2009年02月22日

ルータからハブへ

 前にも書いた通りルータの調子が悪く、最近はネット接続の寸断が増えてきたので新しいのに取り替えた。今度はハブにして大きさも一回り小さくなった。

 と書きながら、ルータとハブの違いなんて分かっちゃいない。Bフレッツに変えた際、我が家の配線状況を知ったNTTの人から「今度買い換えるのだったらハブでいいと思いますよ」と言われたので、素直にハブを買ってきたってだけの話。

 古いルータをみると、バッファローがまだメルコだった時代に買ったもの。2002年11月購入のビックカメラのシールが貼ってある。ということは、我が家が常時接続になってからまだ6年ちょっとしかたっていない。もうずっと前からこれを使ってネットにつなぎっぱなしのような気がしていた。

 今じゃわずか数時間でも回線が落ちると「何もできない!」と大騒ぎだ。旅行にネットブックを持参することも増えた。いつでも世界につながっていて便利なことはたくさんあるし知り合いも増えた。でも、黄ばんでいる古いルータを見ていたら、便利になったことで失くしたものも何かあるような気がしてきた。それが何なのかは分からないのだけど。
posted by らくだ at 15:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うーん…
ルーター:変換機。異なるネットワーク同士を接続するために使う。イメージではバケツリレーのように右の池(インターネット)から左(LAN)へバケツで運んでいく感じ。変換する分効率が落ち設定が面倒だが、セキュリティに勝る。
今では変換効率95%以上が当たり前なのでそれほど気にする必要はないかも。

ハブ(スイッチングハブ):接続機。ネットワークを一緒にするために使う。イメージでは水道管直結。直結するので余計な変換はいらず速度も出るが、下手な設定するとユーザー間でファイルが丸見えになったり、ウイルス(ワーム)が侵入したりする。
Yahoo ADSLでお隣さんのパソコンが丸見えだったり、1年でウイルスだらけだったことも(笑)。姉のPCのことですが。今ではNTTで対策してるのかな。

…いらんお世話かもしれませんが、自分にはルーター抜きはとてもお勧めできません。NTTの人が設定面倒だから手を抜いたのか、機械がフレッツに対応してないから諦めたのかな…。
Posted by Tony at 2009年02月23日 08:02
>Tonyさん
ルーター抜きはマズイんですか? そんなことも全然知らないので、言われるままにハブを買ってきちゃいました。

以前のプロバイダーが「ターミナルアダプタ」と言っていたものが、Bフレッツのは「ルータ」にあたるので2つもルータをつなぐ必要はないという説明だったような気がします。今度ちょっと聞いてみます。
Posted by らくだ at 2009年03月01日 22:51
ああ、既にルータが入っているなら2段にする必要はないし、全然問題ありません。Yahoo ADSLはそこら辺が適当だったんです。今はどうかわかりませんが。

「1つは入れないとセキュリティ上問題になる」くらいでいいと思います。

しかし今ではターミナルアダプタにそんな機能まで付いているんですね…。
Posted by Tony at 2009年03月02日 07:39
>Tonyさん
それを知って一安心です。ありがとうございます。

でも、何かの機会にまた電話すると思うので、その際に一応確認してみます。
Posted by らくだ at 2009年03月10日 01:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。