2009年08月30日

感動なき政権交代

 朝方投票に行った。いつもと違ったのは記入台がいっぱいで順番待ちしなくてはならなかったこと。カップルで来ていた若い男性が「週末にこんな早起きしたのは10年ぶりだ」と言っているのを小耳にはさみ、やはり今回の選挙は違うのだと実感した。

 それなのに、いざ開票が始まると不思議なほど感動がない。やっと政権交代が実現するっていうのに、テレビで開票速報を見ていても、どことなく白けている私だ。結局のところ、4年前の郵政選挙と役者が変わっただけで同じようなことが起きているんじゃないかっていう気がしている。

 選挙結果をみると、当選して欲しい人が当選したっていうよりも、え、この人どこの誰?というのが多い。自分が知らないだけ? 一方、落選してほしい欲しいと思っていた人が多数落ちたってことで喜ぶべきなんだろうか。個人的には小泉ジュニアの当選はやや意外だったな。

 民放の特番にヒガシコクバル知事が出演して、したり顔で解説していたのには苦笑させられた。あの人の出馬が取りざたされたのは随分前のように感じる。テレビが大衆迎合型の選挙速報をやっているのもシラケの一因かもしれない。
posted by らくだ at 23:16 | Comment(3) | TrackBack(0) | 国内政治 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も投票しましたよ。毎回行ってます。
今回ここまでとは思っていませんでしたが、
やはり特に大きな気持ちの変化ってありません。
本当に何かが変わるのかしらと
すごく冷めてる自分がいます。
どこの誰?っていうのは確かに結構多いですね(笑)
そのくらいのほうがいいのかしら?

我が家は中学生の娘と高校生の息子がいます。
公約を早く実現させて欲しいかな。

Posted by ケイト at 2009年08月31日 09:05
らくださん、お久しぶりです。
ついに政権交代しましたね。
でも、自分も特に感動がないんです。
やっぱり自分は民主党を信用していないからでしょうね。
ちなみに、ヤフーのクリックリサーチによる今回の民主党の勝因は
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizresults.php?poll_id=4326&wv=1&typeFlag=1

自分が民主党を信用していなくても民主党が政権をとったのが現実。だから、これからは、国民の一人として民主党のやることに目を光らせていくつもりです〜。ブーメラン政党ですし(笑)。

それから、感想ではないですけど参考になりそうなリンク先を書き込ませていただきます〜。
・(けっこう分かりやすい)民主党の裏のマニフェストが掲載されています。
http://www.nikaidou.com/2009/08/post_3350.php
Posted by ハググ at 2009年09月01日 21:56
>ケイトさん
お子さんがいると、これから随分違いを感じるのではないでしょうか(公約通りなら)。ある意味では楽しみですね。

>ハググさん
お久しぶりです。今回の選挙は民主党が支持されたというよりも、自民党にNOを突き付けるために消去法的に民主党に票が集まっただけの話ですよね。しかも、一晩たったら自民のダメ議員(と私が思っている連中)が何人も比例で復活当選していてガッカリしました。

鳩山さんが首相になれば、またすぐに献金問題が蒸し返されるだろうし(今回のブーメランの始まり?)、すんなりとCHANGEの波が起きるとは思えません。そういえばCHANGEの本家本元のオバマ政権も医療制度改革で支持率は右肩下がりですね。
Posted by らくだ at 2009年09月01日 22:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。