなら何回でも来ます!と春子ばあちゃんには言いました。

今回、友人と一緒に行ったのは、台湾の人たちの優しさや温泉の素晴らしさを実際に経験してもらいたかったからです。台湾の人たちに満足に恩返しをできないのが心苦しく、台湾好きの日本人を1人でも増やすことで間接的に恩返しができるんじゃないか、って考えました。

くりりんさんもぜひ機会を作って台湾を訪問してくださいね。(^^)
Posted by らくだ@台北 at 2010年03月16日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143282386
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。