2006年02月03日

39年ぶりに戻った財布

 米ペンシルベニア州に住むダグ・シュミットさん(57)の元にある日、なくした財布が届いた。それだけならよくある話だが、39年前になくした財布だっていうのだからビックリだ。

 彼はユタ州立大学に通っていた67年の春、ユタ州内のガソリンスタンドで、カウンターに財布を置き忘れた。ガソリンスタンドの主人はシュミットさんが取りに来るだろうと思って引き出しに入れておいたらしい。

 それから数十年、ガソリンスタンドの主人はたぶん亡くなったことと思うが、その義理の息子テッド・ナイマンさんが荷物を整理していて財布の存在に気づいた。

 中に入っていたのは5ドル札と8セント切手、ユタ州立大の学生証。ナイマンさんはインターネットでシュミットさんがバージニア州に住んでいることを突き止め、財布を送り返したという。なんて律儀な人なんだろう。

 ちなみに当時8セントで送れた郵便物は、今では39セントの切手が必要だという。

【参考】Lost wallet returned 39 years on (BBC)
posted by らくだ at 23:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。