2009年10月16日

山形のB級みやげ

P1140270.jpg

 B級グルメがあるのだったらB級みやげがあってもいいと思う。津軽からの帰り道に途中下車した山形で「いも煮風ドロップス」を買った。このキワモノぶり(失礼!)はどうみたってB級、ヘタすりゃC級だ。

 実は9月に函館に行った時に往路の山形でこれを発見、キワモノ好きの私だけに、すご〜く気になっていた。今回は帰り道だったので迷わず購入した。

 側面の商品名は「いも煮ドロップス」となっていて「風」が抜けている。どっちが正式名称なんだろう? 原材料名は砂糖、水飴、香料、カラメル色素とごく普通の物が書いてあるのだが、末尾に「原料の一部に豚肉、鶏肉を含む」と書いてあるのが怪しげな雰囲気。製造者についての記載はなく、販売者はなんと北海道石狩市の会社だ。ここで「な〜んだ」と軽く脱力する。

 さっそく味見。外観はレンコン色っていうか薄いベージュっていうか、普通のドロップに混じっていても特に目立たないだろう。口に入れると、『甘くて普通のドロップじゃない!』と感じた次の瞬間に肉の風味と塩味が混ざり合って口の中に広がった。芋煮というよりも甘みを加えたバーベキュー飴って感じかな。

 ちょっと前に話題になったジンギスカンキャラメルって私は食べたことがないんだけど、きっと兄弟分で似た味だと思う。これがジンギスカンドロップとして売られていても違和感ない。1缶食べるのはちょっとつらいので、友人が遊びに来たときに話のタネに出してみよっと。

 物好きな方は山形に行ったら買ってみてはいかが? 山形駅東口1階のコンビニ「NEWDAYS」で売ってます。320円。
   
posted by らくだ at 14:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 旅日記ほか旅関連 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
ふと、「エッセイ」「書き方」で検索したところ、
あの電車で若者が老人に言い放った事件のページに飛びまして。

あの社会派な内容とは変わって、
「いも煮風ドロップス」の話もあり。
とても楽しいです。

ちなみに、
ジンギスカンキャラメルは会社の知人に
お土産でもらい、口に入れてみたものの、
あまりの味に後ろを向いて吐き出したのを思い出しました。
甘く炒めたたまねぎ味のキャラメルでした。


Posted by うに at 2009年10月17日 20:26
>うにさん
初めまして。あぁ、あの「席を譲らなかった若者」をご覧いただいたんですね。あれはいまだにたくさんの方に読んでもらっています、はい。でも、当の私は社会的なことを書いてやろうなんて思ったわけじゃなく、電車の中で見たこと聞いたこと感じたことをそのまま書いただけなので、なんであんなに読まれるのか今でも分かっていません。

ところで、うにさんの書き込みを読む限り、いも煮ドロップはジンギスカンキャラメルよりもおいしいみたいです。私は吐き出すこともなく2つも舐めてしまいましたから。
(^^;
Posted by らくだ at 2009年10月17日 22:25
いも煮風ドロップスですか・・・

目の前のカウンターの向こうにも似たようなモノがあります。
同じ会社の製品のようですがコチラが先発かな?
写真だけBBSに投稿しますので冷やかしてやってくださいね。
Posted by at 2009年10月22日 14:18
>飽さん

確か「いも煮」の隣にもう一つあったと記憶しています。「玉こんにゃくドロップス」だったかな。そのほかにもご当地ドロップがあるとは知りませんでした。

この石狩の会社は商売がうまそうですね。
Posted by らくだ at 2009年10月22日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。