2009年07月07日

消えた「事実無根」

 7月3日に書いた「分が悪いルートイン」の続報。きょうになって気付いた。ルートインの発表が昨日の段階でずいぶんマイルドに修正されていた。キバを抜かれちゃった感じ。

 週末までの「6月24日の事実無根の誤った報道について」というタイトルは、「6月24日の一部報道機関による弊社記事について」と差し替えられた。内容も「一部事実と異なる誤った内容を掲載」と“一部”が書き加えられ、先日までの「正式に法的抗議を講じる次第です」が削除された。半面、「ADR 手続きの活用についても視野に入れております」という苦笑部分も削除されちゃって、全く面白みがなくなってしまった。

 4日だったかな、匿名の方からメールをいただいて「知り合いがルートインに勤務しているのですが、個人のブログもチェックしていると聞いたのでご注意ください」と親切な忠告をいただいた。ありがとうございました。自分で書いたものを読み返してみても別にやましいことは何も書いていないので、自信をもってそのままにした。それどころかコメント欄では実際にかかわっている金融機関の方が実情を書き込んでくれている。

 こういうときは、こうして個人でグダグダとブログをつづっていることにも多少の意味があるんだなぁと思う。そんな風に感じたことは1年以上なかったかもしれない(この1年程度ボロボロだったし)。このブログをもう少し大切にしなくちゃ。
 
posted by らくだ at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国内ニュース | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。