2009年06月06日

江ノ電

P1110317.jpg

P1110318.jpg


 4、5年ぶりに会う友人2人と一緒に、鎌倉の友人(これまた4、5年ぶり)をお見舞いした。しばらく会っていない人たち、しかも2人とも過去に1回しか会っていないので、待ち合わせ場所で顔が分かるドキドキ。1人が携帯を忘れ、1人が待ち合わせ場所を間違え、一時はハラハラしたものの、無事に集合できた。
 
 ご近所名物「栗まん」を持参したのに、食べ物の持ち込みは厳しく制限されている様子。残念ながら持ち帰ってきた。本やお花を持参していた2人に比べ、なんて気がきかないんだろうとちょっと自己嫌悪に陥った。
 
 帰り道に江ノ電に乗って稲村ケ崎の温泉へ。江ノ電に乗るのは何年ぶりだろう? 少なくとも過去10年は乗っていないはず。昔と変わらない木の床の車両があってなんだか嬉しかった。

 温泉は海岸近くながらレストランの裏手で、露天風呂は山側にあるのがちょっと残念だった。お湯は良質ということで3人の意見が一致した。
posted by らくだ at 23:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あそこはお湯が黒くてなかなかいいですよね
建物の気の香りもいい感じがありました
Posted by ウサギ忍者 at 2009年06月09日 00:06
>ウサギ忍者さん
確かに、内部は太い木の梁がむき出しで、上を見ると東北かどこかの湯治場にでもいるような気分でした。小さいけれど源泉の水風呂があるのもよかったです。

でも、女性用の脱衣所に成分表が掲示されていなかったのはバツ。
Posted by らくだ at 2009年06月09日 18:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120971769
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。